出展申し込みの受付、はじまりました!



237A2269.JPG

先日の寒空の下、小屋の屋根を塗り直す。
今年は私も参戦。

237A3946.JPG

高いところは苦手だから、最初は恐ろしかったのだけど、
塗っていくうちに、夢中になって、
空がほんの少し近づいて、自由な気持ちになる。

237A6956.JPG

その間、ピザ窯では、
子どもたちがせっせと落ち葉を運んで、
焼き芋づくり。

立ち上る煙が直撃で、屋根から落っこちそうになる。

237A6977.JPG

その甲斐もあってか(!?)
「この芋さえあれば、何もいらない」と
本気で思うほど、美味しい焼き芋が出来上がりました。

237A3954.JPG

大きなスズメバチの巣も2つ、無事除去。
(これは、はるとがつくった巣箱)


梅の蕾が小さく膨らみ、
水仙はもうすぐ咲きそうだ。



3.21.jpg

1/15(月)より、
出展申し込みの受付を開始いたしました。

いつもドキドキして迎える初日。
ちゃんと申し込みがきていて、ホッと。

「自分はこう思っている」と外に発信することが好きで、
言葉を紡いできたけれど、誰でも発信できるこのご時世、
少し距離を置きたくなったのは、
やはり天邪鬼だから!?

自分の内に意識を深め、
穏やかで在りたいと今年は特に思うのは、
どういう心からだろうか。と年始からじっくり考えていた。

”好きなことしかしない”

いつも繋がっている、という状況から解き放たれながら、
還る場所のひとつ=市へと還っていく。

私を強く、自由にしてくれるもの。




続きを読む

3月の市の出展申し込み受付について





18.3.21.png

2018.3/21(水・祝)開催
「道明寺天満宮手づくりの市」の出展申し込み受付は、
1/15(月)〜21(日)の期間で行います。


詳細は、「出展募集について」にupいたしましたので、
ご覧くださいませ。


出展を申し込みしていただくにあたって、
記載事項をいくつか設けていますが、
その中で、「その人」のことが少しでも深く知れるよう、
毎回、質問を1つ考え、尋ねています。

その質問が、
「答えるのに時間が掛かります」と好評のような、不評のような(笑)



私自身、質問の答えを掘り下げて考えることや、
いろんな人の答えを知ることが好きで、

「何をしている時がうれしいのか」
「何をされるのが嫌なことなのか」
「今、したい本当のことは何なのか」

”自分のことを知る”ということが、
自分を満たしていくための最初の一歩だと思うから。かもしれません。


”力が足りない”と思い知らされる時でも、
「何が」がわかれば、「どうすればいいのか」ひたすらに考えていける。


「何をどうしたらいいのかわからない」という状況が、
1番しんどいのかもしれないな。と
昔、旦那を見ていてよく思ったものです。


IMG_5736.JPG
付き合い始めた頃は、無職で引きこもっていた旦那。
(やりたいことも見えず、「家業を継ぐ」という決断も出来ていなかった。)

ギターを弾いて1日を終えるこの男と、
「”結婚”はないな〜」と実は思っていた。

「人間不信の人間が家族撮影をするなんて、思ってもみなかった」という
旦那の波乱万丈、愉快な人生。

10年後は私も旦那も、
今とは全然違うことをしているかもしれない。ということを、
楽しみに思う。



ありゃー。
話は随分逸れてしまいましたが、
どんなことも、今につながる「大切なこと」
飾らなくても、拙くても、
そのままの言葉でぜひ聞かせてもらえたらうれしい。


そんなこんなで、1/15〜
お申し込みお待ちしております!


237A2309.JPG


3月の市は、出展者のみなさまをお招きする
「TEDUKURI NO ごはん会」(自由参加)もひらきますよー。




2018.3.21「道明寺天満宮手づくりの市」について


237A1602.JPG

家がキャンプ場と化す季節がやってきた。
さ、さむい、、、

友達の家へ遊びに行くと、
あまりの温かさにビックリする。

我が家へ遊びに来た人たちは、
誰もコートを脱ごうとしない。

IMG_6570.JPG

吐く息の真っ白な寒い夜、
差し上げた芋がタルトになって返って来た。

りんごとお芋、
「美味しい」以上のものがぎっしり詰まっている。

今年もありがとう。


237A1611.JPG

次回の「道明寺天満宮手づくりの市」は、
2018.3/21(水.祝)開催となります。

出展申し込み受付は、
2018.1/15(月)〜21(日)の期間で行います。
(期間を過ぎてからの申し込みはお受けできませんので、ご注意ください!)


詳細が決まり次第、HPにてお知らせいたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。




-

「道明寺天満宮手づくりの市」では、申し込み受付締め切り後に、選考を行い、
40ブース前後の出展者の方を決定させていただいております。

私たちが開催するこの小さな市に、
たくさんの方が出展を希望してくださり、
ほんとうにうれしく、ありがたく思っています。

出展してくださる方と言葉を交わし、力をお借りしながら、
ともに市をつくりあげたいという思いで、身の丈に合った小さな規模を保ち、
心を込めて開催を続けています。

選考方法につきましては、出展品の優劣だけで判断していることではなく、
さまざまな方向から検討を重ね、開催ごとに選考させていただいております。
つきましては、選考基準や理由等についてのお問い合わせには
お答えいたしかねますこと、どうぞご理解ください。

私たちが出展者の方をお選びするのと同じように
つくり手の方から、「出展したい」と思って選んで頂ける市であるよう、
私たちも努力を重ねて参りたいと思います。

お互いの活動をゆたかに高めていけるような、
小さなご縁が生まれますように。

                            
                         38_WORKS . / 宮井貴弘 美咲