雨を楽しむワークショップ、受付はじめます!






<38_Field.よりお知らせ>


先日、ちらりとお伝えしていた"ヒラメキのタネ"さんによる
「雨を楽しむワークショップ at 38_Field.」の参加者を募集いたします!



雨のワーク告知3.jpg



【申し込み方法】
38_WORKS.(ミヤイワークス)にて
productbymiyaiworks@gmail.comへ下記についてお知らせくださいませ。
※ヒラメキのタネさん(hiramekinotane.works@gmail.comでも受付していますので、
どちらでも、ご都合の良い方で!)

1.参加される方のお名前・ふりがな(お子さまの場合は年齢も)
2.ご連絡先(当日連絡のできる電話番号 / メールアドレス)
3.当日の交通手段(公共機関 / 車)


定員に達し次第、締め切らせていただきます。
お問い合わせ : 38_WORKS. / 072-921-2663


237A4896.JPG

史跡「通法寺跡」すぐそばにある、
私たちの小屋「38_Field.」

まわりにあるぶどう畑では、
名産のデラウェアがたわわに実をつけ、
そろそろ出荷も始まる頃。


237A4950.JPG

自然が感じられるこの場所で、
じっくりと一人ひとりの感覚に向き合い、
心ゆくまで楽しむワークをしてみたい。

そんなふうにずっと前から言ってくださっていた
ヒラメキのタネ・eriさんのワークショップが、
38_Field.にてようやく実現することとなりました。

「ただ、つくる」だけではない、
いろんな感覚にさりげなく働きかけ、
夢中になって、大人もこどもも手を動かしちゃう。

そんなしかけや心配りが行き届いた、
センス良いヒラメキのタネさんのワークの発想に、
いつもワクワク。


小屋からどんなタネが芽吹き、
森へと育っていくのだろう。




237A4951.JPG


資材置き場をコツコツ改装した小屋の屋根はトタン板。
雨が降ると、ダイレクトに響く雨音。

いつもの雨が近く近く感じる場所。
トトロの傘に雨粒がバサバサ〜っと落ちて、
うれしそうにしている、あの場面を思い出す。

237A3247.JPG

これは、

237A3243.JPG

トトロが夜中にやってきて、庭に埋めたどんぐりの芽を

237A3244.JPG
メイやサツキたちといっしょに伸ばすシーンを
再現しているらしい。




梅雨の季節。雨が降っていたらラッキー!で。
雨の音、色、かたち、ことば。
つなげて、並べて、飾って、遊びましょう!



237A3710-thumbnail2.JPG

講師 / ヒラメキのタネ・eriさん


「こどもとおとなのCREATIVE MINDを育むタネまきを。」
をコンセプトに、ひとりひとりの感覚を大切にした
オリジナルのワークを考え、場をつくる活動を行なっています。

こども色彩教育アドバイザー資格取得。




237A2774.JPG


ご参加お待ちしております!


38_Field.
大阪府羽曳野市通法寺




ーーー

こちらもご予約少しずついただき、うれしい、、
ありがとうございます!

引き続き、受付していますので、どうぞよろしくお願いいたします。


丘の上の撮影会.jpg

share work.jpg
posted by miyai-works. at 10:39大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.

散歩景


237A3280.JPG

雨の合間を見つけて、夕方散歩。
日が落ちるその時まで。

237A3239.JPG

やりたいこと、やらなきゃいけないこと。
全てに囚われて、優先順位を決められず、
イライライしたり、落ち込んだりすることもある。

「感情の無駄遣い」

旦那が最近、気に入っていっている言葉で、
この言葉を知ってから、すごくラクになったという。


「感情の無駄遣い」をして、
大切なことを見落としていたら、もったいないな。


237A3240-1.jpg

日常だけど、当たり前ではない、
この風景を心から愛おしく辿るような、
自分に還っていく時間を今は大切にしたい。

237A3260.JPG

子どもたちはそれぞれ、木の棒を持って、

237A3266.JPG

延々と空想の敵と戦っている。



237A3253.JPG

全てが見渡せる場所で、
その様子をぼんやり見ているのが、好きだ。

旦那は前ボケ具合や人物、建物の配置バランスを変えながら、
延々と嫁を撮影している。

237A3270.JPG

この広々とした場所で、
解き放つ、それぞれの自由。

237A3276.JPG

光のように、風のように、

237A3234.JPG


まばたきの速さで過ぎてしまうこの時を。



ーーー


丘託服.jpg

2018.6.20wed〜7/1sun
at SEWING TABLE COFFEE分室 SO Lei(枚方市星ヶ丘)
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html


product by 38_WORKS.服の展示会
「丘へ託す服」


summer item
- 服(受注製作/一部、一点もの)
- 繋いだ布
- 頭に巻くもの



237A3237.JPG

6/24sun 、7/1sun 
38/W PHOTO.「丘の上の撮影会」

※荒天時は撮影を断念することがあります
撮影は随時受付いたしますが、予約優先とさせていただきます。


<予約ただいま受付中!>
メール / miyaiworks@gmail.com もしくは、
HP内<予約フォーム>からお気軽に。



posted by miyai-works. at 10:00大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.

product by 38_WORKS. item



237A2343.JPG

「土」からイメージした色のリネン生地。
ちょっとナチュラル過ぎるかなぁ、、と
今までこの色は使っていなかったのだけど、
今回の展示にはぴったりのような気がして、製作することに。

237A2311.JPG

このSO Leiの土壁とリンクしたのかもしれない。

237A3183.JPG

つくり続けている定番のgown coat。
いつもパッチポケットをつけていたのだけど、
この生地にはシームポケットが合うような気がしたので、
付け方を変更。

新しくマスターした縫い方で付けてみました。
(格闘、、何度も練習しましたよ。)

237A3182.JPG

237A3147.JPG

今回は普段愛用している、
頭に巻くもの(ターバン)も製作。


237A3159.JPG

色を組み合わせたものや、2枚仕立てのリバーシブルなど、
凝ったものもたくさんある中、

私がつくるターバンは、
「シンプルすぎて、販売するほどのものでは、、」と
思っていたのだけど、
「それがいい。」と言っていただけることもうれしく。



夏はとにかく暑いので、できるだけ薄めの生地で
頭が蒸れないよう、そして巻きやすく。

コーディネートのアクセントというより、
調和が取れるよう、シンプルに製作しています。


237A3175.JPG

共布で製作したターバンで、(すみません、服と別売りです。)
ガウンコートのウエストをブラウジングするのも、
おすすめ。

237A3170.JPG

ブラウジングの邪魔にならないための
シームポケット。


237A3168.JPG

この生地では、ワンピースも製作しています。
ガウンコート、ワンピースはサンプルを元に、
受注製作し、後日発送にてお届けいたします。
(ターバンは展示会でお買い上げいただけるよう、数点ずつ製作していきます。)

237A2342.JPG

色は程よく陰影のある、奥行き深い色。
風合いもとてもよい生地なので、ぜひ触れてみてくださいね。




丘託服.jpg

2018.6.20wed〜7/1sun
at SEWING TABLE COFFEE分室 SO Lei(枚方市星ヶ丘)
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html


product by 38_WORKS.服の展示会
「丘へ託す服」


summer item
- 服(受注製作/一部、一点もの)
- 繋いだ布
- 頭に巻くもの


丘の上の撮影会.jpg



/ 38/W PHOTO.「丘の上の撮影会」
※荒天時は撮影を断念することがあります
撮影は随時受付いたしますが、予約優先とさせていただきます。
<予約ただいま受付中!>
メール / miyaiworks@gmail.com もしくは、
HP内<予約フォーム>からお気軽に。
posted by miyai-works. at 11:00大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.