Let's animal UKULELE !  前編

昨日から写真展がはじまりました。
今日も在店する予定でしたが、
昨日の夕方、保育園から1本の電話
「はると、熱が出て寝ています」

・・・・!

なかなか熱が下がらず、在店も断念。
そんなわけで、家で息子と2人ゆっくり過ごしております。

Img_7817

話題があちらこちらへ行きますが、
先日の手づくりの市で今回企画した
COZY FACTORYのお2人によるKIDS WORKSHOP
「animal うくれれ つくってパレードしよう!」

神戸にあるTRITON CAFEのHPで、いつも
「楽しそうだなー」と思ってずっとみていた
COZYさんのこどもワークショップ。

ちょっと遠くて行けないのなら、来てもらおう!という
そんな私の無茶な依頼にも、快くOKしてくださったお2人。
念願だった、手づくりの市でのCOZYさんのワークショップでした。

そんなワークショップに
実にたくさんのこどもたちが参加。
ご近所のお子さんから、岡山県から参加してくださったお子さんまで!

Img_7990

11:00 と13:00の2回で、
ちゃんと音もなる「animalうくれれ」をみんなでつくりました。

Img_7988

何の動物にしようかなー?

Img_7992

「うさぎにするー」「ぞうにするー」「亀にするー」

Img_7982

Img_8009

用意してある土台を、

Img_8018

切ったり、

Img_8023

貼ったり、

Img_8017

絵を描いたり、

Img_8053

好きな動物の形にしていきました。

Img_8008

Img_8048

Img_8055

みんな、真剣。

Img_8069

Img_8031

Img_8028

午前の回は日差しもあって、
少しあたたかかったような。

Img_8049

初めてのおともだちとも、
あれこれ相談しながら。

Img_8058

少しずつ、いろんな動物がお目見え。
動物じゃない子もそれはそれでよし!

Img_8067_2

出来たー!

Img_8056

Img_8086

Img_8082

この子のギターはお母さんいわく、
「布袋さんのギターのような仕上がり」に。

Img_8087

Img_8088

Img_8103

Img_8104

Img_8073

Img_8072
出来上がって、みんな自慢げに見せてくれました。

この後、みんなでパシャリ。と記念撮影して、

Img_8096

お面をつけて、境内をぐるりとパレード。
おかあさんやお父さんもカメラを持って追いかけて。
の大きな大きなパレードがやってくると、
出展者の方やお客さまが手を振ってお見送り。

賑やかに第1回目のワークショップは終了です。

<つづく>

38_WORKS.PHOTO exhibition 12/5-

手づくりの市の余韻に浸る暇もなく、
なんと明日から、写真展!

というわけで、うくれれワークショップのレポートは、
今、写真掲載の確認中、ということもありまして、
今日は写真展の話題で参ります。

こんな旦那にとっての一大事なイベントを前に、
旦那のブログが不具合でアップ出来ず・・
そして、今日から旦那が担当する本業のプロジェクトが
スタートするということで、
何ともタイミングのいいことやら。

Img_32912_2

そんな、38_WORKS.PHOTOとして活動する
旦那の宮井貴弘氏。
大学のクラブがいっしょでした。

その頃から、口数は極端に少なく、
珍しく、口を開いたかと思えば、ボケてみたり、
ロクに喋った記憶もほとんどありませんが、
何が起きたのでしょうか?
何だかよくわからない間に、今に至るわけであります。

私とは対照的な旦那。
自分の思っていることを伝えることが、
とことん下手っぴな、
とにかく不器用な男。

カメラも何のきっかけだったか・・
一眼レフのデジカメを購入することとなり、
その時に偶然見つけたのが、
「OPUS design school」が主催するカメラ教室でした。
私は前から、OPUSの活動を知っていて、
面白いところだと常々思っていたので、
旦那に「行ってみたら」という話になり、
仕事が終わった後、通うことになったのです。
2年前のことでした。

それまで、中学から始めたギターを
もくもくと職人のように弾いてきた彼でしたが、
カメラに出会い、また「写真」という、
実にさまざまな表現があることを知り、
また、講師だった「いとう写真館」をされている
写真家・伊東俊介さんとの出会いも彼の中では大きかったようで、
それからは喋る代わりに、
写真を撮るようになりました。

「もっといい写真撮れるんちゃうの?」などと、
嫁に、やいのやいのと言われながら、
震災の後は、写真を撮ることが出来なくなった時期もあったりして、
不器用な彼なりに「写真を撮る」ということと向き合いながら、
今までシャッターを押し続けてきたようです。

まだまだ未熟だとわかっていながらも、
1歩ずつ進んで行くために、はじめた撮影活動。

一生懸命、シャッターを押す旦那の姿を見ながら、
私はまるで息子が初めてのおつかいに行くのを
見守るように、ハラハラと・・・

熱い気持ちが表に表れるひとではないので、
そこが、よく嫁ともめるところではありますが、
私がいいと思う写真を彼に撮らせるのではなく、
彼自身が本当に納得のいく写真を撮ることが大事なのだと
写真展の準備で大喧嘩しながら、
ようやく気づきました。

といいつつも結局、でしゃばって、
宮井貴弘が撮った写真を、
宮井美咲が別の視点から編集し、
[a day in the life.]として、
何気ない色にハッと惹かれ、
朝の陽が差し込む、その一瞬のきらめきを掴まえるように、
毎日何度も繰り返される、私たちの愛おしい日常を
いくつかのカテゴリーに分けて、
精一杯表現することを目指しました。

私たちの不器用な姿や未熟なところもありのままに、
見てもらえるといいな。と思っています。

まだ始まっていないので、チラリズムで。

Img_8362

Img_8347

準備中。

Img_8359

used book store [ YOU BOOKS]さんには、
「a day in the life.」からイメージして、
こちらもいくつかのカテゴリーに分けて、
選書していただきました。

宮井家からイメージした・・という本もあります。
さて、どんな?

ゆっくり写真展や本の世界を味わえるように、と
カフェスペースのレイアウトも少し変えさせてもらうなど、
963さんのご厚意に甘え、好き放題させてもらっています。。

KURUMI no MORIのおいしい焼き菓子と
珈琲屋TERRAさんの豆をつかったハンドドリップ珈琲、
une tableさんのジンジャーシロップをつかったチャイなど、
これまたおいしいお飲みものといっしょに、
12時から16時までと、
市と同じく4時間の短いオープンとなりますが、
ゆっくり過ごしていただけたらうれしいです。

宮井貴弘は、平日、本業のため、
16日(日)のみの在店となりますが、
YOUBOOKSさんのセレクトが、どストライクな私は、
出来る限り在店して、
めいっぱい本を堪能してやろう!と思っています。

よかったら、ぜひぜひお立ち寄りくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo

38_WORKS.PHOTO 写真展
「a day in the life.」
2012.12.5.6 / 12.13 / 16 / 19.20. / 26.27
every week wednesday & thursday & 16 sunday

場所・GALLERY 963
大阪府柏原市国分西2-4-12 1F
090-5138-2202

写真展の詳細や、在店日などはこちら
38_WORKS.event → 

ありがとうございました!

一夜明け。。
開催を始めた頃は、その日にお礼のメールや
開催のレポートをお伝えしていたのに、
開催を重ねるごとに、帰ってから眠るまでの時間が短くなっていく・・
年のせいでしょうか・・?

でも、開催の翌日、寝込むことはなくなったので、
無理をすることなく、続けて行けるペースを掴んできた。
ということだと、いいふうに解釈したところで、

心配していたお天気も何とか持ち、
(片付けの最後、少し降られたー)
午前中はあたたかい日差しも射し、
無事に開催を終えることが出来ました。

「開催出来る」ということが、
こんなにうれしいことだなんて!

ご来場いただいた、たくさんの方々、
そして出展くださったみなさま、
そしてそして、道明寺天満宮さま
いつも、そして今回も本当にありがとうございました。

今回はいつも手伝いに来てもらっている両々親が、
途中で帰ってしまい、旦那はワークショップの撮影に。と
私はインフォメーションブースにほぼつきっきりとなってしまい、
会場の様子をちゃんと見ることが出来ず・・残念!
今日はひとが多いのかなー。楽しんでいただけてるかなー、と
気になって、気になって・・

改めて夫婦2人だけで開催しているんじゃないんだなーと。
たくさんの方のお力があっての開催だと再認識。

ある出展者の方が、
「私たちもいっしょに市をつくる気持ちでいつもいるよ」と
言ってくれた。

私たちの市に対して、いろんな思い入れの深さがあって、
もちろんいいし、なくてもいいし。

いろんな思いを持つひとが、
ご縁あって、年に4回、道明寺天満宮に集う奇跡。

開催出来ることを本当にしあわせに思う。
(準備中は、「こんな大変なこと、もうやめてやるー」といつも思う。)

帰ってから、旦那が撮影した写真を見せてもらって、
昨日のことを振り返る。
今回も素敵な市をつくることが出来ていたら、うれしいです。。

Img_7735

Img_7722

Img_7757

裏面はこう。

Img_7731

Img_7724

何度もご出展くださっている方から、
はじめまして、の方まで、計42ブース。

Img_7770

Img_7773

Img_7796

Img_7793

Img_7777

Img_7790

Img_7800

Img_7804

Img_7809

開催終了後、片付けが全然進まない私たちを見かねて、
お手伝いしてくれた[Babbo craft]さん。
本当にありがとうございました。
雨が降り出してきてたから、ホント助かりましたー。

Img_7813

Img_7812_2

Img_7825

急遽、私たちのお手伝いをお願いして・・と
息子の通う「くるみ共同保育園」()のお母さんたちに、
父母の会で取り扱う無添加の調味料や食品、
保育カレンダーや保育園を取材していただいた
掲載雑誌「クーヨン」など、お持ちいただき、
ブースをつくっていただきました。

Img_7741

保育園のともだちがたくさん遊びに来てくれて、
息子はうれしかったみたい。。

Img_7826

Img_7831

Img_7836

Img_7913

Img_7915

Img_7852

Img_7853

Img_7919

Img_7925

Img_7926

Img_7835

Img_7862

「手づくり家具工房ひなた」さんの奥さまをはじめ、
今回の市には、妊婦さんが何名か。
大きな家族になっていくようで、うれしいなー。

Img_7938

Img_7872

Img_7873

Img_7958

Img_7961

Img_7877

Img_7902

Img_7894

かゆいところに手が届く。
「nest」さんの革小物。

Img_7903

Img_7900

Img_7912

Img_7929

Img_7930

Img_7932

Img_7933

Img_7946

Img_7890

Img_7966

Img_7967

Img_7865

空飛ぶパン。

Img_7820

今回お招きした[COZY FACTORY]()さんによる
「animalうくれれつくって、パレードしよう!」の
KIDS WORKSHOPも、たくさんのちびっこに
参加してもらって、楽しく開催出来ましたー
(当日受付出来なかった方はごめんなさい!)

Img_7984

いろとりどりのanimalうくれれが、40個ずらり。

Img_8092

Img_8246

Img_8119

ワーショップの様子は、次にご紹介しますー

●デジタルカメラの落とし物がありました。
 道明寺天満宮へお預けしています。
 お心辺りのある方は、072-953-2525(道明寺天満宮)
 まで、お問い合わせくださいませ。

●「東日本大震災への義援金箱」に
たくさんのお気持ちを寄せていただき、ありがとうございました。
義援金の送付先を詳細に説明したファイルを
忘れて行ってしまいました・・申し訳ありません。

義援金の送付につきましては、
これから集計、そして送付金額を検討し、振り分けます。
また後日ご報告させていただきますので、少しお待ちくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

38_WORKS.PHOTO 写真展
「a day in the life.」
2012.12.5.6 / 12.13 / 16 / 19.20. / 26.27
every week wednesday & thursday & 16 sunday
場所・GALLERY 963
大阪府柏原市国分西2-4-12 1F
090-5138-2202

市の準備と平行して進めている写真展の準備。
used book online store [YOU BOOKS]()さんが写真展 [ a day in the life ] から
イメージし、セレクトしてくださった
古本や写真集なども合わせて並びます。

今の私たちを精一杯。
たくさんの方に見に来ていただけますように。。