TAKKUサーミブレス&ペンダントWS 



237A4939.JPG


5月21日、日曜日。
38_Field.にて、待ちに待った<TAKKU>ヘイディさんの
サーミワークショップでした。 

237A4915.JPG


237A6546.JPG


237A6607.JPG

「初めまして!」のヘイディさんは、
真っ白のコーデで、すらりと背が高くって、
とってもチャーミングな素敵な女性。

237A6565.JPG

<サーミブレスレットWS>のはじまり。はじまり。

自己紹介しながら、
ピューター糸を2本三つ編みし、


IMG_0345.JPG


それぞれ好きな色を選んだトナカイの革に透明の糸で縫い付ける。
この糸が、細くって、柔らかくって、、四苦八苦。



237A6567.JPG

お茶目なヘイディが笑わせてくれるので、
うっかり、針で指を刺す。

IMG_0369.JPG


237A6604.JPG


IMG_0370.JPG


トナカイの角でできたボタンをつけて完成!

237A6613.JPG


格闘の結果、10本の素敵なブレスレットが出来ましたー。


IMG_0402.JPG


237A6650.JPG

そして、午後からはペンダントのWS。

IMG_0388.JPG

こちらは、ピューター糸を縫い付けながら、
模様を形づくっていく。

見るのとやるのとでは大違い。む、むずかしい、、、


IMG_0401.JPG


サーミクラフトの値段が高い理由と、その奥深さを知る。
難しいけれど、楽しい。
そして、もっとつくってみたい。


237A6648-1.jpg


IMG_0409.JPG



IMG_0399.JPG

IMG_0416.JPG


刺繍し終えたパーツを、トナカイの角と貼り合わせ、
麻紐を撚り、通したらペンダントの完成!

IMG_0419.JPG

夢見ていた風景はあっという間でした。



237A6658-1.jpg


この38_Field.でのWSが関西ツアー最後の日。
終わった後、食べ損ねたお昼ごはんをいっしょに食べ、
日本での活動拠点の栃木・那須へと帰っていったヘイディさん。
(お住まいはフィンランドのヘルシンキ)




237A6649.JPG


私自身がサーミクラフトをやってみたくて、と、企画したWSに、
はるばる参加してくださったみなさま、
ゆたかな時間をありがとうございました。

数日前にとんでもないことをしでかしてしまって、
なかなか立ち直れない私に、
眩しいくらいの笑顔とパワーをくれたヘイディさんにも本当に感謝!


今日、自分の手でつくり上げたものを
これから身につける毎日の中で、
きっとこのたのしかった場面を何度も心に浮かべながら、
私はたくさんの力をもらうのだろう。

うれしいお守りが増えた1日。
(5/28の市に身につけていこうと思っているので、ぜひ見てくださいね。)



ヘイディさんにもみなさまにも、
またきっときっと会えますように。





続きを読む

posted by miyai-works. at 00:11大阪 ☀Comment(0)38_WORKS.

「商いモデルワークショップ」開催風景



237A4051.JPG

先週末、
美しい光の中、

237A5592.JPG


小屋では初めての試みとなる
ETOE_WORKS.米田大作さんによる「商いモデルワークショップ」を開催。

私も参加してみました。


237A5594.JPG


おやつには、
「いつか必ず」とカフェの開業を目指す奥さまが焼いてきた、
レモンのカステラとサブレが用意してあって、
(これがとっても美味しかった!)

237A5595.JPG


テーブルには、
何やらワークで使う表が。

237A5599.JPG


始まるまでの時間、
壁に掲示してあったサンプルの表を見ながら、
ウォーミングアップ(!?)する参加者さんや、
小屋の裏のベンチで、気持ち良さそうに煙草を吸う参加者さんなど、

237A5600.JPG


こんな機会がなければ、絶対この場所へは来ないであろう、
リーゼントヘアーの方も。

小屋にこんなに迷彩柄が存在するのも、
なんだかとても新鮮で、


237A5601.JPG


性別、職種、年齢層もさまざまな8名が2班に分かれて、
あるビジネスケースについて、
あれやこれやとアイデアや意見を出し合い、
付箋でペタペタと貼り付けていきました。

237A5603.JPG


そして、その後、各班の発表。

ありふれたベタな意見になってしまったり、
「む、難しいなぁ、、」と頭をひねったり、

ETOE_WORKS.大作さんも、
考え方の切り口やアドバイスを、
様子を見ながら、時折投げかけてくれたり。

固定概念や経験など、
頭に染み付いてしまった考えから抜け出して、
新たな視点を見つけ、構築していくことが、
「商い」とも言えるとしたら、
もちろん、それは簡単なことではないのだけど、

それを自分たちだけの中に留めずに、
ジャンルの異なる人たち、
普段、決して交わらないであろう人たちと
「う”ーーーん、、、」と唸るという貴重な時間。

きっと明確な「答え」なんてものはなくって、
「考える」という時間と「行動する」ということの延長線上に、
「答えらしきもの」があるのかもしれない。


「商い」を考える。ということは、
やっぱりとても楽しいなぁ。



この場所だけに留まらず、
今後もETOE_WORKS.の「商いモデルWS」は進化させながら、
展開していく予定とのこと。


熱い要望もいただいたので、
またぜひ小屋で!
開催する際は、お知らせしたいと思います。


はるばる、小屋まで来てくださった参加者のみなさま、
ETOE_WORKS.大作さん。奥さま。
楽しい時間をありがとうございました。




<next workshop>
takkuさんWS.jpg


<TAKKU.presents WS>
トナカイ革のブレスレット(PITSI)
時間:10:00^12:00
参加費:6500円(おやつとお飲みもの付)


トナカイ綱のペンダント(PORO)
時間:13:00^15:00
参加費:4800円(おやつとお飲みもの付)


<WS詳細や申し込みについて>



posted by miyai-works. at 23:36大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.

週末のお楽しみ。




38_Field.spring view.


237A4075.JPG


ジューンベリーの花は、
透き通るような白。

237A4065.JPG


数年前に、宮井父が挿し木して地植えした<月桂樹>
空まで届きそうなほど、ぐんぐん。

溢れかえる柔らかな黄色。
そのエネルギーを身体いっぱいに吸い込んだ。

237A4939.JPG


23日(日)は、38_Field.にて
「商いモデルワークショップ」を開催予定。
(すでに受付は終了しています。)

先日、「ETOE_WORKS.」大作さんより事前資料が届く。

参加する人たちのリストを見ると、
すでに起業されている方がほとんどで、
中でもアパレル関係の方が多いみたいで、
一層、わくわく。


akinaiWS.jpg



◎受付はすでに終了いたしました。



「商いのテーマ」と「ターゲット」
「商いについて、さまざまなバックボーンを持つ人たちと考える時間」


交流のほとんどない業界の方もリストにあって、
おぉーっ。楽しみだー。


言葉を掬い、
頭の中でシャッフルして、
アウトプットする。
交わり、新しい視点に気づく。


今回は日程が合わなかったけれど、
ご興味を持ってくださっている方も多いようなので、
次回の開催についてもぜひ「ETOE_WORKS.」大作さんと
相談したいなと思ってます。


その前にまず、「商いワークショップモデル」
どんなものなのか、めいっぱい楽しんでみる予定。

また、様子もレポートしますね。



↓↓

こちらは定員を少し増やしてもらえたので、
引き続き、受付中です!


takkuさんWS.jpg


<TAKKU.presents WS>

トナカイ革のブレスレット(PITSI)
時間:10:00^12:00
参加費:6500円(おやつとお飲みもの付)
トナカイ綱のペンダント(PORO)
時間:13:00^15:00
参加費:4800円(おやつとお飲みもの付)



<WS詳細や申し込みについて>

posted by miyai-works. at 22:54大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.