ATELIER HAPIBAR.

Img_2719

Img_2718

Img_2708

Img_2672

Img_2677

ーーー

miyaiworks + ハピバールのコラボ空間
38/W + Hapibar

—————
2015
JUNE 27.28
JULY 4.5
(sat & sun)
11:00 − 16:00
at 38_Field.

ーーー

http://38-works.com/event.html

Img_1222


6/27 sat ・7/4 sat

お野菜天然酵母パン

”ときパン”がやって来る!

あの”パン”が並ぶかも♡

-----

Img_1257


6/28 sun ・7/5 sun

にちようびのおやつ

ハピバールさんの"梅バーム"

-----

撮影のご予約受付中!

当日、飛び込み撮影もOK。

38_Field.がハピバールさんの作品で

たのしい空間に変身します。

ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。

ーーーーーーーーーーー

Img_2777

アトリエ・ハピバール

http://hapi-bar.com/index.html

3/22景 vol. 3

Img_9102



Img_9117



Img_91161



あまりにあたたかいものだから、
出展者の方がお子さんを抱いて、
いっしょにお昼寝してたり、
2日酔いの旦那さんが寝てらしたり(!!)


Img_9258



Img_9255



Img_9256



花粉や黄砂でツラいひとも。



Img_9263



Img_9260



Img_9265



Img_9278



Img_9281



Img_9202



Img_9205



Img_9206



Img_9078



Img_9079



Img_9114



私は、おつくりした服を着て
遊びに来てくださった方にたくさん会えて、
うれしかったな。

私だけでなく、
この市でお渡ししたものを
身につけて、遊びに来てくださった方が
たくさんいらっしゃったようで、
出展者のみなさまもとてもうれしかったみたい。

小さなものづくりを
力強く支えてくれる、こんな瞬間を
この場所でたくさん育むことができたら。

Img_9109




Img_9250



Img_9254



開催終了間際に来たひとも
ちゃんと買えるように。と
たくさん用意して来てくださったクッキー。

出展してくださる方たちの
あたたかな気持ちが溢れ出して、
この市をつくりあげてくれていることを
改めて感じた1日でした。


誠実にものづくりと向かい合う出展者の方と
その思いを丁寧に掬い取ってくださるお客さま。

私たちはただ、がむしゃらなだけで、
特別な何もできてないし、
何をしていけるのだろう。といつも思う。

考えてもわからないから、行くしかない。
この無我夢中が功を奏しているのなら、
これから先も、ひたすらにひたむきに
この小さな市と向き合いたい。

それだけです。



ーーーー


そうやって、2人でやれることは
今まで精一杯やってきたつもりだから、
これからは恐がらず、ひらいてゆきたい。

そんな思いで、
ずっと迷っていた「サポーター」を
思い切って募ってみました。

大事にしてきたことを共有していけるだろうか・・
という不安は、手を挙げてくれたひとたちの顔を見た途端、
びゅん!と吹き飛んで、
市の日が来るのがたのしみでたのしみで。


Dsc_9321photo by YUKO KAWABATA



1番最初に連絡くれた彼女(写真右)は、
市にいつも遊びに来てくれてて、
その美しく微笑む姿を撮影したい。と
旦那が以前、声を掛け、撮影させてもらった方でした。

いろんなアイデアを出してくれて、
今回はお客さまの声を聞いてみよう!
市をたのしんでくださる方と話してみよう!と
アンケートをいっしょに作成。

ひとりひとり丁寧に聞いてくれました。

ーーーー

アンケートに快くご協力くださったみなさま、
(島根からはるばる来られた方がいたのですね!ありゃー)

今後につながる貴重なご意見を
ありがとうございました。

Img_4606

photo at the tenmangu 2012


そして、旦那が撮影活動をはじめて間もない頃より
毎年1枚ずつ。
家族写真を撮りに来てくださっている川端家。


Img_2273_2

photo at the 38_field. 2014

ご夫婦で市をサポートしてくださいました。

ハチャメチャなはるとに
最初とても戸惑っていた同い年の、
ちょっぴり内気な川端家の康平くんとは、
3年かけてすっかり仲良しに。

市の日もずっといっしょに遊んでた姿が
にぎやかで。


今後サポートをお願いしたいと思っているご夫婦2組にも
片付けをがっつり手伝ってもらったお陰で、
市の次の日には精魂尽き果てて
寝込んでしまうほど、
私は出展者の方たちとしゃべり倒すことができました。
(それでも足りなかったくらい!)

この日をめいっぱいたのしんでくださったひとたちが
たくさんいたとしたのなら、
ひとえにこの頼もしいサポーターさんたちのお陰です。



私たちは私たちのできることで、
うれしい気持ちを返してゆきたいと思います。
目と心が行き届く、この小さな範囲で。


携わってくださったすべてのみなさまに
心より感謝いたします。



次は5/24(日)
またこの小さな市でお会いしましょう!







「道明寺天満宮手づくりの市」主催 / 宮井貴弘 美咲

3/22景 vol. 2


Img_90761



この日もパン屋さんは
やっぱり大人気。

どのパン屋さんも
めいっぱい焼いて来てくださったのですが・・・

初参加だった「ブーランジェリーパン・パリッシュ」さん。

4時間という短い時間で売るには、
たくさんつくっていったつもりでしたが、
30分足らずで完売・・
その後、来ていただいた方には
申し訳ない気持ちになりました。

また次に出展できるときには、
店舗を休業してでも、
もう少したくさんパンを焼いて、
たくさんのお客さまの笑顔を
つくることができれば。と願っています。

と、うれしいことば。
またみなさまにパンを味わっていただける日も
きっとやってきそうです。

Img_9081



市当日、旦那が
tarouさんのブース手前にある帽子の
色違い(キャメル)を被っていましたが、
どなたか気づいてくださったでしょうか??

Img_9089



PASTARiCOさんのブースでは、
陶器のボタンやブローチをつくる
「B&B  button&brooch  workshop」

Img_9087




Img_9119




好きな色をつけて。
一生懸命手をうごかす、ちびっ子たち。

いろんな形のボタンの出来上がり。

PASTARiCOさんが
窯で焼成してくださり、後日お届け。

つくる体験のできるブースが
これから増やせるといいな。

Img_9099



うまれたてのあの子と初対面。

Img_9096



お兄ちゃんになったこの子。
赤ちゃんのときに市に出展しに来てくれてたのが、
随分昔のことのような、
つい最近のことのような。

Img_9095



Img_9090



顔見知りのこの子。名前の知らないあの子。
いろんな子たちの成長していく姿を
市のたびに見せてもらえるのが、
ほんとうにうれしくて。

Img_9103


Img_9120



Img_9092



生まれてきて当たり前。の
命ばかりじゃないから。

出会ったちびっこたちは、
この市の宝物。

Img_9195



Img_9196



準備を終えると、お揃いのユニフォームに着替え出した2人。
藤井寺市のお隣、柏原市の
自宅のアトリエで、
コツコツと製作しているというものたちは、
春のひかりを浴びて、
キラキラしてた。

お客さまとして随分前に遊びに来てくださっていた時には、
まさか出展する日が来るなんて、
思いもしなかったんだそう。

人生はそんなものかもしれませんね。

Img_9284



この日初めてお会いし、お話させてもらったのですが、
とてもユニークなお2人。たのしかったなー。

Img_9199



Img_9200



Img_9225



Img_9213



Img_9234



Img_9229



Img_9236



Img_9237



Img_9282



Img_9274



Img_9275



Img_9266



Img_9268



Img_9209





Img_9207




Img_9240




Img_9246




Img_9249



Img_9245



この出展を最後に
今春、宮崎県へ拠点を移す「tumugihaus」夫妻。

きっとまた会えるといいな。





3/22 景 vol.3へつづく。


ーーーー

photo by 38/W TAKAHIRO MIYAI