<東日本大震災 義援金箱のご報告>



237A0062.JPG




<東日本大震災 義援金箱のご報告>

地震発生直後の2011年3月の開催より、
市インフォメーションブースにて設置している
<東日本大震災 義援金箱>

9/18の「道明寺天満宮手づくりの市」にて、
4700円お寄せいただきました。

封筒に「お願いします」と託してくださった方をはじめ、
お心を寄せてくださった方々、ありがとうございました。
(直接お礼を伝えることが叶わないことがいつも申し訳ないです。)


出展者さまから頂戴した出展料の一部を合わせて、
10.000円を国内で唯一通年利用できる、
福島の子どもたちのための保養施設「沖縄・球美(くみ)の里」へ
本日、送金いたしましたこと、ご報告し、お礼申し上げます。


来月は選挙ですね。

みなさまはどんなふうに考えておられますか?
よくわからないことを考えること、考え続けることは、
時には面倒で、なるべくなら距離を置きたいものですが、
毎日、慌ただしく映し出される報道の裏にあるものに
出来るだけ目を凝らし、空っぽの頭をめいっぱい働かせながら、
夫婦で話ししたいと思います。

「考える」のはキライじゃないですよ。


ーーーー

沖縄県久米島にある「沖縄・球美(くみ)の里」は、
フォトジャーナリストで月刊誌「 DAYS JAPAN」の
編集長だった広河隆一氏が中心となり、
チェルノブイリ事故後、20年以上にわたり、
現地の被災者救援、保養施設設立活動を生かして、
2012年に設立された日本で唯一通年利用できる保養所です。

海が真っ青でとっても美しい島。
いつか行ってみたいなぁ。


沖縄・球美(くみ)の里



237A0052.JPG


12/3(日)の「道明寺天満宮手づくりの市」
出展申し込みは10/1(日)までの受付となります。

うれしい出会いがありますように。
ドキドキしながらお待ちしております。


出展申し込みについて

<2017.9.18景 vol.4>





237A0088.JPG

にしぐちひろこさんの人形劇<さるかにがっせん>

237A0082.JPG

白い布で包まれた空間の中で、
グロッケンのやさしい音色が響いたら、

237A0079.JPG

人形劇のはじまり。はじまり。


237A0078.JPG

にしぐちひろこさんの柔らかな声。


子どもたちだけでなく、
お父さんやお母さんもやさしい顔。


あえてフリーとしなかったので、殺到することなく、
伝えたいテンポを保って、
理想に近い形で実施できたよう。


あぁ、良かった。。


素敵な人形劇をありがとう。
観覧してくださったみなさまもありがとうございました!




237A9806.JPG

「12/3の市のポスターを描こう!」の机には、


237A0196.JPG

机がぎゅうぎゅうになるくらい、
たくさんの子どもたちが、描きに来てくれました。

たくさんある色の中から、
選ぶ色は、ほんとみんなそれぞれなんだなぁ。


色とりどりの力作ポスターが、
集まりましたよ。

237A0083.JPG

12/3の市でずらり展示したいと思いますので、
みなさま、ぜひぜひ見てくださいね!

237A0215.JPG

「子どもたちがめいっぱい遊べるブースを」と
「日の出製作所」さん。


手づくりのこまや、



ビー玉パチンコ。


237A9837.JPG

夢中で遊ぶ子どもたち。



うちのはるとが知らない間に、
接客をお手伝いしていたようで、、

学校でいつも怒られているはると。
親も呼び出され、怒られる。

「何とかしてください」と言われても、
どうしたらいいのか、もう分からなくて立ち尽くす。

「もう、アンタなんか知らん!」と
泣き叫びながら、ここまでたくさんの方の助けを借りて、
市を始めた時は、7ヶ月だったこの子も、
もう4年生。


市でもいっぱい迷惑を掛けたり、
いろんなことをやらかしたり、、

それでも、「大きくなったね。」と
温かく見守ってくださる出展者さんがいる。



この先、この子は社会とどう関わっていけばいいのだろうか、と
不安でいっぱいの私の心が、
子育てに行き詰まってはじめたこの市と、
たくさんの出会いに、
どれだけ救われてきただろうか。


私はそのことを
必ず次の誰かに還元したいと思っている。


ユニークな大人たちが、
いろんなものや思いを持って集まって来るこの場所が、
まだまだ発展途上の子どもたちの、
失敗や失礼なこともいっぱい重ねながらも、
成長していける貴重な場所であってほしい。



「できるだけたくさんの方に見守られながら、
 子どもたちが育つ社会が豊かなように、
 市もそんな豊かな社会の一部でありたい。

 子どもたちだけでなく、大人も。」



市をはじめた時からずっと変わらない。
「もの」の向こうにある「ひと」へ思いを馳せること。


小さな市で得られる「売上」は微々たるものかもしれないけれど、
その向こうにある、プライスレスな出会いが
1つでも多く生まれますように。



「すぐには役には立たないように見えても
 やがて 心の底ふかく沈んで
 いつか あなたの暮らし方を変えてしまう」
 (暮らしの手帖より)


そんな「暮らしの手帖」のような市を
これからも心を込めて愉快に続けたいと思います。



携わってくださったみなさまに、
うれしい気持ちを少しでも返していけますように。


ありがとうございました。




道明寺天満宮手づくりの市 主催  /  宮井貴弘 美咲




237A5269.JPG


終わった。とホッとしたのもつかの間、
次回12/3(日)開催の市の出展申し込み受付を
明日9/25(月)〜10/1(日)の期間で行います。


いっしょにゆたかで楽しい市をつくりましょう!




出展申し込みについて

<2017.9.18景 vol.3>



<SNAP!SNAP!>




237A0073.JPG

237A0108.JPG

237A0173.JPG

237A0168.JPG

237A0114.JPG

237A0164.JPG

237A0121.JPG

237A0134.JPG

237A0139.JPG

この日は結婚式も行われ、

237A0141.JPG

開催中に花嫁行列が通る。という、
とってもうれしい出来事も。

237A0145.JPG

お客さま、出展者さんと共に、
お祝いの拍手を贈りました。

あぁ、晴れて本当に良かった!

237A0155.JPG

237A0212.JPG

237A0187.JPG

237A0201.JPG

237A0205.JPG

237A0213.JPG


237A0102.JPG


237A0217.JPG


<2017.9.18景 vol.4>へまだまだつづきます♡








//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


18.png



出展申し込みについて

続きを読む