2018.9.30 MAP



<2018.9.30 MAP>




2018.9.30マップ.jpg


小さくて見づらいかもしれませんが、、
当日の会場MAPです。
(誤字脱字を発見された方はミヤイまでお知らせ下さいませ。)


天候や設営の状況によって、当日急遽変更が生じる場合がありますこと、
あらかじめご了承くださいませ。


<お知らせ>
出展予定だった「Bolero」さんが、事情により
出展できなくなりました。


ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2018.9.30(日)
10:00〜2:00

小雨決行 / 雨天中止

当日の朝6:00に判断し、HP/ブログにて

発表いたします。

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分
※この日はだんじりの試験曳きに伴い、
 道明寺天満宮周辺道路では車の交通規制があります。
 今回は大変ご不便おかけしますが、、お車のご来場はご遠慮ください。


2018.9.30の市のこと





.今日は#カタシモワイナリーさんへ葡萄ジュースを取りに行く。.瓶詰め作業で忙しそうだ。搾ってすぐに作業しないと、次の日には味が変わってしまうという。.ひと粒ひと粒、恵みのジュースを無事お届けできたらうれしいなぁ。.enjoy!!〈TEDUKURI NO DRINK STAND〉from カタシモワイナリー/葡萄ジュース.#道明寺天満宮手づくりの市(大阪府藤井寺市).2018.9/30(日)10時~2時小雨決行/雨天中止..ブログhttp://miyai-works.seesaa.net..#38_works#38_worksphoto#drinkstand


.enjoy!!〈TEDUKURI NO DRINK STAND〉from 無茶々園 / 柑橘ジュース@muchachaen.#道明寺天満宮手づくりの市(大阪府藤井寺市).2018.9/30(日)10時~2時小雨決行/雨天中止..ブログhttp://miyai-works.seesaa.net..#38_works#38_worksphoto#drinkstand#無茶々園

instagramと連動できる機能が
ブログに追加されていたので、早速。
(写真をクリックするとinstagramへ)

いろんな発信方法が多種多様になってきましたね。
今ひとつ、ついていけてませんが、、
振り回されることのないよう、取捨選択していけたらいいな。と思います。

monoton / 手網自家焙煎o-coffee



<2018.9.30出展者のみなさまご紹介>





DSC_9041.jpg

ーーー

初登場
monoton

ーーー

イタリア・スペイン・ドイツ、、、
長く海外で生活していたという植田夫妻。

身体いっぱいに吸い込んだヨーロッパの空気を
「陶」という素材で形にしていきたい。と
帰国後、「monoton ceramic labo」を設立。


日々の生活に寄り添い、使い込まれて、
静かに馴染み、そして溶け込んでゆくという
「陶」という素材。

生活の道具だけに留まらない、
人の暮らしの中に息づく様々な「陶」のかたち。

蚤の市やアンティークショップで
見て触れた古い陶器が纏う匂いや、
街の風景など、記憶をたどりながら、
1つ1つ制作しています。


36602622_274813193096082_4816490606224211968_n.jpg

「白」に宿る、静かな可能性。



monotonとして活動を始めてから、
個展や企画展の機会に多く恵まれ、
屋外のイベントにはほとんど出展したことがなかったんだそう。

それが、先日、出展してみると
個展とはまた違う楽しさがあったようで、
以前から存在は知ってくださっていたという
私たちの市に今回初めて出展してくださることとなりました。

天候にハラハラすることも含めて、、
楽しんでいただけますように。





monoton






36222607_1762448353845961_5953540501570322432_o.jpg

ーーー

手網自家焙煎o-coffee

ーーー

手網自家焙煎という方法でコーヒー豆を煎り、
イベントや通販で、豆の販売やドリップコーヒーを提供している
「o-coffee」大形ファミリー。

コーヒーを淹れるだけでなく、
年に数回、タイのオーガニック農園へ出向き、
農園の方とともにコーヒーの実の収穫、精製にも
携わっています。


30127353_1670723479685116_1985070168371363840_o.jpg

1杯のコーヒーから感じ取ってもらえるものがあるように。

店づくりやコーヒーの豆選び、
農産物であるコーヒーの産地の栽培方法から、
どのように火を使い、焙煎するのが良いのか、という
1杯のコーヒーに辿り着くまでの道のりに
共通する思考を廻らせ、届けたいというo-coffeeさん。


この季節 ホットコーヒーかな?アイスコーヒーかな?と迷われる方も多いです…
そんな時には 身体に素直に問いかけると、
その時にぴったりの答えが返ってきます!

どちらを選んで頂いても最高の一杯をお出しいたします◎



手網自家焙煎o-coffee
www.o-coffee.jp
https://www.facebook.com/ocoffee2012/




2018.9.30DM.jpg



さて、お天気はどうでしょうか!?


ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2018.9.30(日)
10:00〜2:00

小雨決行 / 雨天中止

当日の朝6:00に判断し、HP/ブログにて

発表いたします。

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分
※この日はだんじりの試験曳きに伴い、
 道明寺天満宮周辺道路では車の交通規制があります。
 今回は大変ご不便おかけしますが、、お車のご来場はご遠慮ください。


2018.9.30の市のこと



ーーー

明日9/26(火)、当日のMAPをお知らせいたします!

ーーー

Tubu. / chaibaba




<2018.9.30出展者のみなさまご紹介>




Tubu写真3.jpg

ーーー

Tubu.

ーーー

シルバーやビーズ、天然石など
いろんな素材でアクセサリーを製作している
Tubu.さん。

Tubu,写真2.jpg

気づけば、随分と前から、
出展してくださっている彼女。

ずっとつくり続けている、
Tubu.さんと言えば、の「THE定番」もあれば、
少しずつ増えている新しいものも。

小さな出展テーブルに
混ざり合う風景を見るのが好きで。


Tubu写真1.jpg

去年は、
「こうしなければいけない」とか
「絶対こうだ。」という気持ちをどこまでも解放することを
教えてもらったというTubu.さん。

出会ったひとの言葉や風景を思い出しながら、
これからも自分の良いと思うものを
まっすぐに形づくっていくんだろうな。

キラキラと木漏れ日が似合う、
Tubu.さんの世界。




Tubu.




IMG_20180708_232419_301.jpg

ーーー

初登場
chaibaba

ーーー

大麦を使ったノンカフェインのチャイ屋さん、
イラストレーターとして活動している
トダさんご夫妻。

移住した鳥取県の山奥で、
2人のお子さんを育てながら、
暮らしています。


IMG_20180619_111700_375.jpg

長女の出産を機に、
安心して飲めるチャイを。と

全国でも珍しい大麦を使った
オリジナルチャイをつくり、そのチャイを届けるべく、
各地で「chaibaba」として出展。

ごほうびの甘いもの。ができるだけ身体の負担にならないものを。
大麦と豆乳、ブラウンシュガーを使った
”いのちにやさしいチャイ”を携えて、
はるばる大阪まで来てくださいますよー。

チャイが大好き!という方も、
ちょっと苦手、、という方も、

「chaibaba」さんのノンカフェインチャイ。
貴重なこの機会にぜひぜひ1度、味わってみてくださいね。


IMG_20180501_160849_129.jpg

出産を機に描き始めた、
お産をモチーフにしたイラストや、

_20180707_154153.JPG

子供用の帽子やヘアアクセサリーなども。



好きなこと、得意なことを
分かち合いながら、
生活の糧を得る。

大切なものを携えて旅に出る。
出会いの中から可能性を広げていく。


少しずつ周りで増えてきつつある、
そんな暮らしの形を実践している人たちに出会うと、
心からワクワクします。


鳥取と大阪。
こうして出会える奇跡に感謝ですね。




chaibaba





237A7188.JPG


ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2018.9.30(日)
10:00〜2:00

小雨決行 / 雨天中止

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分
※この日はだんじりの試験曳きに伴い、
 道明寺天満宮周辺道路では車の交通規制があります。
 今回は大変ご不便おかけしますが、、お車のご来場はご遠慮ください。


2018.9.30の市のこと


ロゴ.jpg

237A7228.JPG

100年以上続くぶどう畑で、
質の高いぶどう、そしてワインをメインに生産している
カタシモワイナリーさん(大阪・柏原市)からは、

・コンコード
・ナイアガラ
・デラウェア


の3品種のぶどうジュースをご用意。


237A7241.JPG

道明寺天満宮から北東。
山の斜面いっぱいに広がる葡萄畑。
その麓にカタシモワイナリーの工場や本社があります。

収穫したぶどうを搾って、味を見てみてから、
「これならワインに合う」「ジュースにしよう」と
決められるんだとか。
(ジュースに使うぶどうは提携している全国各地のワイナリーから
 調達もしています。そこには「なるほど!」の理由。このお話はまた後日、、)

農産物だから、
「毎年、面白いほど収穫するぶどうの味が変わる。」と
カタシモワイナリーさん。

「一期一会のぶどうジュース」と言っても、
決して過言じゃないらしい。



ワインと同じように、
ジュースも月日が経つにつれて、
味わいが変化していくという。

奥が深すぎる、フルーツジュースの世界。
確かめてみたくなる美味しさ。


TEDUKURI NO DRINK STANDにて、
ぜひお求めくださいませ。




カタシモワイナリー