little by little.

立秋も過ぎ、

「残暑お見舞い申し上げます」に移り変わったはずなのに・・

暑い、暑い、暑ーい!

-

というわけで、自転車での外出が

恐ろしい日々はもう少しつづきそうです。

Img_4686

そんな夏真っ盛り8月の「38_Field.」

去年は人を招くこともためらわれていましたが、

ご縁あって空調を設置出来たお陰で、

今夏は、この場所を訪れてくださるひとたちが

いてくれることが、

ほんとうにうれしい。

-

帰省シーズンに大集合するご家族の

思い出の1枚はいかがですか??

と、言いたかったのに、時期やや遅し・・

-

来年こそは、きちんとご案内できますように。

Img_4691

いろんなことが同時進行の中、

10/17.18でひらく

小さな服の展示会の打ち合わせ。

-

植物とともに活動する彼女に

心の底でじっくりじっくり育んでいたイメージを

伝えるときがやってきた。

-

ずっとずっと密やかに

待ち望んでいた瞬間。

Img_4688

Img_4692

彼女にこの場所を託すことに、

間違いはきっと何にもないから、そのまま委ねたい。

私はその形を信じていて、

そして、1番楽しみにしているに違いないのだから。

ここにある植物たちもきっと喜んでくれるはず。

-

去年につづき、

大切にまっすぐに。

とびきりのユーモアを持って、

自分たちのものづくりと向き合っている、

尊敬すべきひとたちに、

今年の展示会を支えていただけることになり、

「今できる自分の1番を突き詰めたい」と

背筋がピーーーーーンと伸びる思い。

-

今年の展示会に携わってくれることとなった

彼、彼女らに恥ずかしくないような、

服づくりがしたい。ただそれだけで。

その思いを持って、手を動かせば、

きっとそれが纏うものの形となって

この世界に舞い降りて来る。と盲目的に信じる。

-

自分の力がまだまだ。だって、

知っていても、

諦めたりはしないよ。

-

自分で選んで歩いて来たこの迷路。だからね。

迷ったからって、絶対に諦めたりしない。

Img_77071

撮影が少し空いた隙に、壁のペンキを塗り直す。

光をやわらかくするための天井布、

布と布の継ぎ目がどうも気になるらしく・・

取り外して、縫い合わせて、再び設置したいとの、

旦那からの要望。

-

縫い合わせるのは全然簡単なのだけど、

布の設置作業がなにせハードなのですよ。

(天井付近が日射しで焼けるように熱い中、

微妙に寸足らずな脚立の上で格闘しなくてはいけない。のは、

旦那の役目。熱過ぎるせいかイライラし出す→必ずケンカになる。)

Img_4682

私はこの畑に通じる建具のガラスを

クリアなものに変えたい。と要望。

-

せっかくの外の緑を遮るなんて、もったいない!と

ずっとずっと思っていたから。

Img_4680

ガラスが透明になった時、

ここから見える景色はどんなんだろう?

-

以前、大工さんが簡単そうにガラスを切っていて、

「ミヤイさんでも簡単にできますよー」と

おっしゃっていた、その言葉を思い出し、

ガラスを切るカッターを買いに行き、

倉庫にあったガラスを早速切ろうと旦那が試みるも・・

-

き、切れなーい!

-

そう、すんなりとはいかないことばかりです。

でも、この場所がより活きること、喜ぶことを

1つ1つ見つけてやってあげたい。

-

それは長年つづけてきた市もいっしょで、

ちっちゃな市でもできることはきっとまだまだある。

そんな思いで、明日は9/21の市に向けて、

サポーターさんといっしょに作業。

(&おやつ会)

-

こちらもそろそろ準備始動ですー

Sign3

http://tedukurinoichi.com/

Pro38_3

[product by 38_WORKS.]の

STYLE BOOKを制作する予定です。

(大袈裟なものじゃないですよ。ささやかな。。)

-

小さな展示会のご案内とともに、

お届けしたいな。と思ってますので、

ご希望の方は、miyai_works@yahoo.co.jpまで

よかったらご連絡くださいませ。

http://38-works.com/