義援金のご報告


3/20の市で設置していました
東日本大震災の義援金のご報告、
遅くなり申し訳ありませんでした。
義援金箱に寄せて頂きました金額は、
3675円でした。

 
集まる義援金の額の減少に比例して、
被災地の復興が進んでいるのならいいのですが。
実際はどうなのでしょう?
正直わからない。

 
そんなわけで、今まで4カ所に分配してきた義援金ですが、
今回は、福島県二本松市で、
安心して食べられる食材を募り、市場を開いておられる
真行寺 青空市場への食材の送付1件に絞りました。

 
寄せて頂いた義援金と、
リサイクルブースの売り上げの一部、
出展料の一部を合わせ、

 
お米5kgと、
週末に県外へ避難する、
二重生活者の方も多くおられるとのことで、
募集しておられた洗剤や保存食としてコーンの缶詰、タオルを
少しずつですが、4/26日にお送りしたことを
ご報告いたします。

 
お心を寄せてくださったみなさま、ありがとうございました。

 
Img_1368

 
前回、お米をお届けした際に、
いただいたお手紙をご紹介します。

 

 
震災から2年が経ちました。
震災直後から私たちの1番の心配ごとは、
汚染された食品による内部被ばくの問題でした。
放射性物質は体内に取り込まれると、
排泄されるまで内蔵や筋肉の細胞を傷つけ続けます。

 
将来、こどもたちに何かあったらどうしよう・・と
本当に不安な日々を過ごして来ました。

 
そんな中、送って頂けるお米やお野菜、果物のご支援は
本当にありがたく、心強いものでした。

 
現在、お野菜をもらいに来る家族は、200世帯を超え、
毎月10日と20日には、
日用品や保存食のバザーも開催しています。
2012年5月からは、寄付していただいた食品を
一部有償にすることによって得た収益を
子どもたちを県外に一時保養させる活動への取り組みに
充てさせていただいております。


 
(中略)

 


全国から届けて頂くお野菜、お米などの支援は、
子どもたちのいのちを守るだけでなく、
私たち大人への心の支援だと感じています。

 
私たちを心配してくれる方々がいる、
いっしょにこどものいのちを守ろうとしてくれている方々がいる、と
思えることが、これまでずっと私たちの生きる勇気に
つながってきました。

 
送り状を見るたびに、
中に入っているメッセージを読むたびに、
市場で泣いたり、笑ったり、の毎日です。

 

今後ともどうぞ変わらぬ、温かいお気持ちで
寄り添っていただけたら。と切に願っております。
本当にありがとうございます。


 


青空市場委員会 一同

 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 
手づくりの市での義援金につきましては、
過去のこちらの記事をご参照ください。 → 
(出展者の方のご紹介の下に記載しています。)

なお、今後も設置を続けます。