何故、ヘアドネーションをしようと思ったのですか?


237A8752.JPG

5年間伸ばしていた髪を

237A8753.JPG

とうとう切りました。
バッサリ35cm。

237A8755.JPG

そして、こちらもいつか参加してみたい!と思っていた
「ヘアドネーション」

ヘアドネーションを扱う団体はいくつかありましたが、
事務局が大阪にあるJHD&C(ジャーダック)へ、
カットした髪を送付しました。




JHD&C(Japan Hair Donation & Charity)

脱毛症や小児ガンなどの治療等によって、
「頭髪に悩みを抱える」18歳以下の子どもたちに
メディカル・ウィッグを製作し、無償提供しているNPO法人





237A5940.JPG

「ヘアドネーション」という存在を知ったのは、
根本きこさんがばっさり髪を切ったのを見て、

「へぇ〜、そんなんあるんやー」と思ったのが最初。



237A8766.JPG

つむぎを出産するタイミングで、
髪の毛をばっさり切っていたので、

これからは伸ばしたかったし、
どうせ伸ばすんだったら、ドネーションできる31cm以上まで伸ばして、
またばっさり切ろうと思っていただけで、


ただ、それだけ。


237A9333.JPG

やっとやっと、髪が伸びて(めっちゃ伸びるのが遅いタイプ)
いつ切ろうかな、、!?とずっとタイミングを見つつも、
人生史上一番のロングヘアーもすごく好きだったし、
なかなか思い切れないままで、


初めて出会い、訪れた、
ならまちの美容室で、とうとうバッサリ。


「物事には出会いとタイミングが、
 やっぱりあるんだなぁ。」と改めて感じつつ、



毎日毎日、慈しんできた自分の髪が、
本来捨てられるところ、
誰かのお役に立てるなんて、ありがたくてうれしい。


237A8774.JPG


誰が髪を切ろうが関心がなかったり、
実は大した意味がなかったり、
きっと自分が思うほど、周りが気にしていないことを
重々理解しつつも、

237A8784.JPG


途端に軽やかになった頭は、
想像以上に爽快で、
大袈裟じゃなく、生まれ変わったような気持ちになれて。


237A8785.JPG
(お世辞でも”似合ってる”と言われるとうれしいもんです。)


「髪で人生が変わる」という内容の本を読んだ私は、
その内容を身を以て実感したのでした。


BOOK
「なりたい自分は髪でつくる」著・UMiTOS 砂原由弥



237A7754.JPG

着ていた服も、つくる服も
また、新たなバランスを模索しながら、
あたらしい気持ちで向き合えるよろこび。

237A8407.JPG

見慣れた風景を、こうやって時々かき混ぜながら、
あたらしい風を吹き込み、
変わらないものへの思いも改めて確かめ合う。


237A8416.JPG

ありふれた日常の中に、
うつくしいひかりを見出すように、

237A8449.JPG

季節の色に出会うように。



---


929.jpg

いよいよ来週より、、
たくさんのご応募お待ちしておりまーす!


==

道明寺天満宮手づくりの市

==

次回は2019.9.29(日)開催となります。


大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
主催 / 38_WORKS.

==

出展申し込み受付

==

19.7.15(月)〜21(日)の期間で受付いたします。
詳細は、HP内「出展募集について」をご覧ください。





てづくりくん.png


【球美(くみ)の里】より御礼のお手紙が届きました!



道明寺天満宮手づくりの市にて、
2011年3月以降、設置を続けている「東日本大震災義援金箱」

先日、電子キーボードや使い捨て手袋などの備品の寄贈に対し、
御礼のお手紙が届きました!


237A8397.JPG

237A8399.JPG


いつもご支援いただき誠にありがとうございます。
またこの度は沢山の備品や楽器等を寄贈いただき
心より感謝申し上げます。

使い捨て手袋はおむつ交換、食事の配膳等
毎日使い、消耗が早く、一番必要としておりました。
大変助かりました。

電子キーボードもピラミッド内で活用し、
お別れ会で雨が降った時は、
ピラミッドから本館まで運ぶ作業が重労働でした。
これからは雨天に運ぶ事なく済みます。
本当にありがたいです。

現在は106次母子保養を実施しております。
お母さんも子どもも皆「帰りたくない。楽しい」を連呼してます。
とても楽しまれたようでホッとしています。

明日は福島へ帰る日です。台風が近づいて心配ですが、、
来た時よりも良い表情になってくれるのが嬉しいです。

どうぞこれからもこの笑顔の応援、
福島の子どもたちのサポートをよろしくお願い申し上げます。

この度は球美の里へのご寄付を本当にありがとうございました。



【沖縄・球美(くみ)の里】

認定NPO法人沖縄・球美の里は、
国内で唯一通年利用できる、沖縄県久米島にある
福島の子どものための保養施設です。

子どもたちはここで約10日間、ゆたかな自然の中で思いっきり遊び、
たくさん笑って、島のお母さんの手づくりごはんを食べて過ごします。


HP
Facebook






237A2351.JPG


2019 5/26 東日本大震災 義援金箱ご報告

 

237A3483.JPG

ご縁があって、私たちは【沖縄・球美(くみ)の里】の活動に
心を寄せつづけていますが、

自分の子どもだけでなく、すべての子どもたちの生を
血の繋がりだけではなく、もっともっと大きな輪で見守りたい。
見守っていてほしい。という、切実な願いからかもしれません。


できることはほんのささやかなことでも、
私たちが市で受け取ったよろこびを集めて、
誰かへと届けたいと思います。



929.jpg


==

道明寺天満宮手づくりの市

==

次回は2019.9.29(日)開催となります。


大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
主催 / 38_WORKS.

==

出展申し込み受付

==

19.7.15(月)〜21(日)の期間で受付いたします。
詳細は、HP内「出展募集について」をご覧ください。





てづくりくん.png

来週より、ご応募お待ちしておりまーす!

箱のお話



237A7199.JPG

写真台紙を発送するために、
奈良の箱屋さんに製作してもらっている
38/W PHOTO.のオリジナルBOX。

今まで使っていた奉書紙の取り扱いがなくなるとのことで、

237A9661.JPG
(リニューアル前の服の箱 / ホチキス留め)

服の箱と合わせて、紙を変更することに。


たくさんの紙見本から、38/W PHOTO.は
さりげない凹凸のあるタント紙で、
グレーとベージュを混ぜ合わせたような、
ニュアンスのある色を選んでみました。


ドキドキしながら、
出来上がりを待っていた箱が先日到着。


237A8355.JPG
(新しいPHOTOの箱 / タント紙 / 貼り箱 / 白箔押し)

いろんな印刷を試してみたくて、
ロゴは半分を白箔押し。もう半分を空押しで仕上げてもらいましたが、
どちらも良い感じで、うれしくて。


前の真っ白の箱も好きだったけれど、
少し色がある方が、汚れも気になりにくく、
お客さまも扱いやすくなるかなぁ。と。


237A8372.JPG
(はるとがつくったパパ折り紙とつむぎが初めて書いた自分の名前)

PHOTOの箱は、ホチキス留めの簡易な仕様ではなく、
職人さんに手作業で紙を貼り合わせてもらい、
貼り箱(化粧箱)に仕上げてもらっていますので、

237A2201.JPG

お子さんが描いた絵や工作したものや、
お子さんに向けてのメッセージだったり、
家族の思い出のものなども、
台紙といっしょに保管してもらうのにも、ぜひ!

237A8377.JPG
(月齢とともに変化していく絵を、写真といっしょに残すのも素敵ですね◎)

年月を経て開けた時に、
タイムカプセルのようなうれしさも味わってもらえるといいなぁ。

237A8064.JPG
(2面貼り写真台紙 / リトアニアリネン)

思いを込めた1つ1つが、
手にしてくださった方の歓びへと繋がっていきますように。


初夏.jpg

---

38_WORKS.PHOTO
初夏の撮影ご予約受付しています!

---


平日の撮影 / 出張撮影も承っておりますので、
お気軽にご相談くださいね。

予約フォーム.png

撮影のご予約は、
・miyaiworks@gmail.com
・072-921-2663



posted by miyai-works. at 09:16大阪 🌁Comment(0)38_WORKS.