dubluvyobs / kaon

<2016.9/19出展者のみなさまご紹介>

 

Img_6251

-----

dubluvyobs

-----

「simple but something Funny」をモットーに、

2013年、神戸で生まれた

平田夫妻による小さなカバンブランド

「dubluvyobs(ダブラヴヨブス)」さん。

-

主にパラフィン(ロウ引き)加工の帆布をつかったカバンは、

はじめは硬く、ゴワゴワした手触り。

使い込むほどに、履き込んだデニムのように柔らかくなっていき、

シワが刻まれ、表情がぐっと良くなっていく。

Img_1619

つかっていくうちに自分のものになっていく感覚がうれしいカバン。

-

最近はエプロンやブックカバーなどをつくる機会もあったとかで、

カバン以外のアイテムも充実の予感。

カラーオーダーも出来るとのこと。

-

[想像から想像していくものづくり]

何事も楽しみ、しなやかに吸収。

コツコツと積み上げ、道を切り開き、突き進む。

そんなお2人がつくるカバンです。

-

-

-

ブログ: http://white96anddubluvyobs.blogspot.jp

FB: https://www.facebook.com/White96andDubluvyobs/

instagram: https://www.instagram.com/dubluvyobs/

Img_2384_2

-----

kaon

-----

綿を手紡ぎした糸と布や

アクセサリーや小さなものたちをつくっているkaonさん。

-

瑞々しい感性で、自然を感じ、

まるで日記に言葉を記すように、

日々、紡ぎ出されるkaonさんの糸。

-

「自然」「生きること」

言葉で書くと、どうも大袈裟で

なんだか本当に大切なことがこぼれ落ちているような気になる。

-

kaonさんのものが生まれる場所を

自分の五感で感じてみたくて、

[TEDUKURI NO BOOK]にそのものづくりの日常を

掲載させていただきたいとお願いしました。

-

「私の取材というより、

日々、感じている鳥の声や、草や土の匂い、太陽の移ろいなど、

空気を感じにいらしてください。」

という言葉に、心を空っぽにして訪れたkaonさんのご実家。

-

電子機器は使い方がよくわからなくって・・と

HPやSNSなどでご自身の発信を行っていないkaonさん。

-

だからこそ、どんな場所でどんなふうに

kaonさんのものが生まれるのか、見てみたいひと。

きっと私たちだけじゃ、ないですよね!?

Img_2718_2

Img_2606

兵庫県加古川市にあるkaonさんのご実家、工房、お庭の風景を

10Pに渡り、[TEDUKURI NO BOOK vol.1]に、

掲載させていただきました。

-

想像していた以上の自然のスケールが感じられる場所で、

私たち夫婦はしばらく時間を忘れて、

ただただ、その風景を眺める。暑い夏の午後。

この場所の心地よさをめいっぱい吸い込んだものが、

あの市に並んでいるものなんだ。と、

宝物を見せてもらったように、うれしくなった私たちの気持ちを

少しでも伝えられることができればよいなぁ。

と思いを込めて。

-

-

-

2016919dm

台風の進み具合がゆっくりになってきているようで、

直撃は免れそうな、19日。

でも雨の心配はまだまだつづいていますね・・

-

開催については、

きっと当日の難しい判断になるかもしれませんが、

出展者のみなさまがこの市のために製作/準備くださったものを

遊びに来てくださるみなさまにちゃんと届けられるよう、

屋内開催の準備にも明日動き、19日に備えます。

(現時点では施設の空きは確認済み/確保はまだ)

-

詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

ギリギリの判断となり、恐れ入りますが・・

今日までご紹介させていただいた出展者のみなさまとの出会いを

どうぞ楽しみにお待ちいただけますように。

-

-

<2016.9/19の市のこと>

http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html

9/21景 vol.2

ここからは、38/W PHOTO.宮井貴弘の

写真で9/21景をお届けします。

Img_6671

Img_6698

Img_6677

Img_6692

Img_6696

Img_6662

Img_6664

うちのつむぎは(左)は、

朝イチバンに転倒し、まぶた流血負傷。で

ボクサーのような顔に。

Img_6678

Img_6688

Img_6690

Img_6685

Img_6800

AM10:00

OPEN!

Img_6803

Img_6724

Img_6738

Img_1585

Img_6793

Img_6817

Img_6700

Img_6801



Img_6768

Img_67811

Img_6779

Img_6773

Img_6825

Img_6827

Img_1598

Img_1617




Img_1632

Img_1636

Img_1645

ものの向こう側へ

思いを馳せてみる。

Img_1647

vol.3へつづく

御礼 ・ 9/21景 vol.1

御礼がすっかり遅くなってしまいましたが、

9/21の市、晴天の中

開催を終えることが出来ました。

シルバーウィークのど真ん中。

お出掛けの予定に入れてくださった

たくさんの方々に感謝!です。

-

[TEDUKURI NO サポーター] ユウコさん撮影による

お写真から、まず市の風景をお届けいたします。

Dsc_3430

Dsc_3464

Dsc_3678

Dsc_3596

Dsc_3687

Dsc_3646

Dsc_3739

Dsc_3710

Dsc_3658

Dsc_3580

Dsc_3561

Dsc_3634

Dsc_3751

Dsc_3477

Dsc_3514

Dsc_3512

Dsc_3516

Dsc_3524

Dsc_3586

Dsc_3645

Dsc_3686

Dsc_3607

Dsc_3610

Dsc_3694

Dsc_3695

家族が増えたら、

また市でお会いしましょう。

Dsc_3505

Dsc_3639

Dsc_3583

Dsc_3584

Dsc_3625

Dsc_3736

Dsc_3534

以前出展してくださっていた方たちも
たくさん遊びに来てくださいました。

Dsc_3757

Dsc_3714

(all photo by yuko KAWABATA)

-

-

9/21市景 vol.2へつづく