やるしかない。

237a6399

先週、奈良から岐阜へ引っ越した出展者さんの自宅/工房に

BOOK取材に行って来た。

-

車で3時間。

TEDUKURI NO STAFFのご夫婦+ニコちゃんと現地で待ち合わせ。

237a6318

行ってよかった。ほんとうに。

この模様はぜひぜひTEDUKURI NO BOOKにて!

(帰って来た今、急ピッチでページ製作に取り掛かっている)

-

この場所で生み出された、一刀入魂の匙を持って、

9月の市にはるばる出展しに来てくださいますよー。

-

BOOKも匙もお楽しみに。

237a6212

その後、富山に住む私の祖母の元へ。

そこで先に到着していたはるとやつむぎ、家族たちと合流し、

次の日は海で、子どもたちと岩から何度も飛び込んで、大はしゃぎ。

-

これも楽しかったなー。

237a6214

お盆ー本

おぼんーほん

おほん

237a6215

何パターンか表紙を出してみる。

BOOKの表紙とリンクさせて考えた9/19のDMも

なかなかしっくり来るところまで辿り着かず、

ようやく先日、入稿を終え、ただ今仕上がり待ち。

-

お盆ははるとが忍者修行のキャンプへ旅立つので、

この期間に何とか形に仕上げたい・・のだけど、

お盆明けの印刷所さんとの打ち合わせに果たして間に合うか!?

-

やるしかない。

summer days.

237a5071

BOOKー服

服ーBOOK。

行ったり来たりしながら、

あっという間に1日が過ぎていく。

-

[TEDUKURI NO BOOK]

本をつくるって、こんなに大変なんだな・・と。

つくっているひとの思いの塊なんだと、

今までとは全然違った気持ちで手に取るようになった。

-

旦那が撮影した膨大な数の写真。

何万通りもの組み合わせ。

文字と文字の間隔。配置の余白。

-

しつこくしつこく違和感を探す。

しっくり来るまで考えつづける。

-

カチッとはまったときの気持ちよさ。

-

もう、絶対に諦めない。

最大限の力を出し切らなければ、

筋肉は増えていかない。

思い出す夏のクラブ活動の日々。

(バレーボール部でした。夏の体育館は蒸し風呂地獄。

旦那は水泳部だったので、気持ちよかったらしい。)

237a5069

煮詰まって来たので、

夜中、伸ばしていた前髪を切る。

ばさっと落ちた髪は15cmくらいはあった。

-

人生史上、最も短い前髪となった。

-

朝起きて来た旦那と息子に笑われる。

-

-

-

全てに感謝したい。

好きなことに力を尽くせる毎日を。

-

-

-

919

出展者の方44組が決まりました。

お申し込みいただいた全ての方に返信しましたが、

もし届いておられない方がいましたら、

お知らせ下さいませ。

-

回を重ねるごとに、苦悩を伴う選考。

誠実に。誠実に。思いを貫いていくことしか、

私たちには出来ない。

-

悩み抜いて決めた、

私たちが考える最楽・最強の布陣で、

9/19の市をつくります。

-

どうぞお楽しみに。

Book

入稿期限もちらほら視界に入り出し、

やや焦ってきました。

-

最後の工房訪問/取材への旅はもうすぐだ。

出展申し込み受付、 終了しました!

9/19(月・祝)開催の道明寺天満宮手づくりの市への

出展申し込み受付は7/17(日)をもちまして、

終了とさせていただきました。

-

いただいたメールにつきましては、

全てご返信いたしました。

-

もし、届いていない方がおられましたら、

こちらでメールが受信されていない可能性がありますので、

お手数お掛けしますが、もう一度再送くださいますよう、

お願い致します。

-

ほんとうにたくさんのお申し込みを頂戴いたしました。

こんなにたくさんの都道府県からいただいたのも

初めてかもしれません。

-

こんな小さな市のために。4時間のために。

申し訳ない!とんでもない!と

今までは近畿圏内からの方だけで、、とやんわり私たちの中で、

区切ってしまっていたのですが、

地域を限定せず、何かの枠にとらわれず、

自由な気持ちでいろんなひとが行き来出来れば、

それはゆたかでたのしいことだと教えてもらったようで。

有り難く検討させて頂きたいと思います。

-

これから夫婦2人で、うんとうんと悩みます。

楽しみにしてくださっている、

みなさまのお気持ちに応えられるような、

私たちの市らしさを求めて。

237a4902_2

237a5848

申し込みの締切日でもあった日曜日には、

今制作真っただ中の[TEDUKURI NO BOOK]ページの

とある企画&撮影を小屋で行いました。

-

メールのやりとりを何度も重ね、

お互いイメージを膨らませ、

お互い緊張でソワソワしながら、迎えた当日。

-

出来上がりをお楽しみにー。なので、

内容はここではお伝えできませんが、

いろんな方のお力を借りて、おいしいテーブルが出来上がりました。

-

感謝の気持ちを込めて、

今、私たちに出来ることを全てで返したい。と、

精一杯、手と頭をオーバーヒート気味で動かしてますので、

BOOKが出来上がったら、ぜひ見てやってください。

Book