book of love.





またまた、つむぎの誕生日の日のお話。
おばあちゃんからの誕生日プレゼントが届いた後、
もう1つお届けものが。

思いがけない差出人の名前に驚きながら、
「まぁ、つむぎに。うれしい♡」と封を開けると、

237A2371.JPG


なんとまぁ!私への贈りものでした。

237A2376.JPG


言葉に出来ない私の代わりに。と
託された本。

237A2375.JPG


粋な古本屋の店主からの
粋な心遣いに、ジーーーーン。と。

237A2378.JPG

こんなに本が好きで、本を見ているのに、
まだまだ見たこともない本があるなんて!
(糸井重里さんの本だから有名だろうに、、知らなかった。)

知らないことがこの世界にはまだまだある。ということに、
胸が高鳴り、そして、勇気づけられたうれしいうれしい贈りもの。


最初のページ。
「どんな人だって、心のなかに、
 たくさんのことばが詰まっている。
 無口な人の心の中も、実は言葉で満たされている。」



これはまぁ!うちの旦那のことではなかろうか。
posted by miyai-works. at 23:00大阪 ☔Comment(0)38_WORKS.

a box of blocks.

237A2682.JPG


我が家では”プレゼント”に重きを置いていないので、
「ない」ということもよくあるのだけど、

前に見かけて「いいな。」と思っていた
mina perhonenの積み木を
3歳の記念に購入することに。

撮影に来てくださったお子さまにも遊んでもらえたらなぁ。と、
奮発してのお買い物。



237A2703.JPG


皆川明さんの考えにはとても共感できることが多く、
素敵だなぁ。とブランド名が「mina」の頃から思っていたので、
子どものものや、友人への贈り物に選ぶことが多い。
(服はおばあちゃんになってから着てみたい。)

積み木を包んでいたオリジナルの薄紙も、
ちょっと添えられた言葉もミナらしく。

「買ってよかったなぁ。」と思わせてくれるのが、
やっぱりさすがだと思う。


237A2695.JPG

237A2699.JPG


237A2720.JPG

237A2718.JPG

237A2732.JPG

237A2706.JPG


楽しそうで何より。


237A2709.JPG


危ないので、お願い。投げないでね。



posted by miyai-works. at 22:00大阪 ☔Comment(0)38_WORKS.

3years.

237A2380.JPG

先週の節分で、3歳になったつむぎ。

237A2381.JPG

ただいま、アデノウィルスにて自宅療養中。


237A2384.JPG



節分生まれの宿命。
宮井母お手製の恵方巻きでお祝い。

どうせだったら。とケーキもロールケーキをつくるつもりが、
クッキングシートがないことに気づいて、
作戦変更。いつものシフォンケーキ。

237A2385.JPG


日付が変わる2分前に生まれたつむぎ。
3年前のお祝いしているこの時間は、おじいさんのお通夜だったな。

身体の芯まで冷える冷たい日だった。

ブログを読み返しながら、
もう随分昔のことのような、不思議な気持ち。
「お誕生日おめでとう。」だけでは尽くせない思いが巡る。

生と死が行き交う中で、
泣いたり笑ったり。

「人生がゆたかだったかどうかは、喜怒哀楽の総量にある」
と先日読んだ本の言葉。

だとしたら、私の人生は相当ゆたかだと言える。
これからもっともっとゆたかになるだろう。

私の人生も。
つむぎの人生も。


恐れるものはきっとなくて、
どーんと構えていればよいのだよ。

続きを読む

posted by miyai-works. at 13:40大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.