product by 38_WORKS. collection



237A3334.JPG

big pulliover : Supima cotton typewriter 

237A3334-1.jpg

高級コットンと言われるスーピマコットンを
高密度に打ち込んだ生地は、
さらりと肌を滑る、夏にぴったりの生地。

ただ、とにかく縫いにくい手強い生地。



237A3337.JPG

軽やかな質感やハリを生かしたくて、
袋縫いで丁寧に縫製。

生地を纏うシンプルなプルオーバー。

237A3408.JPG


237A3375.JPG

風をたっぷり含んだワイドパンツも、
夏はすごく気持ちよいから、
自分用には何着かつくって、
夏はこればかり。


237A3379.JPG

237A3370.JPG

こちらもシンプルに、大人っぽく仕上げたかったので、
縫い目は表に出さずに、
袋縫いでサイドポケットをつけ、
アクセントに白のウエスト紐。
(白い紐を表に垂らして履くのが、自分の中で今ブームです。)

237A3378.JPG

同生地のプルオーバーと
セットアップにして着てみたり。


237A3396.JPG

237A3344.JPG

なめらかな質感。ほんのり上品な光沢。


237A3393.JPG

それにしても、仕上がった服を洗いにかけて、干してある風景を眺めると、
ほんとうに「私」がぎゅっと詰まった色と服ばかりで、
思わず笑えてくる。

凝った服はつくれないけれど、
「こうやって着たい」と、イメージと素材が合致した時、
手は夢中になって、うれしそうに動く。

237A3349.JPG

「風が吹いてくるタイミングで」訪れた
「等身大の表現」がちゃんと出来ているのだろうか。

237A3391.JPG

よくも悪くも私は私で、
それ以上にも以下にもなれない。


たくさん服が、安くて良質なものが溢れかえる中で、
私の「好き」がいっぱい詰まった服を
うれしそうに纏ってもらえること、
ほんとうにしあわせです。


237A3463.JPG

だから、せめて、
纏うひとのお守りみたいになれるように、
心を込めて、1着1着。


38_WORKS.

ーーー


丘託服.jpg

2018.6.20wed〜7/1sun
at SEWING TABLE COFFEE分室 SO Lei(枚方市星ヶ丘)
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html


product by 38_WORKS.服の展示会
「丘へ託す服」


summer item
- 服(受注製作/一部、一点もの)
- 繋いだ布
- 頭に巻くもの



丘の上の撮影会.jpg

6/24sun 、7/1sun  11:00~
38/W PHOTO.「丘の上の撮影会」撮影受付中!

◎両日とも2時以降には空きがあります。

※荒天時は撮影を断念することがあります
撮影は随時受付いたしますが、予約優先とさせていただきます。

予約フォーム.png



続きを読む

product by 38_WORKS. collection



237A3198.JPG

tapered pants / ink blue

237A0473.JPG

237A3188.JPG


237A3150.JPG

side slit OP / sand beige

237A3151.JPG

237A3156.JPG

展示中は、

6/20(水)
6/23(土)
6/24(日)丘の上の撮影会
6/27(水)
6/30(土)13:00〜15:00 sharework「裂き編みブレスレットのじかん」
7/1(日)丘の上の撮影会

は、在店予定です。


237A3154.JPG

ほんとうは展示会期間中、丘へ毎日通いたいのですが、
息子の学校行事や別の仕事があったりして、不在の曜日があります。

在店できない木曜日、金曜日は、
SEWING TABLE COFFEE店主・タマイさんが、
私の代わりに受注を聞いてくださいますよー。


237A1589.JPG

緊張もしてきたけれど、
それよりも丘に通えることが、
楽しみで。しあわせで。




38_WORKS.

ーーー


丘託服.jpg

2018.6.20wed〜7/1sun
at SEWING TABLE COFFEE分室 SO Lei(枚方市星ヶ丘)
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html


product by 38_WORKS.服の展示会
「丘へ託す服」


summer item
- 服(受注製作/一部、一点もの)
- 繋いだ布
- 頭に巻くもの



丘の上の撮影会.jpg

6/24sun 、7/1sun 
38/W PHOTO.「丘の上の撮影会」

※荒天時は撮影を断念することがあります
撮影は随時受付いたしますが、予約優先とさせていただきます。


_MG_8852.JPG


撮影のご予約も少しずついただき、
ドキドキ、、ありがとうございます。

撮影しているときの旦那は、
普段見せる顔とまた違った顔。とにかく楽しそう。



<予約まだまだ受付中!>
メール / miyaiworks@gmail.com もしくは、
HP内<予約フォーム>からお気軽に。
posted by miyai-works. at 10:04大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.

雨を楽しむワークショップ、受付はじめます!






<38_Field.よりお知らせ>


先日、ちらりとお伝えしていた"ヒラメキのタネ"さんによる
「雨を楽しむワークショップ at 38_Field.」の参加者を募集いたします!



雨のワーク告知3.jpg



【申し込み方法】
38_WORKS.(ミヤイワークス)にて
productbymiyaiworks@gmail.comへ下記についてお知らせくださいませ。
※ヒラメキのタネさん(hiramekinotane.works@gmail.comでも受付していますので、
どちらでも、ご都合の良い方で!)

1.参加される方のお名前・ふりがな(お子さまの場合は年齢も)
2.ご連絡先(当日連絡のできる電話番号 / メールアドレス)
3.当日の交通手段(公共機関 / 車)


定員に達し次第、締め切らせていただきます。
お問い合わせ : 38_WORKS. / 072-921-2663


237A4896.JPG

史跡「通法寺跡」すぐそばにある、
私たちの小屋「38_Field.」

まわりにあるぶどう畑では、
名産のデラウェアがたわわに実をつけ、
そろそろ出荷も始まる頃。


237A4950.JPG

自然が感じられるこの場所で、
じっくりと一人ひとりの感覚に向き合い、
心ゆくまで楽しむワークをしてみたい。

そんなふうにずっと前から言ってくださっていた
ヒラメキのタネ・eriさんのワークショップが、
38_Field.にてようやく実現することとなりました。

「ただ、つくる」だけではない、
いろんな感覚にさりげなく働きかけ、
夢中になって、大人もこどもも手を動かしちゃう。

そんなしかけや心配りが行き届いた、
センス良いヒラメキのタネさんのワークの発想に、
いつもワクワク。


小屋からどんなタネが芽吹き、
森へと育っていくのだろう。




237A4951.JPG


資材置き場をコツコツ改装した小屋の屋根はトタン板。
雨が降ると、ダイレクトに響く雨音。

いつもの雨が近く近く感じる場所。
トトロの傘に雨粒がバサバサ〜っと落ちて、
うれしそうにしている、あの場面を思い出す。

237A3247.JPG

これは、

237A3243.JPG

トトロが夜中にやってきて、庭に埋めたどんぐりの芽を

237A3244.JPG
メイやサツキたちといっしょに伸ばすシーンを
再現しているらしい。




梅雨の季節。雨が降っていたらラッキー!で。
雨の音、色、かたち、ことば。
つなげて、並べて、飾って、遊びましょう!



237A3710-thumbnail2.JPG

講師 / ヒラメキのタネ・eriさん


「こどもとおとなのCREATIVE MINDを育むタネまきを。」
をコンセプトに、ひとりひとりの感覚を大切にした
オリジナルのワークを考え、場をつくる活動を行なっています。

こども色彩教育アドバイザー資格取得。




237A2774.JPG


ご参加お待ちしております!


38_Field.
大阪府羽曳野市通法寺




ーーー

こちらもご予約少しずついただき、うれしい、、
ありがとうございます!

引き続き、受付していますので、どうぞよろしくお願いいたします。


丘の上の撮影会.jpg

share work.jpg
posted by miyai-works. at 10:39大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.