東日本大震災 義援金のこと

Img_0120

ご報告が遅くなりましたが、
12/4の手づくりの市で寄せていただいた
義援金14.942円

   +

「木の下の古絵本やさん」の
売り上げ1.950円

   +

出展料より3.108円を加え


   =20.000円



とし、


「のいえ・プロジェクト」(→
(震災で家庭を失った子ども達が過ごせる、健康的な生活スペース「家」と
健全な心身の基本となる「食」を始めとする、安全な生活環境「暮らし」を
提供するための、支援を行うプロジェクト)宛に

私が利用している「安全な食べものネットワーク・オルター」(→)を
通じて、10.000円を。





残りの10. 000円を
特定非営利活動法人ジャパンハート(→)の
「医療の届かないところに医療を届ける 東日本大震災 復興支援活動」へ
送らせていただきました。


以前、TVで特集されていたのを見て知った医師・吉岡秀人さん(→
この方が代表を務めるジャパンハートは、
主にミャンマーでの無償の医療活動や医師派遣を行っている団体です。
何冊か、吉岡さんの著書を読み、
言葉を聞くたび、深く思うことがたくさん。
言葉を発するひとによっては、すんなりと聞こえてこないことが、
自分の中にスっと入ってくるような。


今は、小児科が危機的な状況に陥っているという石巻市に
NPO法人ジャパンハート こども・内科クリニックを設立しようと
動いておられます。



こういうことしか出来ない自分も
情けないやら、腹立たしいやら・・ですが、
これからも、祈るような気持ちで、
続けると決めたからには続けます。


お気持ちを寄せてくださったみなさま、
本当にありがとうございました。