はるとと夏休み



237A9205.JPG

はるとと過ごす夏休み。


夏休みだけ利用したかった学童保育が利用出来ず、、
働いているご家庭は、夏休みをどうやって過ごしておられるのだろうか、、?

すっかり困り果てつつも、
1日中、放っておくわけにも行かず、
(以前、高槻まで歩いて行こうとした彼なので、)

さて、どうしたものかと、、
家とアトリエと作業を分けて、仕事をやりくりし、
半日はいっしょに過ごすことにした今年の夏。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190724134817397_COVER (3).jpg

はるとは、小学校最後の夏休みをめいっぱい満喫しようと、
ワクワクして仕方ない様子。

237A9204.JPG

宿題に目もくれず、工作に夢中のはるとの傍らで、
仕事をするのはいつ以来かな。

はるとが4歳になるまで、
こうやって、ずっといっしょに過ごした日々を思い出す。


「これでいいのかな」
迷いながらも、しあわせで濃密なあの時間のこと。

237A9212.JPG

今、切り絵に夢中で、

237A9211.JPG

次々と作品を生み出すはると。

ぜひこの集中力を、学習にも、、と願うのは、
親の勝手で、

237A9209.JPG

子どもには、どうして無いものをねだり、
多くを望んでしまうんでしょうね、、

237A9213.JPG

夢中になれることがある、ということを
もっと認めてあげなきゃ。と自戒を込めていつも思う。

237A9208.JPG

私も好きなことしかせずに、
好き勝手に生きているのだから。

IMG_20190724_135333 (2).jpg

とある日は、アトリエにいっしょに出勤。
足踏みミシンを上手に使って、つくるのは、

IMG_20190724_135147 (1).jpg

金太郎的前掛けとふんどし。らしい。(ナゼ!?)


「そんなんつくってどうするん?」と
喉元まで出かかったが、

「つくりたい!」という気持ちを
大切にしてやりたい。とぐっと飲み込めた。

危ない、危ない、、


子どもの可能性を摘んでしまうのは、
ほんの些細な親の発言なのかもしれない。



00100lPORTRAIT_00100_BURST20190724134945494_COVER.jpg

はるとはもうすぐ約2週間のロングステイキャンプへ旅立つ。
北アルプス登山にもチャレンジする予定。

最初は恐がっていても、
行ってしまえば、大きな自信を得て帰ってくることを知っているから、
躊躇わず、どーんとその背中を押してやるのが、
私の役目かなぁ。と思っている。


「可愛い子には大冒険を」


可能性の塊のような彼に、
広い広い世界を。

身体と手をめいっぱい動かして、
いつでもどこでも、彼らしく輝ける場所で、
たくましく生きていける力を。



この記事へのコメント