竹かご屋 /

Img_3011




31・・
ではなく、38_WORKS.HP
カレンダーやお知らせ、カタログもちょこっと。
などなど、いくつかupしました。


macに替え、使っているものの、
HPの作成は、以前のwindowsでの作業(そしてノートなので、起動の遅いこと・・)
macへの移行の仕方がイマイチ不明・・
そして、HPの作成も自己流。詳細不明・・


教えてくれるひと、誰かいませんかー??
と本気の捜索。




というわけで、時間だけがやたらとかかっての更新作業。
なので、あまり頻繁ではありません(泣)



9月からオープンと言っていましたが、
結局、9/27(tue)から再開しようと思っています。
9月以降、服の受け渡しとさせていただいた方々。
もし、手づくりの市に遊びに来ていただければ、
そのときにお渡し出来ます。

もちろん、9月までには仕上げますので、
オープン日以外でのお渡しも可能です。
ご希望の方は、ぜひご連絡くださいませ。
ご迷惑お掛け致します。。



楽しいイベント2つ、誘っていただきました。
詳細は、後々に。。


ATELIER 38_WORKS. → ●






そんな今日のご紹介は、







●竹かご屋●




会場で竹かごを編む姿が、
この手づくりの市の風景のひとつとなっている、
「竹かご屋」の辰巳さん。



さまざまなものづくりを経て、
今では、竹をつかったバンブーアートを手掛ける一方、
市や四天王寺の骨董市などで、竹かごの実演・販売をされています。




そんな、手づくりの市常連さんである、辰巳さんにクエスチョン。




Q1.手づくりの市に出展し続けて、感じることは??


  A.初めて出展させていただいたときから、思っていることですが、
   この市は、場所の雰囲気や規模の大きさ、時間帯が
   上手くバランスが取れていて、いいと思います。

   そして、何よりもお客さまや出展者、
   人と人のやわらかいつながりを感じます。

   毎回、毎回、ほんと少しずつ変わっていて、いつも新鮮です。




Q2.竹細工の面白さは、どこにありますか??



  A.竹細工の面白さですかぁ〜。難しいですね・・
   私はものづくり全般が好きで、いろいろなことをしてきましたが、
   どれも面白いです。

   竹細工は、材料からつくるところでしょうか・・
   服をつくるのに、糸からつくっていくような感じで、
   「ひご取り」という作業があります。
   竹を割って、幅と厚み、長さを揃えたひごをつくるのですが、
   どんなものをつくるかによって、微妙に違ってきます。
  
   この作業からすでにつくる人の個性や性格、考え方が出てきます。
   
   新しいものをつくるときは、今までの経験で厚みや幅を決めるのですが、
   少し厚すぎたり、幅が広すぎたりすると、上手くいかないこともあります。


   いいひごが取れて、いいかごが出来たときはうれしいです。









そんなふうにして、生まれる辰巳さんの竹かご。
強度や用途などに応じて、緻密に計算し、
つくり出された形や編み目。


お時間が許す限り、
竹かごを編む姿をゆっくり、じっくりと見てみてほしいです。



「質問、どんどん大歓迎!」と辰巳さんより。





竹かご屋  →