Summer TRIP - 長野県北安曇郡カミツレの里



雑誌のページで随分前に見てから、ずっと心に残っていた
カミツレの花が景色一面に広がる風景。
(カミツレとは「ジャーマンカモミール」の和名)

なんてきれいな場所なんだろう。
どんな場所なんだろう??

大町市で2泊した後、
ずっと恋い焦がれていた場所へ。

237A0073.JPG

長野県安曇野市にある
「カミツレの宿 八寿恵荘」

237A0075.JPG

カミツレの花のシーズン(5月〜6月)は終わっていたから、
その風景が見られないのはわかっていたのだけど、

237A0117.JPG

訪れるのがほんとうに楽しみで、山道をひたすら登り、
(私が運転しましたよ!途中、サルの家族に遭遇!)

237A0035.JPG

辿り着いた「八寿恵荘」


日本初の「BIO HOTEL」に認証されたという宿は、
そのすみずみまで清らかな空気が、
すーっと流れていて、

237A0115.JPG

地元の木をふんだんに使った建物の
木の香りとほんのり甘いカモミールの香りが、
身体いっぱいに広がる。

237A0062.JPG

「すぎ」「けやき」など、
木の名前が付けられた部屋は5つ。

237A0024.JPG

TVもなく、静かな空間。
(と思っていたら、窓を開けていると近くのサーキット場の音が
 時間帯によっては聞こえてくることもありました。)

237A0004.JPG

唯一、空いていたのが、運よく大部屋で、

237A0001.JPG

スタッフさんから「ぜひ裸足でお過ごし下さい。」と言われ、
その通りにしてみたら、気持ちの良いこと。

237A0037.JPG

「だいにんぐ」

237A0040.JPG

隣りの「らうんじ」には、
本棚と積み木。

237A0058.JPG

大きな窓一面、緑しかない風景。

237A0111.JPG

2泊、予定を入れず、
ゆっくり過ごそうと決めていたので、

237A0112.JPG

「ふれあいの間」で昼寝したり。

237A0107.JPG

カモミールから抽出した、
高濃度のカミツレエキスがたっぷり入ってる「華密恋の湯」は、
地元産の木材チップを使って、沸かしているそうで、

なめらかなお湯に何度も浸かっては、

237A0044.JPG

ひたすらに本が読めるしあわせ。

237A0077.JPG

敷地内にある

237A0083.JPG

ツリーハウスを

237A0097.JPG

探検したり。

237A0099.JPG

237A0089.JPG

237A0102.JPG

ぶらぶらしてたら、

237A0104.JPG

刈り残っていたカミツレの花を発見!

237A0106.JPG

わぁーい!

237A9959.JPG

夕方は、

237A9951.JPG

かまどでごはんを炊くお手伝いをしたり。

237A9977.JPG

お水が美味しいからか、
その炊き上がったごはんが、すんごく美味しくって、

みんなそれぞれ3杯お代わり。

237A9995.JPG

カモミールで蒸したサーモンやコロッケなど、
いろんなメニューの中に、さりげなく。

どれもほんとうに美味しいお料理でした。

237A0047.JPG

朝ごはんはおかゆさん。

237A0045.JPG

237A0050.JPG


237A0063.JPG

宿の隣にある「カミツレ研究所」で、

237A0069.JPG

製造されているスキンケアアイテム「華密恋」の

237A0065.JPG

工房見学もさせてもらえました。

「オーガニック」という言葉さえもなかった
私が生まれた頃に、誕生したという「華密恋」


自分たちのやっていることも、信念を持ち、
誰かをよろこばせたり、癒したり、
心地よさを感じてもらえるものでありたい。と
強く感じる一方で、

237A0120.JPG

そんな、
心と身体がどこまでも解れていく
贅沢すぎる空間にいるにもかかわらず、
積み木の取り合いで些細な喧嘩していた子どもたちに
「イラーーーッ!!」としてしまった私。

そこから、気持ちが落ち着くまでに少し時間が掛かって、
今思えば、何てもったいないことを、、


気持ち1つで、
自分の居場所を心地良く出来たり、
息苦しくさせてしまったり。

どこにいたって、結局は自分なんだな。

心から楽しむことも、
つまらなくするのも。

そんな解り切ったことを
改めて思い知る。


ご縁が生まれるかもしれない長野県。
次はカミツレの花が咲く頃に。


---

カミツレの里 八寿恵荘

399-8604
長野県北安曇郡池田町広津4098


posted by miyai-works. at 11:00大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.

Summer TRIP - 長野県



先週、はるとの長期キャンプの終わりに合わせて、
迎えに行きがてら、長野県を旅してきました。

237A9723.JPG

行きし、帰省ラッシュにばっちり巻き込まれながらも、
途中「松本」に立ち寄り、行ってみたかった場所へ。

237A9742.JPG

あがたの森
ラボラトリオ
guild Bekkann
10cm
ミナペルフォネン
栞日
ギャルリ灰月
(kittaさんの服が見てみたくて)

フランス惣菜 ル・ニ
(キッシュがめっちゃ美味しかったです!)


などなど、駆け足でぐるりと。
小商のお店がぎゅっと詰まった町で、楽しかったなー。




237A9774.JPG

そのあと大町市に移動し、
登山の方が多く利用されるという「七倉荘」で、
素泊まり2泊。

237A9759.JPG

1日目はローカル色強めの町を楽しみつつ、、

237A9749.JPG

次の日、はるとを迎えに行くことに。

237A9785.JPG

山道をぐんぐん上り、
美しい棚田を越え、
辿り着いたその先で、

237A0103.JPG

約2週間ぶりに再会したはるとは、
いっしょに過ごした友達たちの前で、
うれしそうな、恥ずかしそうな。

車に乗り込んですぐに、
体験してきた出来事が、
次から次へと、あふれ出すその姿、

不安もあっただろうに、、
楽しみ切ったその表情に、


そっかー、ほんと楽しかったんだなー。と
心の底から安堵。

237A9791.JPG

いろんな話を聞きながら、
滞在中に遊びに行ったという、

237A9915.JPG

キャンプ場も併設された

237A9794.JPG

木崎湖でもう一度遊びたい。というので、
行ってみることに。

237A9801.JPG

山と湖の圧倒的な景色に魅了されつつ、


237A9826.JPG

今回の旅で泳ぐ予定のなかった私は、
水着を持参して来てなくって、湖には入れず、、


ざんねーん!

237A9840.JPG

子どもたちは、何度も

237A9842.JPG

飛んで、

237A9860.JPG

237A9863.JPG

飛んで、

237A9865.JPG

飛びまくる。

237A9854.JPG

237A9803.JPG

散々遊び尽くして、もう宿へ帰るじかん。

237A9923.JPG

「人の好奇心の量は、
 地球の上をどれだけ移動したかという、
 その距離に比例する」


そうなんだとしたら、
私はもっともっといろんな風景に会いに行きたい。


237A9913.JPG

今度は、ぜひ水着持参で!






----

木崎湖


長野県大町市。
仁科三湖のうち一番南に位置する湖。

---



237A0058.JPG

【Summer TRIP - 長野県北安曇郡池田】編へつづく。
posted by miyai-works. at 22:49大阪 ☔Comment(0)38_WORKS.

coccoya 5th anniversary 【38_WORKS.POP UP SPACE】



237A8437.JPG
(これは古室山古墳での写真です)

旅するはると。
昨日からグループに分かれて、
地元農家さんの元で2泊3日ホームステイ。

長野名物そば打ちしたり、おやきつくったり、
農作業を手伝ったり、摘んできたブルーベリーでジャムをつくったり。

楽しそうだー。



寂しいと恋しがっているばかりではいけない。
母も負けじと、楽しく服づくりの毎日。



coccoya5-1.jpg



9月に5周年を迎える、ご近所のパン屋「coccoya」さんにて、
ひらかせてもらう38_WORKS.のPOP UP SPACEに向けて、製作の真っ最中。


237A9002.JPG

先日、お店の前で撮影し、製作したフライヤーも出来上がってきましたよ。

237A9011.JPG

237A9020.JPG

出会ったのは、「道明寺天満宮手づくりの市」を始めた頃、
あっこちゃんが市を見つけてくれた10年くらい前のこと。

夫婦それぞれ同い年で、
子どもも1つ学年違い。

あっこちゃんとは兄弟構成もいっしょで、
私の弟と同じ名前のてつくんは、
パン屋さん開業を目指して、修行していた頃。

237A9023.JPG
(TAPERED PANTS miyai : cotton hemp / BLACK acco : canvas / ECRU)

その頃、少しずつ製作し始めていた服を
購入してくれるようになって、

たくさんのアイテムを着てくれているあっこちゃん。


服が好きなcoccoya夫妻の着こなしや色の合わせ方、小物づかいが、
とても「らしくて」好きで、

同じアイテムでも、こんなに違って見えるのが、
たのしくって。


237A9052.JPG

coccoya3女 : 日々ちゃんの見守る中、

237A9031.JPG

237A9059.JPG
(PIECE OP  miyai : linen / NAVY  acco : linen / SMOKE GRAY)

いつか撮ってみたいと思っていた、
同じアイテムを着ての撮影会。

237A9047.JPG

こう見ると、色黒ミヤイと色白あっこ。(オセロ的な)



coccoya5歳の誕生日をお祝いすべく、
今まであっこちゃんにつくったアイテムや、
coccoyaからイメージした生地やカラーをセレクトしてつくったもの、
つなぎ好きの店主に捧げる、新作のオールインワンも初お目見えする予定です。



coccoyaのパンと装うことを愛するすべての方へ。
ささやかながら、心を込めて、展示します!


たくさんの方といっしょにお祝いできますように。


_MG_8852.JPG

9/7(土)11:00〜

coccoyaさんへ
お祝いPHOTO&メッセージを贈りませんか?



237A9077.JPG


パンを持った姿を38/W PHOTO.宮井貴弘が撮ります。
お祝いメッセージもぜひ書いてください。
coccoyaさんにプレゼントしたいと思います。

お祝いしに、ぜひいらしてくださいね。


<参加無料>


237A1325.JPG

(2015年)

今まで撮影したcoccoya家族写真や、


IMG_4635-1.jpg

写真台紙のサンプルも展示。


七五三2019-4.jpg

七五三撮影のご相談もどうぞお気軽に!



38/W PHOTO 



coccoya5-1.jpg


coccoya 5th anniversary
38_WORKS.POP UP SPACE
2019.9/3(火)〜29(日)←展示最終日は「道明寺天満宮手づくりの市」開催です!
at パンと暮らしのcoccoya

大阪府藤井寺市道明寺1-16-53
072-959-3076
定休日 : 日曜、月曜日







coccoya 5th anniversary
38_WORKS.POP UP SPACE

WEB page



posted by miyai-works. at 12:43大阪 ☀Comment(0)38_WORKS.