Summer TRIP - 01



237A6132.JPG

今年も富山に住むおばあちゃんの家へ。

237A6175.JPG

帰省ラッシュ初日だったので、
早朝4:30に出発。

渋滞に巻き込まれることなく、
スムーズ。スムーズ。

237A6193.JPG

海とつながっている「徳光PA」で、
いつもの海遊び。

237A6196.JPG

砂浜は焼けるように熱い。

237A6187.JPG

寄せては返す波。
命の根源。

すごいなぁ、、
ボーっと泡の粒を眺めていたら、

237A6168.JPG

危うく波に巻き込まれそうになる。

237A6135.JPG

いつか海のそばで暮らすのもいいなぁ。

あんなところ、こんなところ。
期間を決め、いろんなところを巡りながら、暮らしてみたい。

237A6199.JPG

Summer TRIP - 02へつづく。
posted by miyai-works. at 10:43大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.

gather sleeve pullover




237A5754.JPG

伝わらない、ということへの焦りや苛立ちもあれば、
伝わった。という歓びもちゃんと還ってくる。

237A5755.JPG

随分前におつくりした服を
改めて、2着。

少し光沢のあるink blueのリネンと、
墨黒の平織りリネンで製作。

237A5939.JPG

季節が巡って、ようやくお届け。

237A5756.JPG

押し付けになるのが、怖かったり、
話さなくてもわかってほしいという気持ちから、
自分を解き放ち、

237A5753.JPG

まっすぐ伝えたい。

237A5944.JPG

何度でも。何度でも。

237A5765.JPG

237A5946.JPG

いとおしい

237A5948.JPG

夏の夕暮れ。

237A5950.JPG



9.30.png

道明寺天満宮手づくりの市
2018.9.30(日)開催




photo.png

百日紅(サルスベリ)の花、
今年はあんまり咲いてないなぁ、、と思っていたら、
去年よりぐーんと枝が伸びて、頭の上、空高く。


<ただいま、9月以降の撮影ご予約を承っています>

予約フォーム.png


撮影のご予約は、


・miyaiworks@gmail.com

・072-921-2663



まで、どうぞ!

わかりやすい案内を心掛けて、改善を重ねていますが、
多分、まだまだ不十分なところも多々、、

何かわからないことがあれば、お気軽にお尋ねくださいね。


38_WORKS.png




posted by miyai-works. at 09:57大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.

「服をつくる」という手



237A2341.JPG

「服の展示会が終わったら、おつくりします!」と
納品を随分と待っていただいていた服を、
先日ようやくお届けに。

1つは、ひよこ珈琲の潔さんへ。
前におつくりしたエプロンが、クタクタになって、
とうとう破れたという、、

破れるまで身につけてくださっていたことと、
そして、またお願いしてくださるということ。

そのどちらも舞い上がるほどうれしい。



選んだのは、墨黒の平織りリネン生地。
この生地は纏う人に添って、風合いがぐんぐん育っていくから、
ほんとうに好きな生地。

まるでコーヒーで染めたような。


気に入ってもらえて、よかったな。
「服をつくる」という手があって、ほんとうによかった。

237A5733.JPG

ひよこのマークを思うとき、
いろんな感情が湧き上がる。

まだ余韻を覚えている。
彼女の柔らかでゆっくりと響く声を。

237A5766.JPG

居るべき場所に立ち、
成すべきことを成し、
歓びを循環させていく。

骨になり、土に還る、
いつかその日まで。




posted by miyai-works. at 16:19大阪 ☀Comment(0)38_WORKS.