TEkaraTE / キムチ工房gokan /ちいさな石窯ぱん工房 えん



<2018.5.27出展者のみなさまご紹介>




237A7280.jpeg

ーーー

TE kara TE

ーーー

大阪府熊取町にある
串揚げと燻製のお店「TE kara TE」さん。

燻製にした素材と季節のものを組み合わせ、
1串1串をお料理に見立てて、コースとして提供。


「自分が大好きな料理で、食べてくれる人を幸せにする」ということ。
「自分のために、好きなことをする」ということ。

そのため、会社を退職し、
自宅の1階を改装し、お店をオープンしたのは、昨年7月のこと。

「手から手へ」
さりげない心遣いがとても素敵なご夫妻。
惜しみなく手渡す。手渡される。ということが
こんなにうれしいことだと
教えてくれたのは、TE kara TEさんのような気がします。

237A3951のコピー.JPG
(2017.3月の市にて)

喋っていたら、ハチャメチャだったり、
テキトー過ぎてビックリするときがありますが、
その緩急のバランスが「TE kara TE」夫妻らしく、心地よいのかもしれません。

IMG_0524.jpeg

材料を厳選し、丁寧に下処理を行なってから、
素材に合わせ、燻製。

定番のものも、より「美味しく」を目指して
アップデートしながら、より「喜んでもらえる」モノへ。


こんなものも、あんなものも燻製。
お味見自由。新しい燻製も美味しさと出会いにぜひ!



<TE kara TE>




IMG_4168.jpg

ーーー

キムチ工房 gokan

ーーー

キムチ屋さんを営んでいたというお母さまの味を受け継ぎ、
より美味しいものを目指してつくる「てづくりキムチ」


「お客様のお口に入るまでのつながりに、
 誠実に正直でありたい」と、
添加物など余計なものは一切加えず、
丁寧に漬け込むひと品。ひと品。

IMG_4164.jpg

同じ野菜でも季節によって変化する水分量。
見極めながら、慎重に塩漬け。

この塩加減がキムチの味を決める大事な工程なんだとか。

IMG_4153.jpeg

この写真だけで、白飯が3杯はいけそうな気がする。




キムチ工房 gokan

HP

instagram




IMG_20171027_055554.jpg

ーーー

ちいさな石窯ぱん工房 えん
ーーー

奈良県桜井市。長谷寺の近くにある
「ちいさな石窯ぱん工房 えん」さん。

自家製酵母と国産小麦を使い、
石窯でじっくりと焼き上げるぱんは、
遠赤外線効果で外はパリッと、中はもっちりしっとり。

酵母と、ぱん生地と、石窯と、
たくさんおしゃべりしながら、
旬の素材の美味しさを生かして焼き上げる、
元気なぱんたち。


IMG_20180107_062354.jpg

そんな「えん」さんにとって
「1番辛い時期でしたね〜。」って、
ようやく笑って話せるようになりました。」という10年前。

ぱん屋になるべく、千葉から大阪へ戻って来たにも関わらず、
生活のための仕事に追われる毎日。

全く前に進めず、虚無感を抱える中でも、
「絶対ぱん屋になる」という強い思いだけが、
自分を支えてくれていたという。

数年経って、
気持ちの中の尖った部分が少しずつ丸くなり、
肩の力が抜けた頃に、舞い込んで来た良いご縁。
念願のお店を持ち、今に至ります。


IMG_20180114_062728.jpg

「不器用だから、人より時間がかかる」
そんな一生懸命なぱんだからこそ、
身体を、心を元気にしてくれる美味しさがある。



ちいさな石窯ぱん工房 えん





2018.5.27フライヤー.jpg

237A0500.JPG

10周年フライヤーに載せたお皿は、
10年前の第1回目の開催の時に買ったもの。

陶芸教室に通っておられるという
おじさんが焼いたもので、
あまりに退屈そうに出展してらしたので、気の毒で、、

いわゆる「作家もの」にほとんど馴染みのなかった私は、
お皿1枚2000円という値段に驚愕しつつ、、
2枚購入させてもらった。
(今はそんな失礼なことは絶対しない。)


そんな出会いだったお皿だったけれど、、
使ってみるとこれがほんとうに使いやすくって!
宮井家の食卓にはほぼ毎日登場。

ぽってりとした白、厚み、縁の立ち上がり。
20cmというサイズがちょうど使いやすいのか、
気づくと毎日。毎日。

持っているだけでうれしくなるものがある。
「どこで」「誰から」買うか。
イベント化しつつある「買う」という行為。


あれから10年。
このお皿は改めて今、
私にいろんなことを感じさせてくれる。


本質的な。大切なこと。
それはきっとそれぞれの人の心の中に。



※ もし、20周年のフライヤーを作成する日が来た時は、
 このお皿の物語のつづきをぜひ。旦那が見事にやらかしてくれたので。



237A2365.JPG

ーーー

道明寺天満宮手づくりの市

2018.5.27(日)

10:00〜2:00



当日のMAP / event


posted by miyai-works. at 12:23大阪 ☀Comment(0)38_WORKS.

a day in the life




237A1208.JPG

昨年10月に小屋でひらいた服の展示会。

はじまりとおわりに台風がやってくるという、
とんでもない天気の中にも関わらず、
たくさんの方に遊びに来てもらえて、
ほんとうにたくさんの服の注文をいただいた。

期間中、何度も足を運んでくださった方や、
複数オーダーくださった方も今回は特に多くてびっくり!

声や気配、顔を思い浮かべながら、
おつくりできる時間は、ほんとうにしあわせな時間で、
私が製作に没頭すると、家事のしわ寄せが直撃する旦那からは、
ひたすら、「縫製を外注に出せー」と訴えられるが、
そんなことしたいわけがない。

1年間でつくる服の数はなんとなく決めている。
1着1着の密度を高めていくことに注力したくて。

まだまだ。もっともっと。

237A1213.JPG

ようやく全ての服をつくり、お届けし、
ふーっとひと息。

早速、延期させてもらっていた春の遠足の約束を。

237A1212.JPG

去年「もうこれ以上の数の服はつくれない」と思ってた数を
軽やかに超えた今年。

去年より早く服をつくり、お届けすることができたことが、
安堵と小さな自信を与えてくれた。

そうかー、やればできるんだー。


まだまだ稚拙な私の手から、
確かに生まれる服を、
受け取ってくださった人たちへ、感謝の気持ちでいっぱいです。

237A1216.JPG

余韻を反芻しながら、1日ぼーっとした後は、
無謀にも引き受けてしまった
「星ヶ丘洋裁学校70周年記念、洋裁服の展示」の製作へ
早速取り掛かる。

「自然の中で、自分らしく、共に学ぶ」
大切なことをたくさん教えてくれた、
私の「根っこ」Rootとなる場所、土地。

私は基礎科とパターンクラスでお世話になった。

237A1210.JPG

私がここへ通うきっかけとなった服を
つくろうと思って。

あぁ、でもパターンを引くのは、
やっぱり苦手ー!

237A1298.JPG

今、小屋で咲き誇る白山吹の花のような、

237A1283.JPG

しなやかな真っ白のリネンのドレス。




nööl.jpg

5/15(火)13:00^15:00
「トナカイ革の針ケース / ネックレス」WS 受付中!



ワークショップの詳細








237A9623-1.jpg

季節と、
大切なひとと。


ーーー

38/W PHOTO.
photostudio 38_Field.

ーーー


撮影予約、どしどしどしお待ちしております!


<38/W PHOTO.>

<mail>
miyaiworks@gmail.com



posted by miyai-works. at 09:51大阪 Comment(0)38_WORKS.

snap | 4090




/////

snap | 4090


237A1162.JPG

夏日から一転、
少し肌寒い春の日。

お気に入りのオフホワイトのニットを引っ張り出す。


パンツは友達から譲り受けたもの。
柔らかなベージュ色でグラデーションをつないで。

237A1164.JPG

白には白のサーミブレス。


takkuヘイディさんのWSで、
去年キットを購入。

あまりにもざっくりした、
4コマ漫画のような説明書と格闘し、
なんとか完成!

稚拙な仕上がりだけど、
いとおしいブレスレット。


どんどんはまっていくサーミクラフト。


237A1202.JPG

いつか行ってみたい。ラップランド。



237A1241.JPG

春の歓び。家族の写真。


237A9603-1.jpg

季節と、
大切なひとと。


ーーー

38/W PHOTO.
photostudio 38_Field.

ーーー


撮影予約、どしどしどしお待ちしております!


<38/W PHOTO.>

<mail>
miyaiworks@gmail.com

posted by miyai-works. at 14:42大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.