kaon




<2017.9.18出展者のみなさまご紹介>




IMG_3380.jpeg

ーーー

kaon

ーーー

綿を紡ぎ、植物から色をいただいて染め、
織り上げて作品をつくっている「kaon」さん。

IMG_3300.jpeg

美しい山と池の景色を見ながら、
糸車で紡ぎ出す糸。

すらっと長いkaonさんの指から、
(私のゴツゴツした指とは大違い!)
まるで魔法のように。


IMG_3362.jpeg

裏の畑で育てる藍や小鮒草、栗の木、梅の木など、
植物のエネルギーが満ちる時の色を
感謝の気持ちでいただく。


「私にとって糸を紡ぐことも、染めることも、布を織り上げることも、
 仕事であって、仕事でないというか、、、生きることの一部であって、
 ただただ、向き合って大切にしたいものなだけかもしれません。」



心地よい”風の流れ”

人と人との関わりだったり、
その場の空気の流れだったり、
日々の営みだったり。

巡っていくこと。
つないでいくこと。


心地よい風をそっと含んだ色を
あのkaonさんのすらっと長く、美しい指から。

両手で受け取るように。




237A9842.JPG

ご自身の活動を発信している媒体は持っていないというkaonさんが、
どんな風景から創作が生まれるんだろう、、と
気になって、気になって。

そんな人は私だけではないはず!と
「TEDUKURI NO BOOK 」を製作する機会があれば、
ぜひ取材させていただこう。と思っていました。

出展者さんの工房にお邪魔できるのは、
主催している私たちのうれしい特権だと思って、
突撃させてもらうことも多々あります。

良いタイミングで話が舞い込んできたクラウドファンディング(READY FOR)を利用して、
製作、完成した「TEDUKURI NO BOOK vol.1」

237A9889.JPG

私たちが覗かせてもらった美しい風景やゆたかな物語。
独り占めするのはもったいなくって、
拙くても怖がらず、誰かに伝えたいと思った。


小さな市を愛してくださる方へ届くような気がして。



kaonさんがつくってくれた、まんまるおにぎり。
編んだ草や植物。糸車、織り機。
畑の風景、リビングからの圧倒的な景色。


よかったら、ぜひぜひ覗いてみてくださいね!





TEDUKURI NO BOOK vol.1

(contents)

message of TEDUKURI NO ICHI
手づくりの市へようこそ

STORY of_kaon
(兵庫県加古川市)

STORY of_木の匙 金城貴史
(岐阜県中津川市)

宮井家の匙風景

"a dining table TEkaraTE"
1day open at 38_Field.
special thanks / うつわ うたたね

TEDUKURI NO snap

市で出会ったもの / snap 山際厚子さん

TEDUKURI NO STAFF vol.1 瀬戸さぎりさん
手づくりの市とわたし / 手づくりの市で出会ったもの

道明寺天満宮手づくりの市

 special thanks -[ TEDUKURI NO BOOK project ]


創刊号特別付録
<出展者さんに聞いた TEDUKURI NO ICHI
(初回版のみ)

---------


[TEDUKURI NO BOOK vol.1]

2016.9/19創刊

A5サイズ 
本文38P+表紙4P フルカラー

ホッチキス製本

販売価格 ¥900(tax in)




◎インフォメーションブースにて販売◎







2017.9.18DM.jpg


以上、43組の出展者さんといっしょに
9月の市をひらきます。

天候状況により、
出展品や内容を変更、縮小される出展者さんもおられることかと思います。

開催できた時には、みなさまに楽しんでいただけますよう、
最善を尽くしてくださることと思いますので、
どうぞ温かく見守りください。



2017.9.18(月・祝)
道明寺天満宮手づくりの市

10:00〜2:00


◎警報が発令された場合は中止とさせていただきます。
◎小雨決行。としていますが、
 以前、雨天時に開催した際、通路が狭いこともあって、
 傘をさした方の往来がとても危険だと感じたことから、
 雨が継続して降るという予想の場合は、中止の判断をする可能性が高いです。

◎当日の朝6時時点の天気予想を見て、最終的な開催の判断を行います。


ご来場の際は、開催について
HP/ブログにてご確認いただきますよう、
よろしくお願いいたします。


道明寺天満宮手づくりの市

土のうつわ 樹月窯 米粉のパンとお菓子 睦実 / shikafuco / ニコノパン



<2017.9.18出展者のみなさまご紹介>





IMG_5102.JPG

ーーー

土のうつわ 樹月窯
米粉のパンとお菓子 睦実

ーーー


滋賀県蒲生郡に築窯し、
土地の土から粘土をつくり、
間伐材から薪をこしらえ、
穴窯でうつわを焼く田中敬史さんと、

米粉のパンとお菓子 睦実」として
地元の米粉、玄米粉と白神こだま酵母や自家製酵母で、
パンやお菓子を焼く田中麻貴子さんご夫妻。

敬史さんは、
大学在学中に陶芸に出会い、卒業後、製陶所へ勤務。
経験を積んだ後「樹月窯」を築窯し独立。

IMG_1062.JPG

使えば使うほどに味わい深く育ってゆく、
薪窯ならではの土の味わいを大切に、
南蛮焼締や粉引、刷毛目で器を焼いています。

IMG_4460.JPG

一方、奥様の麻貴子さんは、生まれも育ちも奈良。
お米が捨てられているという現実を知り、
何かできないか、と会社勤めから一念発起し、
米粉のパンづくりを独学で始められたという。

そして、2009年。奈良県大和郡山市にて
お店「米粉のパンとお菓子 睦実」をオープン。

その後、ご結婚を機に滋賀県へ。
自宅工房で許可を取得し、米粉のパンとお菓子 睦実」を再開。

IMG_6093.JPG


夏の終わりにひらいた「TEDUKURI NO ごはん会」で
一足お先にいただいた、ころんとまあるいパンは、
とてももちもちとして、美味しくて感動!

麻貴子さん」なのに「睦実さん」??
と思わず真っ先に聞いてしまったところ、

「人も自然もあらゆるみんなが、
 仲睦まじく、実り豊かな暮らしへと歩み寄れるように」という思いを込めて、
お店を「睦実」と名付けられたとのことでしたー。



昨年、お子さんが誕生し、
日々の暮らしやものづくりをしてゆく先に、
自然に寄り添いながら、豊かな実りが生まれる営みを
未来へ受け渡してゆきたいという思いを
より強く持つようになったというお2人。


土と米粉。
大地から預かったものを
捏ねる、かたちにする、焼くという同じ作業。

生地の表情に目を向け、手を触れ、
熱の音に耳を済ませて生まれる、
2人の”かたち”を、
どうぞ受け取りにいらしてください。


私たちの市には初めてご出展くださいますよー。





土のうつわ 樹月窯
米粉のパンとお菓子 睦実





IMG_9458.JPG

ーーー

shikafuco

ーーー

土の装身具とオブジェを製作している「shikafuco」さん。


IMG_9470.JPG

「自分の経験してきた記憶と、
身体に流れる遺伝子の根源的な記憶が混ざり、
曖昧となったものを表現したい」と9月の市。

IMG_9425.JPG

手に取る人の記憶や感覚とそっと重なる時、
そこに広がる風景はどんな色なんだろう。


静かな気配。確かな存在。


IMG_9842.JPG

「風のように想いめぐること。
 素直にあること。」


紡ぎ出す言葉もshikafucoさんの表現の1つなんだと、
いつも思い伝えられる。



shikafuco







F6E227CC-49BD-4159-95D5-F0B417A65314.jpg

ーーー

ニコノパン

ーーー

大阪・堺市にある「ニコノパン」さん。
国産小麦と自家製酵母、
そして、季節のお野菜やお魚、くだものをつかって
元気なパンやお菓子をつくっています。

8A4A1AD3-D1BE-45C5-A527-5642C8063F79.jpg

夏には娘さんと
インド、ネパールを2人旅して来られたんだそう。
(いいな、いいなぁ。)

旅で見てきた風景や記憶が、
きっとパンになって、
並ぶかもしれませんね。

IMG_5977.JPG

一年中、何でも手に入るけれど、
旬のものを食べたり、季節の行事を
大切にしたい。というニコさん。

それはつくるパンも同じ。

パンを食べたひとに、
「この季節がやってきたなぁ」と感じてもらえるのが、
とってもうれしいことなんだそう。


秋をいっぱい感じてください。





ニコノパン

facebook:   

Instagram:




237A8591-1.jpg

気づくと天気のことばかりが気になって、
意識が違う世界へ行ってしまっているようで、
旦那に「おーい」と引き戻される。

何年経っても、何回経ても、この感覚。

18日には台風は通過していく。というふうな予報ですが、
まだわからないので、わかりません。

考えても仕方ないのだけど、
いろんな人の思いを思うと、
手が、思考が止まってしまう。

ので、小屋2で深呼吸。


◎警報が発令された場合は中止とさせていただきます。
◎小雨決行。としていますが、
 以前、雨天時に開催した際、通路が狭いこともあって、
 傘をさした方の往来がとても危険だと感じたことから、
 雨が継続して降るという予想の場合は、中止の判断をする可能性が高いです。

◎当日の朝6時時点の天気予想を見て、最終的な開催の判断を行います。


最善を尽くしたいと思います。


ご来場の際は、開催について
HP/ブログにてご確認いただきますよう、
よろしくお願いいたします。


2017.9.18DM.jpg


2017.9.18(月・祝)
道明寺天満宮手づくりの市

10:00〜2:00


9/18の市こと




紹介、お読みいただきありがとうございます。
あと少し、続きます!

MIMA.WOODWORKS / rpm / nanabagel



<2017.9.18出展者のみなさまご紹介>



mima.woodworks1.jpg


ーーー

MIMA.WOODWORKS

ーーー


匙やフォーク、木べらなど、
「食」にまつわる木の道具をこしらえる
MIMA.WOODWORKS」さん。




mima.woodworks2.jpg

「食べることが大好き!」だという
食いしん坊のMIMAがつくる、食べるための道具。


つくり手の気持ちが入りすぎるような造形ではなく、
できる限りシンプルに美しく、そして使いやすいものを。


使いやすさを最優先で考えられた面や線の集合体は、
おのずと美しく、シンプルな意匠になると思う。という
MIMA.WOODWORKSさん。


「製作する」ではなく、「こしらえる」という表現を使われる。
それがとてもいいなぁ。とずっと前から思ってた。





mima.woodworks3.jpg

定番の道具も、
毎年、少しでも使いやすくなるよう、
形を改良したり、素材を変えたりしながら、
コツコツ削り出す道具。


木を削る道具はもちろん、
日々の生活でつかう靴などの身の回りのものも、
手入れをしながら大切に使う。

そうすることで、自分の気持ちを整えたり、
襟を正すような気持ちになったり、
巡りめぐって、「よりよい道具づくり」につながると思っています。



私たちの市には約2年ぶりの出展となりますよー。



MIMA.WOODWORKS





IMGP9363_R.JPG

ーーー

rpm

ーーー


白釉や結晶、マット釉などをつかって、
食器や花器、酒器、高杯、豆皿などの陶磁器を製作している
「rpm」さん。



IMGP0294-2_R.jpg

この土は、この釉薬は、この形は。
適材適所を心掛け、
シンプルなものでも組み合わせを楽しんで。

IMGP0041_R.jpg

世の中には、
使いやすくて、安くて、丈夫な
モノは山ほどある。

その中で、面白いものや、
身体や心に合うサイズ感だったり、
共感だったり、

「物」を超えた「モノ」を、
まずは自分を喜ばせながらつくりたい。とrpmさん。




MIMAさんの考えも、rpmさんの考えも、
共に同じ市にあるのが面白い。

「モノは、モノづくりはこうあるべき」という意識ほど、
窮屈なものはないから、


それぞれの信念(もっとふわっとした思いでも)を持ちながら、
理解を超えた創作を心地よく楽しめばいい。


食べるための道具と、
感覚を揺らす器で。



rpm






1.JPG

ーーー

nana bagel

ーーー


三重県伊賀市にて、工房を構える「nana bagel」さん。
国産小麦と自家製酵母を使って、
低温でじっくり発酵させて焼き上げるベーグルは、
小麦の甘みがじんわり美味しい。

工房の隣にある畑で育てている、
たくさんの果樹や野菜の恵みを
ベーグルに練りこんで。


2.JPG

ガツン!としたジャンキー美味しさじゃなくて、
じんわり美味しいnanaさんのベーグル。

噛み応えのあるベーグルは、
咀嚼するたびにじんわり心が満たされる。

「じんわり」がピッタリ!のnanaさんのベーグル。
(さて、何回言ったでしょう?)


また食べたい!ではなく、
また食べたい、、、


まぁるく満たされていく深い余韻。
(このニュアンスが伝わりますように。)




nana bagel





237A8626.JPG

天満宮前の道。



な、なんとか、開催日には、
台風通り過ぎるでしょうか、、?

とにかく、台風による甚大な被害が出ないよう、
祈ります。


開催は小雨決行ですが、
開催時間中に雨が強まると判断した場合は、
中止とさせていただく可能性があります。

また、台風により警報が発令された場合も中止とさせていただきます。

(屋内開催は混雑により施設に多大なご迷惑をお掛けしてしまうことから、

 現在、振替を見送っています。)



開催につきましては、

当日の朝、HP/ブログにてご案内いたしますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

(遠方の出展者さんには個別に連絡対応致します。)




2017.9.18DM.jpg


2017.9.18(月・祝)
道明寺天満宮手づくりの市

10:00〜2:00



9/18の市こと

”にしぐちひろこさんの人形劇”についてUPしましたー。
(後日、こちらでもご紹介しますね。)



ーーーーーーーーー



next  2017.12.3(日)
出展申し込み受付は9.25(月)〜10/1(日)の期間で行います。

詳細はHPをご覧下さいませ。