38_Field.renovation vol.3





237A8285.JPG

先日、大工さんにお願いしていた、
小屋の改装が無事終わりました。

237A8221.JPG

正方形にくり抜いた壁には、


237A8281.JPG

窓がつき、

237A8258.JPG

(ロフト下から見た風景)

237A8197.JPG

裏の扉横の壁は、
(before)

237A8257.JPG

こんなふうに。
(after)

大工さんがつくって持ってきた窓は、
ぴったり壁に収まり、さっすがー!

237A8232.JPG

これでより一層、外の風景と
小屋の中が一体化したような、

237A8283.JPG

抜けの良い空間に変わり、

237A8277.JPG

旦那と「いいねぇ。」
と何度も言い合う。

それにしても、近頃は
ケンカしたかと思えば、笑い合ったり、
なんだかとても忙しい私たち。

237A8207.JPG

隣の小さな森では、
すだちが今年もたくさん。

237A8203.JPG

たくさん収穫したので、
ずっとつくってみたいと思ってた
<酵素ジュース>をつくってみようと思います。

あとはすだちシロップやぽん酢に、、



◎ほんとうにたくさん実っているので、
 もし、ご入用の方がいましたら、気軽にお声がけください。

 私と会う予定のある方には、今ならもれなく
 <すだち>が付いてきますよ。

アトリエ景





237A0419.JPG

「38_Field.」のすぐ近く。
服を製作しているアトリエで、
初夏に行ったSO Lei「丘へ託す服」での
受注分の製作がまだまだ続く。

237A8251.JPG

季節は刻々と移り変わり、
ただひたすら焦ってしまうけれど、

237A8244.JPG

傍らには、玉井さんが繋いでくれた
貝殻があって、

237A8249.JPG

美しい光がある。

また時が来たら、
ひらきたいと願う服の展示会の空間へ
思いを馳せながら、

237A8246.JPG

同じ生地ごとに製作し、
縫い上がったら、洗いにかけて、
梱包、発送。をひたすら繰り返す。

あの人、この人、、
服をオーダーしてくださった、
いろんな方のお顔を思い浮かべ、話しかけたり、
お渡しが遅くなってしまっている言い訳したりしながらも、、

237A8241.JPG

限られた時間の中、
めいっぱい服をつくることができる今を
とても幸せに思います。

237A8254.JPG

先日、ようやくお届けできたpajamas coat。

慣例や惰性で、
世界に生み出される服はこんなにも膨大で、
そのことに思いはいつも揺らぐけれど、

お届けできる分を心を込めておつくりする。
自分がその道を信じて行けばよいのだな。

も、もう少しだけ待っていてください。
(という時間に製作したいのだけど、今日はつむぎ発熱で在宅。)

122.png

<道明寺天満宮手づくりの市>

次回2018.12.2(日)開催の出展申し込みの受付は、
10/15(月)〜21(日)の期間で行います。

詳細は「出展募集について」ページをご覧ください。




ヒンメリと秋の時間.jpg

<38_Field.>


WORKSHOP
ヒンメリと秋の時間
2018.11.13(火)
時間 /
10:00〜12:30(午前の部)
13:30〜16:00(午後の部)

場所 / 38_FIeld.
参加費 / 2500円(おやつと飲みものつき)
持ちもの / ハサミ
定員 / 各8名ずつ

k-ship店主・丹羽さんをお招きし、
ヒンメリづくりを教わった後は、
hummingbirdさんの秋のおやつをいただきましょう。

ーー

ただいま、参加者募集中です!

ーーー


申し込みなど、詳細はこちらのページをどうぞご覧ください。
posted by miyai-works. at 14:21大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.

2018.11.13(火)ヒンメリと秋の時間


237A7707.JPG

麦わらをつないで作る、
フィンランドの伝統工芸《ヒンメリ》

大きいのをつくってみたいなー。
小屋に映えるだろうなー。と
いつかつくってみたいとずっと思っていたヒンメリ。

服の展示会を行わない今年は、秋の小屋にて、
k-ship店主・丹羽さんに《ヒンメリのワークショップ》を
開いてもらえることとなりました。


237A7704.JPG

基本となる正八面体(右)を1つ。
まずはつくってみましょう。
(ご希望の方には、少し応用した雫型のヒンメリ(左)に変更も可能)

237A7383.JPG

使うのは、三重県の小麦農家さんから
譲り受けたという小麦(ストロー)

ヒンメリに使えるよう、
わざわざ手刈りしてくださったものなんだとか。

237A7788.JPG

出来上がったら、外の森で、
植物を採取して、

237A7745.JPG

こんなふうに飾ってみたり、

237A2343.JPG

細く裂いた布を結んでも素敵なんだとか。
(38_WORKS.より服を製作した残り生地を
 いろいろお持ちします!)


237A8206.JPG

精霊が宿り、幸せを呼ぶ力があると信じられていたという
藁を使って、家族みんなで翌年の豊穣を祈り、
つくられていたという《ヒンメリ》

237A7885 2.JPG

時間があれば、
みんなで大きなヒンメリをつないで
つくってみましょう。

237A7717.JPG

美しい影と、
美しい手仕事を。



IMG_6570.JPG

ヒンメリをつくり終えたら、humming birdさんの
特製《秋のタルト》をいただくおやつの時間。

IMG_6605-1.jpg

つくってくださった秋のタルト。

私の大好きなさつまいもとりんごが詰まった、
このタルトはこの時の展示会のためだけにつくられたという、
私にとってスペッシャルなお菓子で、

それ以降、秋になると、
個人的にホールでオーダーするくらい大好きなお菓子。

みなさんにもぜひ召し上がってもらえたら。と
今回、またもや特別につくってもらえることとなりました。







ヒンメリと秋の時間.jpg



ヒンメリと秋の時間
2018.11.13(火)
時間 /
10:00〜12:30(午前の部)
13:30〜16:00(午後の部)

場所 / 38_FIeld.
参加費 / 2500円(おやつと飲みものつき)
持ちもの / ハサミ
定員 / 各8名ずつ


ーー

【申し込み方法】
38_WORKS.(ミヤイワークス)にて
productbymiyaiworks@gmail.com
下記についてお知らせくださいませ。


1. 参加される方のお名前・ふりがな
2. ご連絡先(当日連絡のできる電話番号 / メールアドレス)
3. ご希望の部(午前 / 午後)


定員に達し次第、締め切らせていただきますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ : 38_WORKS. / 072-921-2663


詳細はこちらのページもどうぞご覧ください。
posted by miyai-works. at 10:25大阪 ☁Comment(0)38_WORKS.