出展申し込み受付は明日10/21まで



237A8895.JPG

1人1人の出展者さんと向き合う。
いっしょにつくる。

237A8894.JPG

小豆を炊く。

237A8888.JPG

すだちをシロップで煮る。


深まりゆく秋を楽しむ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

122.png

<2018.12.2 道明寺天満宮手づくりの市>

たくさんのお申し込みを頂戴し、ありがとうございます。
申し込みの受付は、10/21(日)までとなります。

詳細は「出展募集について」ページをご覧ください。

TEDUKURI NO DRINK STAND



ロゴ.jpg

市に遊びに来てくださるお客さまに
幅広く、喜んでもらえるドリンクを販売したい!と

TEDUKURI NO DRINK STANDを
9月の市よりインフォメーションブース隣に併設したいと思います。


かねてより、できたらいいなぁ、、と
考えていたDRINK STAND。


<その1>
できるだけ農薬や化学肥料をつかわないもの / もしくは減らして
栽培された農産物を原料に使ったもの。

<その2>
果実そのもののおいしさを味わえるもの。
(加糖や添加物は一切なしのもの)

<その3>
提供する飲みものを通じて、
魅力的なメーカー / 生産者さんとの
うれしい出会いをお届けできるもの。



という条件に合うものを探したところ、今回、
大阪・柏原市にある「カタシモワイナリー」さんのぶどうジュースと、
愛媛・西予市にある「無茶々園」さんの柑橘ジュースの
2種類をみなさまにお届けできることとなりました。

237A7170.JPG

100年以上続くぶどう畑で、
質の高いぶどう、そしてワインをメインに生産している
カタシモワイナリーさんからは3品種のぶどうジュースを。

237A7219.JPG

濃度、甘み、コク、風味、余韻、、

237A7239.JPG

品種によって、こんなにも違って、美味しくて。

237A7172.JPG

無茶々園さんの柑橘ジュースは、
ほんとうにたくさんの種類があるので、
スタッフさんといっしょに飲み比べ。

237A7258.JPG

237A7266.JPG

237A7234.JPG

「THE みかんジュース!って感じ」

「後味すっきりビターな大人味」

「こっちの方が好き!」

いろんな感想が飛び交う中、
1番好きなジュースを挙手してもらったら、
見事に分かれました。

面白いなー。



その中で、
特徴の異なる3種類の柑橘ジュースをセレクトし、
DRINK STANDで提供することに決めました。
(メニューは当日のお楽しみに!)


せっかくの機会だから、飲み比べて楽しんでもらえるように、と
3つの小さなカップで3種類味わえる
<3種ぜいたく飲み比べセット>をご用意。

1種類1cupでも販売いたします。

また、おみやげやプレゼントにもぴったりの
瓶(720ml)販売分もご用意。



237A7205.JPG

つくるひとを伝える


スタッフさんといっしょに
新たな形でのチャレンジを試行錯誤し、楽しみながら、
やっていきたいと思います。

みなさまに、美味しく楽しんでもらえますように。



ーーー

カタシモワイナリー

無茶々園





2018.9.30DM.jpg



ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2018.9.30(日)
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分
※この日はだんじりの試験曳きに伴い、
 道明寺天満宮周辺道路では車の交通規制がありますので、
 お車のご来場はご遠慮ください。

次の10年へ


237A8587.JPG

先日、9/30の道明寺天満宮手づくりの市に向けての
スタッフミーティング(MT)を
38_Field.にてひらきました。

237A5868.JPG

つむぎ(次男)の出産を機に、
それまで夫婦2人で続けてきた市に、
スタッフさんを迎え入れ、いつのまにか現在10名。

237A5884.JPG

ものづくり、仕事、育児。
それぞれの暮らしの中、
完全なボランティアで、それぞれのペースに任せ、
「参加できる時に参加する」という形のスタッフさん。

どういう形だと、
お互いにとって、そして市にとって、
実りあるものになるだろうか。

模索しながら、、と言いつつも、

237A5885.JPG

市という小さなフィールドで、
それぞれがやりたいことを見つけたり、実現したり、
誰かに触れたり、新しい自分に気づいたり、
単純に「楽しい!」だったり、

豊かな円がいくつも重なり合う、
有機的で、愉快な集合体。

237A5829.JPG

この日は、な、なんと!
前回、5月の市で10周年を迎えた
「道明寺天満宮手づくりの市」の
お祝いパーティーを企画してくれていて、びっくり!

237A5853.JPG

大きなドライフラワーのブーケとスワッグを
いただいちゃいました。

237A5840.JPG

ありがとう!


237A5814.JPG

「ごはんとおやつのお店 ななつ」として、
ケータリングや出店活動を行うスタッフ・たまさんが
用意してくれたのは、

237A5823.JPG

「バタフライピー」という青いお花のハーブティーを
ひと匙加えると、みるみる紫色に変化するという、
不思議なレモネード。

237A5875.JPG

どことなくパーティ仕様な!?
持ち寄りごはんがずらりと並び、

237A5870.JPG

みんなでもりもり食べました。

237A5874.JPG

237A5878.JPG


237A5889.JPG

「いつかお店を持ちたい」と、
小さな一歩を踏み出したスタッフ・カヨさんの

237A5892.JPG

桃のコンポートタルトも登場し、

237A5894.JPG

237A5902.JPG

革を蝋引きしてつくったという
革もの工房tickle作のフォトフレームや、

237A5899.JPG

メッセージキャンバス。

ハーブの詰め合わせや、
みんなからのお手紙など、

237A5905.JPG

盛りだくさんなお祝いをいただき、
もう胸がいっぱい。

237A5911.JPG

先日、結婚したスタッフ・美和ちゃんのお祝いも。

237A5897.JPG

なんか、すごいなー。すごいなー。


DB7A6554 - バージョン 2.JPG
(photo by kitoki : masakiさん / 5.27  10bread : coccoya)

いつのまに、こんなに愛おしい瞬間が
増えたのだろう。

苦悩や虚無感も包み込むような、
大きなエネルギー。

DB7A6566 - バージョン 2.JPG
(photo by kitoki : masakiさん / 5.27  10bread : coccoya)

「次の10年へ」

237A5827.JPG

どんな形になっているのか、
全然想像もつかないけれど、
決めつける気もさらさらなく、

1回1回の開催を
ただ丁寧に積み上げていきたい。



9.30.png

この市のささやかなパワーを
ずっと信じている。


2018.9.30(日)
道明寺天満宮手づくりの市