嘉兵衛本舗さんの番茶天日干し作業へ


237A9294.JPG

新茶の季節に訪れた
奈良・吉野の「嘉兵衛本舗」さんの茶畑。

今度は、番茶の天日干し作業の風景を撮影しに、
行って来ました。

237A9466.JPG
(作業場へ向かう途中の山道)

今年は梅雨入りが遅く、
天日干しの作業の始まりが、
例年より遅くなってしまってるんだとか。

自然とともにある仕事。
この暑さの中で連日作業されていることに
頭が下がりつつ、

灼熱のこの日、山の上にある作業場まで、

237A9301-1.jpg
(左から、ヨシタカさん、この日バースデーのマダム:ムツミ、ミヤイ、マダム:ぶい)

参加できた市スタッフさんとともに
日焼け対策バッチリ!でお邪魔。

IMG_6828.JPG

加工場に立ち込める蒸気。

IMG_6826.JPG

IMG_6848.JPG

夏場に約2週間、休みなしで、
作業を繰り返されるんだとか。

237A9429.JPG

「痩せますよー」と嘉兵衛さん。
そりゃ、そうでしょうよ、、

237A9434.JPG

だって、このバケツ、
めっちゃ重たいんですよー。

IMG_6881.JPG

一滴の汗も逃さない覚悟で、
撮影に臨みました。

IMG_6789.JPG
(汗だくカメラマン、着替えを5枚持って、参上)

IMG_6860.JPG

IMG_6810.JPG

葉っぱの乾き具合を見極めながら、
茶葉を返していく。

何気ない動きに見えるんだけど、
そうじゃないことだけは分かる。

リズミカルで無駄のない、職人的動作。
息を呑んで見つめているだけで、吹き出る汗。


IMG_6765.JPG

眩しすぎるお日さまとともに、

IMG_6803.JPG

びっくりするほどの手作業。

237A9340.JPG

脈々と引き継がれてきたという、
嘉兵衛さんちのお茶づくりを目の当たりにして、

なんだか胸がいっぱいになる。



そんなお茶が毎日の中にあるって、
ほんとうにしあわせ。

237A9472.JPG

お茶畑の側を流れる小川で、

237A9477.JPG

片方だけハサミがおっきな沢ガニを見つけましたよー。

「じゃんけ〜ん!」と言って、
「パー」を出したら、


大笑いのつむぎ。



この子にも、
大切なことが脈々と伝わっていくといいなぁ。




---


今回、お茶づくりの記録として
撮影をご依頼いただきました。

たくさんのカットを撮影させていただきましたが、
また機会があれば、ご紹介させてください!

-

嘉兵衛本舗さん、
9/29の「道明寺天満宮手づくりの市」に
ご出展してくださいます。


ほかにも、京都・木津で、
お茶づくりをしている「森井ファーム」さんもご出展。


どちらも茶畑を慈しみながら育み、届けられる
味わい深いお茶です。


どうぞご賞味くださいね。


929.png

==

道明寺天満宮手づくりの市

==

次回は2019.9.29(日)開催となります。



出展者のみなさまのリストは、
お盆明け頃にHPに掲載させていただきますね。


お楽しみにー!


道明寺天満宮手づくりの市
大阪府藤井寺市道明寺1-16-40

10:00〜2:00

WEB SITE



主催 / 38_WORKS.

抽出する言葉


237A7786.JPG

先月、インタビューを受ける機会があり、
今までの人生を振り返りながら、
延々とおしゃべり。

237A7782.JPG
(服の製作部屋。窓から小屋のある竹林が見えます。)

「どんなことに影響を受けましたか?」


数え切れないほど出会った出来事や場所の中で、
パッと取り出されたものが、きっと自分にとって、
ダイレクトに今に繋がっている事柄なんだろうと、
改めて認識する一方で、

人間の思考の内、
自分自身で自覚できている部分は、
およそ10%程度だと言われているように、
きっと無自覚ながら、大きな影響を受けた事柄が、
地層のように積み重なっているような気がする。

できるだけ、自分の思考を知りたくて、(単純に好奇心)
自分と対話する時間を、最近は意識して設けるようにしている。

237A7789.JPG


常にたくさんの言葉に触れていたいと思うのは、
心象に合った、違和感のない言葉が抽出できた時、
すごくうれしいから。

引き出しの中に、
たくさんの言葉を集めたいと思う。

237A7874.JPG

さて、ただいま9/29開催の「道明寺天満宮手づくりの市」
出展申し込みの受付、真っ只中。

「答えにくい質問を設けたら、
 出展申し込みが減るから、止めなさい。」と

たかさんから常々言われているので、
今回はごくごくシンプルな質問にしてみたつもりでしたが、、


今回もみなさまを困らせてしまっているようで、
ごめんなさい、、

237A7790.JPG

しっくりくる言葉を探す。という行為は、
きっと深く深く考えるということ。


その辿り着いた言葉が、
それぞれの道標となって、
ゆたかなものづくりへと繋がっていきますように。


という、いつもの勝手で押し付けがましいお節介です。




時間を使って、
言葉を届けてくださった、
みなさまのお気持ちに
ただただ感謝です。





==

出展申し込み受付

==

7.21(日)までの受付となります。
詳細は、HP内「出展募集について」をご覧くださいね。




sign.png

==

道明寺天満宮手づくりの市

==

次回は2019.9.29(日)開催となります。


大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
主催 / 38_WORKS.


ごはんがあれば



237A4951.JPG

すっかり夏の日差し。
小屋の窓からの風景。

237A7929.JPG

いよいよ15日(月・祝)より
9/29(日)開催の「道明寺天満宮手づくりの市」
出展申し込みの受付が始まりますよー。



申し込みの際、自由記載の項目がありますが、
どうぞ気構えず、ご自身の思いをそのまま綴っていただければ。うれしいです。

丁寧に暮らしていようが、いまいが、
選考には関係ないです。
(そもそも、“丁寧に暮らす”って何だ!?と斜に構えるタイプ)


「言葉にする」
そのことがものづくりを深めていくことにも繋がっていく。
そう信じて、ありのまま大切にしたいと思っています。


237A7931.JPG

5月の市が終わった後ひらいた、
スタッフミーティングの持ち寄りごはん風景。

つくってきたごはんを
いっしょに食べる。

ただそれだけが、とってもうれしいもんですね。


237A7178.JPG

9月の市へ出展をお願いさせていただく方には、
夏の終わりに「TEDUKURI NO ごはん会」への
ご招待がありますよー。(参加自由)

237A7134.JPG
(過去のごはん会風景)

ごはんは、いつかお願いしてみたいな。と思っていた方に
先日お願い。(わぁーい!!)

暑い暑い小屋で、
つくるものへの言葉を交わし、

画面から伝わるものが、
ほんの一部分だと気づく時間。



【Be a wonderful Small!】
小さな市にできることを。
すみずみまで、気持ちを行き届かせて、
市を訪れるすべての方のよろこびへと繋がっていけますように。


237A2351-68c21-thumbnail2.JPG


==

道明寺天満宮手づくりの市

==

次回は2019.9.29(日)開催となります。


大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
主催 / 38_WORKS.

==

出展申し込み受付

==

19.7.15(月)〜21(日)の期間で受付いたします。
詳細は、HP内「出展募集について」をご覧ください。