アトリエハピバール /手づくり家具工房 ひなた

Img_4122




北海道旅。
やるべきことを山積みにして
置いていったものだから、
心がきっとソワソワしていたのだろう。。
初日の夜、小樽運河を歩いている途中に、どっと体調を崩して寝込んだ。

その後の朝、息子もはしゃぎ過ぎたのか、吐いた。
(すぐにケロっとして、動物園を走り回っていたので、ひと安心。。)
寝込む嫁と息子を前に、旦那はひとりアタフタと走り回る。


こないだの手づくりの市で、
旦那といっしょに演奏した友達とその彼女といっしょに
旅に出たのだが、
全く機能しない身体と心が、
情けなくって、途中「帰りたい」とこっそり泣いた。
(あぁ、私、30歳なのに。。)





出来ないものは出来ない。
そう認める勇気が必要なのかもしれないな。。
旅の景色とともに、
自分の内面をぐっと見つめざるを得ない旅だった。










Img_3790




旦那よ。いつもすまない。
そして、ありがとう。
頑張りすぎないように、頑張るよー
(こちらは31歳。掲載許可、取得済み)






そんな今日のご紹介は、






●アトリエ ハピバール●





羽曳野市にある「ふたかみ福祉会 はびきの園」内にある
「アトリエ・ハピバール」




ものづくりを通じて、
みんなが「Happy」になれるように。
地域、社会に愛される存在になるようにと、
メンバーさんたちの豊かな発想を活かしたものづくり、場所づくりを
日々行っています。


「なんだか笑顔になるように。」

心や手の赴くままに、つくり出される色や形に
思わず笑顔になってしまう場所です。



いろんなひとたちとの交流も盛んで、
メンバーさんの絵をつかって、
レトロ印刷の質感が素敵なグリーティングカードを
クリエーターの方とコラボしてつくったり、
奈良にある写真スタジオ「ナナツモリ」の写真教室の生徒さんとの
ハピバール絵画+写真教室の写真コラボ展も
着々と企画中だとか。




どうやったら、メンバーさんのつくるもの、描くものが、
もっともっと魅力的になって、
たくさんの方に愛されるか。


枠にとらわれず、自由な発想で、
職員さんとメンバーさんが一体となって、
日々、作品をつくり出しておられます。






アトリエ・ハピバール → 








●手づくり家具工房 ひなた●







2歳の息子のためにつくった、ひとつの椅子が、
家具づくりのきっかけとなり、
そんな息子さんも今年で3歳に。



息子さんを通じて、子供家具を中心にこの1年、
試行錯誤しながら、作品を制作して来られました。


「家具は家族の一員」
同じ時間を過ごし、出来た傷の1つ1つには、思い出があると思います。
だからこそ、子供家具においては、
こどもの成長とともに、用途や形を変えて、
長く長くつかっていただけるようなものを心掛けて制作しています。



私たち自身、デザイン性があるものが少し苦手で、
シンプルにこだわって制作してきました。


シンプルすぎる??
個性がない??
自問自答を繰り返しながら、辿り着いた、
「無骨で、素朴で、シンプルで、
 つかっていくうちに愛着が沸く。
 そんな、ぬくもりのある家具づくり」を目指し、
ひとつひとつ大切に制作しておられます。






今回は、木々の木漏れ日の下、
こども部屋をイメージして、
ひとつの空間をつくり、家具や小物を展示してくださいます。
長くつかうものだから、つかうイメージがより沸いてくるように。
大切にしたいと思えるものに、ちゃんと出会えるように。




手づくり家具工房 ひなた → 

メタルアートファクトリー / nest

Img_4171


夏の旅から戻って来た。
19℃の広い大地
北海道3泊4日の旅。


知り合いの住む旭川市に滞在。
もちろん、今話題のここへも行ってきましたよー。

Img_4039




Img_4206






泊めていただいた家の台所は、
チェコやハンガリーのような東欧の国を彷彿とさせるような。
古いものに造詣が深く、ものも少ない。
目に嫌なものがひとつもない家。






そんな旅の余韻も残る、
今日のご紹介は、







●メタルアートファクトリー●





八尾市に「金属造形工房・MAF」を構え、
鉄の彫刻、鍛鉄、鍛治を手掛けておられる柏原さん。



同じく鉄を扱う工房の方と、
ギャラリーに金トコやバーナー、溶接機を持ち込んで、
フライパンや鉄板の制作販売展を開いたり、
建築やインテリアデザイナーからの別注品を制作したり、
鉄という素材を用いて、幅広く活動しておられます。



今回、初めてご出展してくださる私たちの市へは、
制作販売展で好評だった、手づくりのいろんなフライパンなど、
お持ちくださる予定です。


修理も受けておられるようなので、
相談してみてもよいかも!?




メタルアートファクトリー → 








●nest●




初めて出展させて頂いてから1年

嬉しくて作業中に指先5ミリほど飛ばした事を思い出す。

真夏の道明寺天満宮に下見に行き

頭を撫でると賢くなると言う牛の銅像を真夏の太陽に熱せられているのに・・撫で

ヤケドしそうになった事もついでに思い出す。

牛さまが『アナタほんとにアホーですね』と見ていたような気がした。

あれから少しは賢くなっただろうか。



9月18日

賢い私がお待ちしてます。




(ブログより抜粋)



同じく、八尾市に工房を構え、
ー家族で楽しい「巣」づくりーを、
愉快かつ実直に応援する、シゲオさん率いる
木と鉄の家具屋「nest」





ブログでの軽快な口調に対し、
手づくりの市のときには、
緊張されているのか、とても遠慮がちに、
商品を説明する姿あり。
そんなときは奥さまがフォロー。



この市には、
つくることが、とても好きな、
それでいて、伝えることに不器用な方が何人かおられるように思います。



つくったものを自信満々に
「えーやろー」と押し付けるひとより、
「いいですね」と声を掛けられて、
ホッとして、うれしくなって、
「こんなんですけど・・いいですか??」と照れくさそうに答えるひとの
つくるものが好き。


そんなひとだと勝手に思っています。




nest → 

O-SAWA / タコ帆31

Img_3472_2





私の好きなものの原点が、
ここにある。





朝の井戸水の冷たいこと。
立ち上る湯気。
使い込まれた道具たち。
温かい朝の訪れ。



アメ色になったカゴや、
文字盤がシンプルで大きな時計。
小料理屋を営んでいたおじいちゃんの木のまな板。
木のスツール。
木べらまで。



いろんなものが、第2の人生を
我が家で営んでいる。
道具を見るたび、つかうたび、
何かをやわらかく感じるものたちに囲まれて暮らしたい。






そんな今日のご紹介は、





●O-SAWA●




おいしいパン屋さん「天然酵母パン樸木」さんでの展示会や、
八尾のカフェ「ダイドコ帖」さんの家具や木のプレートをつくられたO-SAWAさん。


奈良で、注文家具や小物の制作をしておられます。
木肌がそのまま伝わってくるような、
シンプルさがとても素敵です。




「文章にするのは難しいのですが。。

つくるときは、正直言って深いことは考えていません。
無になっています。
どんなものをつくるかを考えるときも、
自然と頭に浮かんできたものを形にする感じです。


小物類は、自分が使いたいものを。
注文をいただいてつくる家具は、
その方の家の内装や、好みなどから、
使う木や仕上げを考え、つくります。


どちらの場合も、使う木によって、
全く違った雰囲気になるところが、
木のすごいところだし、魅力的だなーと感じています。


無垢の木はつかっている間に、どんどん変化していきます。
長く使ってもらって、木独特の良さを感じてもらえるような、
ものづくりをしていきたいと思っています。」






夏の作業は、木屑や粉が肌にひっついて、大変!
木のものに馴染みがなく、扱いが難しい・・と思われている方のためにも、
市には、抵抗なく使えるような小さなものをいくつか制作して、
お持ち下さる予定です。







●タコ帆31●



「半タコ×半農」


化学調味料をつかわず、
ついには、自身で小麦の栽培にチャレンジしておられる
ロハスたこ焼き屋さん。



今年は、2反の畑で小麦を収穫されたそう。
小麦をつくるパン屋さんは知っていますが、
小麦をつくるタコ焼き屋さんは初めて!です。






各地のイベントにも多数ご出展されていて、
今回、私たちの市に初めてご出展くださいます。



「チーズ&朝採り野菜&31種類の塩。
うまさ抜群」




こんなおいしそうなものもつくっておられる。
(市に登場するかは、お楽しみ。。)
これは只のたこ焼き屋さんではなさそうですよー。






タコ帆31 →