skep / MMM MADE / JONNY COFFEE



<2017.9.18出展者のみなさまご紹介>



4.jpg


ーーー

skep

ーーー

2015年より始動した、
衣服やカバンなどの服飾雑貨、キッチン雑貨など、
デザインから製造販売までを手がける「skep」さん。


「お客さまに喜んでいただけるものは何か」を考え、
新たな素材でのものづくりや、新しいジャンルでのものづくりにも
常に挑戦し続けながら、「skep」らしい商品を展開していきたい。という
真摯な思い、姿勢がとっても気持ちの良い。

5.jpg

「コットンショルダーバッグ」

バッグサイズを大きめに、ショルダーひもはあえて短めにすることで、
持った時のシルエットとコーディネートのバランスに
「愛嬌」が感じられるようデザインしたものなんだそう。


「シンプルなものにありがちな単調さを抑え、
 布そのものの質感と陰影を利用した
 ”わざとらしくない特徴”も持たせた」という、

skepさんのブランドコンセプトが強く体現されているバッグ。



男性の方がさらりと肩にかけて、
遊びに来てくださっていましたが、
素敵でしたよー。




6.jpg

クラッチバッグとしても、
ショルダーバッグとしても使える、
特徴的な仕様の三角バッグ。


8.jpg



什器類もskepさん自身によるものなので、
商品だけでなく、こちらもご覧あれ。


「正直に、楽しくストイックに。
 自分たちにもお客さまにも"いい塩梅"になれますように。」


先日読んだ本に
「良いこと、正しいことこそ、チャーミングに伝えること。」
という文章があって、真っ先にskepさんのことが浮かびましたよ。







skep





DEERCAPNAVY.jpg

ーーー

MMM MADE

ーーー

製作企画、造形、パターン、裁断、縫製までを
一貫して行うファブリックプロダクトレーベル「MMM MADE」

<2ND CYCLE>という、
オリジナル製品とは別に、
「繕いをデザインして、新たなサイクルを生み出そう!」という、
リメイクの製品も製作、造形。






COTTONKNITBERETBROWN.jpg


自由な思考と空間と色を与えてくれるもの。


MMM MADEさんのプロダクト。プロジェクト。





REGULAR DODECAHEDRON 50mm.jpg

セカンドサイクル(ユーズドシャツ)の造形物。
遊び道具、オブジェ、インテリア用品。
秋冬仕様の布はく帽子。

などなど。



9月の市では、
より一層、MMM MADEさんの世界が、
ぎゅっと濃縮されたブースになるよう。


「じぶんが行きたい、居たい場所を、道明寺でつくれたらいいな。」だって!


造形物とMMMさんの間に潜り込んだら、
どんな面白い世界が見えるかなぁ。


あぁ、もう、楽しみすぎる!





MMM MADE








237A6822.JPG

ーーー

JONNY COFFEE

ーーー

移動カフェやイベントなどを中心に
活動を行なっている「JONNY COFFEE」さん。

「大それた一杯はお届けできないかもしれませんが、
 丁寧に、自分なりの最高を提供したい。」という気持ちで、
1杯1杯、ドリップ。



路地裏、軒先、畑の中、道行く人。
いろんな景色の中にある、アイデアを見つけて、消化し、
自分の形に変えて表現する。

その表現がJONNYさんにとっては、
「コーヒー」と「音楽」。


コーヒーを片手に、境内をぐるりと。
気持ちの良い場所を見つけて、ゆっくり過ごしてもらえるよう、
いろんな場所にイスを置いてみようと思います。


コーヒー越しに見つけた素敵な風景があれば、
ぜひ私たちに教えてくださいね。




JONNY COFFEE







237A9813.JPG

小さな市の、ささやかな物語。
もう読んでいただけましたか?

TEDUKURI NO BOOK vol.1




2017.9.18DM.jpg

2017.9.18(月・祝)
道明寺天満宮手づくりの市

10:00〜2:00

Rap!Rap! / 大堀有崇 / MONIQUE CAFE



<2017.9.18出展者のみなさまご紹介>


P7030911.JPG


ーーー

Rap!Rap!

ーーー

金属を使ってものづくりを行う「Rap!Rap!」さん。

つくるのは、カトラリーやお皿などの実用品と、
Rap!Rap!さんの絵ゴコロ、遊びゴコロが溢れるブローチ。

この作品の幅の広さが、Rap!Rap!さんの大きな魅力の1つかも。



「スッカラ(韓国のスプーン)ってつくらないんですか?」と
私が何気なく投げかけてしまったひと言からつくり始め、
人気の定番品となったという(うれしい!)

スッカラや、



P1120694.JPG

今年のお正月に完成した1番の新作
「椿のブローチ」など、

「売れるかな、、?」より「楽しい!」「面白い!」を
そのまま形にしたという全てほぼ1点ものだというブローチ。


作家活動を始めて間もない頃から、
私たちの市に出展してくださっているRap!Rap!さん。
私38_WORKS.がブローチ台紙のデザインをさせてもらっています。
少し前にリニューアルしましたよー。)


2017.9.18DM.jpg

今回のフライヤーに使用した真鍮の写真。
「この槌目は僕のではないですね。一目で分かります。」と。

さ、さすが、、!



「道明寺の市の魅力は偏りな気がします。」
という言葉に、ホッとして力みが消えた。


Rap!Rap!さんの偏りも魅力ですからね。
何でも器用に上手くこなす人より、
偏りだらけで、不器用で、でも頑張っている人がやっぱり面白い。







Rap!Rap!


IMG_5528.JPG

ーーー

大堀有崇

ーーー

“とっておき”の器じゃなくって、
毎日使ってもらえる器を。

いつも洗いカゴにあって、
食器棚にしまわれない器をつくりたい。

簡単な料理も美味しく、
道端の花でもキレイに見える、
気負わなくても使える道具を。


そんな思いで作陶活動を行なっている大堀有崇さん。


IMG_5499.JPG

食卓に1枚あるだけで、
ぐっと引き締まる黒の器。

IMG_4980.JPG

ニュアンスのある粉引は、
1つ1つゆたかなグラデーション。


「パン屋さんのパンは、お店へ行って食べたい。」ように、
「器はやはり手に取って、迷って、選んでほしい。」という大堀さん。

岐阜から再び、
はるばるやって来てくださいますよー。



大堀有崇




いちじくマフィン 003.JPG

ーーー

MONIQUE CAFE

ーーー


アレルギーのあるなし関係なく、
どんな人も美味しく、楽しくいられる。
「こんなカフェがあったらいいなぁ。」という
店主の思いをぎゅっと詰め込んだ
大阪・堺市にある「MONIQUE CAFE(モニークカフェ)」



手抜きをしたらきっと分かるから、しない。
お客様の口に入るものだから、緊張感を忘れず
(というより、今だに緊張してしまう)


「信頼できる美味しさ」は、
そんな店主のひとつひとつの心掛け、丁寧さを
積み上げて生まれているような気がする。




卵や乳製品、白砂糖を使わないクッキーやマフィン、
グラノーラや天然酵母パンに加え、

シュワっと。
オーガニックジャムを炭酸水で割ったドリンクもあるかも!?

200.JPG
(写真はお店で提供しているもので、市当日に提供されるものとは異なる場合があります。)



終わり頃の時間に来られたお客さまにも、
ちゃんとお買い物してもらえますように。と
いつもたくさんつくって来てくださるから、
どうぞ安心して、遊びにいらしてくださいね。



MONIQUE CAFE





2017.9.18DM.jpg


2017.9.18(月・祝)
道明寺天満宮手づくりの市

10:00〜2:00





集めると、いいことあるかもね!?




IMG_9881.JPG
(made by Miyazaki Mutsumi)

Take a nap Crackers / キムチ工房 gokan



<2017.9.18出展者のみなさまご紹介>


TakeanapCrackers商品紹介001.jpg


ーーー

Take a nap Crackers

ーーー


"Take a nap = お昼寝する"
ぐらいに気持ちが緩むお菓子

を目指して、「Take a nap Crackers」を立ち上げた
武中俊樹さん。



TakeanapCrackers出店写真001.jpg

京都で祖父の代から続く、
米菓一筋のあられ屋「武中製菓(株)」を引き継ぐ三代目でもある
武中さんは、東京での就職を経て、帰京。


今まで丁寧に歴史を積み上げてきた
「米菓=あられ・おかき」の技術や信頼をベースに、
もっとお客さまに喜んでもらえるお菓子は何だろう?と

立ち上げたのが、この「Take a nap Crackers」


「声が届く、足が届く」生産者さんとの交流を深めながら、
よく食べ、よく寝て、よく遊び、そしてよく働く。

まずは自分自身がすこぶる元気でいることが、
美味しいお菓子を作るための大前提。だと思うから。


自分用にはもちろんのこと、
"Take a nap"を掛け声に、
忙しそうにしている友達へ
「大丈夫かいな、ちょっと休もうや。」
という気持ちと一緒にプレゼントしてもらえたりしたら、
凄く嬉しいです。


私たちの市には初めてご出展下さいますよー。





IMG_2929.jpg

ーーー

キムチ工房 gokan

ーーー


キムチ屋さんを営んでいたというお母さまの味を受け継ぎ、
丁寧に漬け込んでつくるgokanさんの「手づくりキムチ」

青森県産のにんにくや野菜を使い、
添加物など一切使わずに、漬け込むキムチは、
白菜や大根、キュウリや小松菜など
野菜を漬け込んだキムチや、チャンジャなどメニューも豊富。



IMG_2943.jpg

青唐辛子の味噌漬けと納豆。


少し甘めのお味噌で漬け込んでいるという
青唐辛子。

ご飯が進む。進む。


IMG_2960.jpg

「何度漬け込んでも、まだまだ、、納得はいかないけれど、、」と
より「美味しい」を毎回目指す。


漬けたてのキムチが市に並びますよ。
日々変わっていく味わいをどうぞ楽しんで。





キムチ工房 gokan




2017.9.18DM.jpg

あられにキムチに、
お茶、コーヒー、
たこ焼きにオリーブオイル。

ほかにもあれこれ。


ちっちゃな市がゆたかになってうれしいなぁ。


2017.9.18(月・祝)
道明寺天満宮手づくりの市

10:00〜2:00



237A9781.JPG


さぁ、市のポスターを描こう!



60色のクーピーをつかって、大きなテーブルで、
”手づくりの市”のポスターを描いてくれる子、募集します!

描いてくれたポスターは、12月の市で飾ります。

参加してくれたちびっこには、
ちっちゃなプレゼントもあるよー。


<場所>
インフォメーションとなりにて


よくスーパーなどで見かける、
ずらり並んだ「おかあさんの顔」ポスターを見るのが好きで、

どれもいとおしい、つたない線や色。
市でもぜひ、ちびっこたちにポスターを描いてほしいなぁ。と
ずっと思ってた。

隣に住むおじいさんから、
ちょうどぴったりの折りたたみテーブルを2つももらったので、
(「捨てるんだったら下さい!」と思い切って言ってみたら、下さった。わぁーい!)


そのテーブルで、みんなにポスター描いてもらおうっと。



あと1つ。とっておきのお楽しみが、
9月の市にはありますよー。


そのお話はまた後日、、


9/18(月・祝)の市のこと


ーーー

12月の市は、3日(日)にひらきます。
出展申し込みの受付は、9/25(月)〜10/1(日)の期間で行います。

詳細は決まり次第、HPにてご案内いたします。

続きを読む