ba-chan craft.



237A6983.JPG

菅(すげ)で編んでもらった座布団。

237A6986.JPG

実は私のばあちゃんが編んだもの。

江戸時代から続くという、
菅笠づくりの全国シェアを90%以上誇る
富山県の町で暮らすばあちゃん。

237A8988.JPG

国の無形民俗文化財の指定を受けた
「越中福岡の菅笠製作技術」の職人で、
たびたび新聞やローカル番組に登場している、御年82歳。

237A8945.JPG

もちろん、畑作業の時は、
菅笠を被る。

237A7001.JPG

その菅笠製作の技術を使ってつくってもらった
座布団にぴったりのイスを。と

237A6976.JPG

いつものごとく、
旦那に落書きみたいなイメージ図を渡し、
製作を依頼。

(具体的な寸法や組み立て方をちゃーんと考えてくれました。)


237A6996.JPG

コーナンで木材を切り出してもらい、
ちゃちゃーっと完成!

と言いたいところだが、
思いの外、手こずりながら、
(私も焼き芋の番をしながら、時々は手伝いましたよ。)

237A6997.JPG

ばあちゃんの座布団がぴったり!な、
シンプルなイスが出来上がりました。

この後、ヤスリがけして、
ペイントする予定。

237A7003.JPG

職人の高齢化、
材料を採取する人の廃業。

どの地場産業も直面している課題の渦中にある
菅笠製作の技術。

237A7002.JPG

孫の私が引き継ぐことも、
現実的に不可能だけども、、

(原料の栽培から笠縫いの技術、仕上げ、出荷までの全行程が、
 この地域に集約されている点に文化財的価値が認められたというのだから。)

237A7008.JPG

せめて、遠く離れた
家族の姿を記憶するこの小屋で、


237A7005.JPG

私の大切な人たちがつくった、
とっておきのイスの記憶も
片隅に残せたら。



◎ばあちゃんの菅笠製作技術にご興味持ってくださる方は、
 ぜひミヤイまで。

 野球帽だってつくれるんですよー。




ーーーー



321.png


3/21(水・祝)開催の
「道明寺天満宮手づくりの市」への出展申し込みの受付は、
1/21(日)をもちまして、終了させていただきました。


いつもは最終日に駆け込み申し込みが多いのだけど、
今回は最初からどどーっと。
しかも、いろんな都道府県からで、
出展場所、出展者さんの自由度がぐーんと増したことを、
「道明寺天満宮手づくりの市」の年月の重なりを、
ひしひしと感じました。





大切につくるものを
この場所へ託してもらえる気持ちに、
精一杯の感謝と敬意を持って、
今月中には出展者の方を決めたいと思います。

申し込みいただいたメールには全て返信いたしましたが、
もし、届いておられない方がいましたら、
お手数お掛けしますが、再度メールくださいますよう、
よろしくお願いいたします。


snap | 115


2018年。


その日のスタイルを旦那が撮影するという、
ルーティンワークをお昼ごはんの後にスタジオで行うことに決める。


360°から見る服のシルエット。
新しい着想が得られるかもしれない。


自分がおしゃれかどうかは知らないけれど、
単純に服が好き!
いろんな人のスタイルを見るのが好き!
それを分析するのも好き!
もちろん、つくるのも好き!


いつか、小屋で「おしゃれミーティング」もひらいてみたいなぁ。



//////

snap | 115

237A6546.JPG

Hat   CAYHANE
Knit   H&M
Pants  journal standard luxe

237A6544.JPG



帽子はちょくちょく覗くアジア雑貨屋さんにて。
シルエットが好きで、このチャーコールグレーのほか、
ベージュも購入し、どちらもよく被っている。

つばの部分に、
チロリアンテープが挟み込んであったが、丁寧に除去。


色は、真っ白じゃなくて、ミルキーな白。
太めのリブで、サイズに少しゆとりがあるもの。
ドロップショルダー。

パンツに少し引っ掛けて着たいので、
サイドスリットがあって、後ろ見頃が長めの前後差があるもの。

そうイメージして、
あちらこちら探していたタートルネックのニットは、
H&Mのセールで発見!

試着してみて、Sサイズを購入。



グレーのコットンパンツは、
久しぶりに訪れたjournal standard luxeにて。

この形は自分でも製作しているけれど、
コットン生地は展開していないし、
何より、久しぶりの服のショッピングで、
店員さんとのやりとりが楽しくて、
こちらは試着の結果、Mサイズを購入。




旦那の服もよく着る。
靴も共有。


性別やサイズ、ブランド。自分でつくったもの、既製品。
決めつけず、軽やかに行き来しながら、
服を着る歓びに浸りたい。


今年は私の自己満足に少しお付き合いください(笑)

3.21.jpg

今回もたくさんのお申し込みを頂戴し、ありがとうございます。
すごいなぁ、と感銘を受けたり、新たな視点を得られたり、
時には大爆笑しながら、1通1通大切に読ませていただいています。

会話させていただく気持ちに近いかなぁ。

今年で10年を迎える市は、
こうして私たちの思いに応えてくださる方がいてこそ、
形づくられてきたものなんだな。と、
これからもますます楽しみ、深めていきたい気持ちでいっぱいです。

出展申し込みは1/21(日)まで。
ギリギリでも全然OKですよー。



道明寺天満宮手づくりの市

posted by miyai-works. at 09:07大阪 ☀Comment(0)38_WORKS.

出展申し込みの受付、はじまりました!



237A2269.JPG

先日の寒空の下、小屋の屋根を塗り直す。
今年は私も参戦。

237A3946.JPG

高いところは苦手だから、最初は恐ろしかったのだけど、
塗っていくうちに、夢中になって、
空がほんの少し近づいて、自由な気持ちになる。

237A6956.JPG

その間、ピザ窯では、
子どもたちがせっせと落ち葉を運んで、
焼き芋づくり。

立ち上る煙が直撃で、屋根から落っこちそうになる。

237A6977.JPG

その甲斐もあってか(!?)
「この芋さえあれば、何もいらない」と
本気で思うほど、美味しい焼き芋が出来上がりました。

237A3954.JPG

大きなスズメバチの巣も2つ、無事除去。
(これは、はるとがつくった巣箱)


梅の蕾が小さく膨らみ、
水仙はもうすぐ咲きそうだ。



3.21.jpg

1/15(月)より、
出展申し込みの受付を開始いたしました。

いつもドキドキして迎える初日。
ちゃんと申し込みがきていて、ホッと。

「自分はこう思っている」と外に発信することが好きで、
言葉を紡いできたけれど、誰でも発信できるこのご時世、
少し距離を置きたくなったのは、
やはり天邪鬼だから!?

自分の内に意識を深め、
穏やかで在りたいと今年は特に思うのは、
どういう心からだろうか。と年始からじっくり考えていた。

”好きなことしかしない”

いつも繋がっている、という状況から解き放たれながら、
還る場所のひとつ=市へと還っていく。

私を強く、自由にしてくれるもの。




続きを読む