nest / VIORIN /chashuna / 碧空aosora

<2016.5.29出展者のみなさまご紹介>

Dsc00703

nest

大阪・八尾市に工房を構え、

木と鉄をつかって家具や什器、小物の

製作しておられる「nest」シゲオさん。

-

インダストリアルな男前の家具たちは、

基本的にお客さまからのオーダーを受けて製作しておられるので、

5月の市は、nestさんの家具が見られる貴重な機会と言えそうです。

-

同じく出展者の「TE kara TE」さんのブース什器も

今回の市に向けて製作しておられるようなので、

合わせてぜひご覧になってみてください。

-

シゲオさんといっしょにつくる。

たのしいですよー。

-

-

-

nest

https://www.instagram.com/nest104/

Image1



VIORIN /chashuna

淡路島からいつも出展しに来てくださる

「VIORIN /chashuna」(バイオリン/カシュナ)の大倉知映さん。

-

淡路島の恵みが味わえる島定食を提供する

「食堂カフェVIORIN」を営む一方で、

 「chashuna」としてリメイク製作を行っています。

Image2

古民家改修や解体時の片付けで出てきた

パーツやビーズを主につかってつくるアクセサリーは、

その時々の出会いでつくるので、1点ものなんだそう。

Image3

古材や古家具をリメイクした椅子や小さな家具も。

-

不要になってしまったものを活かして使う。

古いものと新しいものとの繋がりを愉しむものづくり。

素敵な作品をたくさん携えて、

海を渡ってやって来てくださいますよー。

-

instagram/cashuna70

instagram/viorin06

http://viorin70.exblog.jp

-

-

-

Img_7054

碧空aosora

”栄養素の王様”と呼ばれ、

青汁などにも使われるグリーン野菜の「ケール」を

48℃以下の調理でじっくり低温乾燥した、

ノンフライチップスを提供する「碧空aosora」さん。

-

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、

抗酸化作用の高い成分がたっぷり!のケール。

どうしても気になる・・・苦味は、

チップスにすると苦味もあまりなく、とっても美味しい。とか。

-

試行錯誤の上、考案した碧空aosoraさんオリジナルのチップス。

お子さまにも、ぜひおススメ!です。

-

ローフード(Raw-生の- / Food-食べ物-)と出会い、

花粉症やアレルギーの改善、手足の冷えなどの

身体のトラブルを克服した経験から、

ローフードに興味を持ち、マイスターの資格を取得。

-

藤井寺市にオープンした店舗を拠点に、

ローフードを中心とした講座や販売、カフェなど

これから幅広く展開していきたいという碧空aosoraさん。

-

心も身体も心地よい生活を送るための1つの提案としての、

ローフードのこと。

ローケールチップスのこと。

碧空aosoraさんのこと。

-

ぜひぜひお味見&お話聞いてみてくださいね。

-

-

碧空aosora

大阪府藤井寺市林4-6-11

-

-

-

237a4429

道明寺天満宮手づくりの市

5/29(日)の次は、

9/19(月・祝)に開催を予定しています。

-

出展申し込みの受付は、

7/11(月)〜17(日)の期間を予定しておりますが、

詳細につきましては、後日、改めてご案内いたします。

-

-

Readyfor2

<TEDUKURI NO BOOK project>

https://readyfor.jp/projects/tedukurinoichi

とうとう80%まで来ました!

本当にうれしい気持ちでいっぱいです。

あとひといき、頑張ります!!

saredo-されど-

<2016.5.29出展者のみなさまご案内>

12959590_1003289436428257_816697973

saredo - されど-

”落ちわた”が紡ぐサスティナブルな暮らしを標榜し、

暮らしの中に”落ちわた”を取り入れることで、

平和、貧困、格差などの社会が抱える問題の一員ともなり得る

資源問題について、立ち止まって考えてみませんか?

-

注)糸をつくる工程で綿を梳いたときに落ちる短い繊維のこと

-

という価値観を糸・商品を通じて表現し、伝えるために。と

活動されている「saredo - されど-」の萱澤夫妻。

-

捨てられるはずの"落ちわた"100%で紡いだ糸を

2種類の染め方で染め、36色の色をつくり、

靴下や帽子などの商品を製作しておられます。

-

ざっくりとした風合いは”落ちわた”だからこそ、の佇まいで、

カラーバリエーションも絶妙な色合いのものが、

ずらり。と並ぶその隣りで、

去年5月の市のときに開いてくださった

「靴下を染めるワークショップ」も1年ぶりに開いてくださることとなりました。

Saredo

saredo - されど- WORKSHOP

「帰って来たベンガラさん〜藍(愛)とベンガラ染めのワークショップ〜」

-

◎時間:10:30AMからと12:00PMからの二回開催

◎募集人数:それぞれ5組

(原則お1人1組、お子さまとご一緒のかたは複数人でも1組)

-

◎料金:3,000円

(税込、ワークショップ代金と染色用の大人用くつ下代込み)

メンズorレディスの saredo -されど-セミクルー丈くつした= Radish

or ヘンプとコットンのアンクレット(スニーカー丈)くつした = Barnacle

からお選びいただき、絞り柄を自由に組み合わせて、

あなただけのくつしたをデザイン、染めます。

Img_0982_2

<事前予約もできます>

参加ご希望の方は、予約用メールアドレス

saredo.watanowa@gmail.com まで

-

◎お名前、人数

(原則お一人、お子さま連れのかたはお子さま含めた人数明記下さい)

◎ご希望時間(10:30AM or 12:00PM)

-

を記載頂き、メールにてお申し込みください。

ご希望の時間帯等はメールの先着順となります。

-

当日キャンセルが出た場合や空きがある場合、

市当日の参加受付もします。とのことですので、

saredoさんのブースで直接尋ねてみてくださいね。

Img_1076

saredo-されど-ご主人が、

たのしく、やさしく、レクチャーしてくれますよー。

Img_1037_2

染める時はゆっくりと揉み込むようにすれば

染液が飛び跳ねることはない。とのことですが、

お子様とご一緒の方は特に、汚れても良い服装でお越し頂いた方が

無難かも知れません。

-

ご自分で染めたい白のハンカチ、お子さんのTシャツなどがあれば、

持ち込みして頂き染めて頂いてもOK!とのこと。

(お一人様(一組)一点までとのこと)

Saredo2

(2015.5)

自分だけのオリジナル靴下を染めたい方には、

染色用の靴下とベンガラ染めの染料のミニボトルセットの

販売もあるようですので、ご興味ある方はぜひぜひ!

-

-

saredo - されど-

http://saredo-watanowa.hatenablog.com

https://www.facebook.com/wata.no.war.in.cottonproject

https://instagram.com/ariatsukayazawa

https://instagram.com/kashikokeshi

-

-

-

Img_10161

"出会うものが日々の一部になる"

2016.5.29 sun

10:00 open 2:00 close

(大変申し訳ありませんが・・

10:00前に来場いただきましても、ブースを見ていただくことが出来ません。

市は10:00 スタート!いたします。開催を長くつづけていくためにも、

ぜひ電車をご利用のご協力よろしくお願いいたします。)

<2016.5.29の市のこと>

http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html

-

-

-

Readyfor2

<TEDUKURI NO BOOK project>

https://readyfor.jp/projects/tedukurinoichi

目標達成まであと少し!?

237a4416

これは以前にコピー機でつくったSNAP-BOOK。

今、クラウドファンディングで製作費支援を募集している

[TEDUKURI NO BOOK]に、

ぜひぜひお客さまのスナップページをつくりたい!ので、

今度の市では、旦那(38/W PHOTO./口下手カメラマン)と

私(お声かけ/しゃべり担当)が、タッグを組んで会場を回り、

お客さまのスナップ撮影をしたいと思っています。

-

みなさまの素敵な姿、撮らせてくださいね♡

ヒラメキノタネ WORKSHOP 「色の惑星づくり」

<2016.5.29出展者のみなさまご紹介>

-

-

C360_20160516115156479

ヒラメキノタネ

「ただ制作するだけ」のワークショップではなく、

『感じる・考える・表現する・伝える』ことを楽しむための

ワークショップを今回ひらいてくださる

「ヒラメキノタネ」さん。

-

お子さんが小さかった頃に、

「ワークショップ」という場に魅力を感じ、

「親子が何かを感じて、学べる場をつくりたい!」と

活動を模索する中で、

昨年、「こども色彩教育アドバイザー」という資格も取得され、

ワークショップのお手伝いという形で、

今までいくつか携わって来られていましたが、

-

これから、独自の色あそびやものづくりを中心とした

ワークショップを自分で企画し、開いていきたいと、

その最初のスタートに、この市を選んでくださいました。

-

何度も市には遊びに来てくださっていたそうで、

お子さんが楽しめる場所がもっとあれば、

もっと素敵な空間になるのでは。との思いもあったとか。

(うんうん。その通りですね。)

-

「この市に出るからには中途半端ではなく、きちんと準備したい、、、」と

3年がかりで準備してくださったという、

ヒラメキノタネさんによる「色あそびワークショップ」が、

5/29、デビューします!Let's enjoy togather.

Colorworks2

ヒラメキノタネ WORKSHOP

「色の惑星づくり」

-

、青、の3色から生まれる新たな色を感じながら、

色の惑星をつくりましょう。

水と絵の具の出会いは偶然がいっぱい。

ひとりひとり違うことが、おもしろい!

自由な発想で楽しめたらと思います。

-

-

◎所要時間 1回につき、最大10名様まで 45分ほどのワークです。
10:00~、11:00~、12:00~、13:00~
当日受付(1回の定員を超えた場合は、次の回の予約となります)
※汚れてもよい服装でおこしください
-
-
◎費用 500円 
 家で楽しめる惑星づくりキットも同じく500円で販売予定です。
-
-
◎対象年齢 保護者の方が一緒なら2歳くらい~大人の方まで
 (小さなお子様にも安全に作られている国産絵の具を使いますが、
いろいろなものを口に入れないようになってからのお子様対象と
させていただきます)

1463364327600

出来上がったら木にぶら下げて乾かしましょう!

”色の惑星”がたくさんぶら下がったら、、、

まぁ!何て素敵な風景。

-----

今回のワークショップでつかうのは、

「まっち絵の具」という、

小さな絵の具メーカーさんの絵の具。

-

こどもたちや環境にも配慮した素材だけを用いて、

顔料を超微粒子にするという独自の技術によって

つくられる「まっち絵の具」は、

3色を混色しても濁りが少なく、発色がとても鮮やかで、

今回のワークショップにぴったり!

Colorworks1

一部の画材屋さんかオンラインショップにしか売っていなくて、

目にする機会もほぼないのでは・・という、

この「まっち絵の具」の絵の具を

特別に販売!もしてくださいますよー。

-

まっち絵の具について

http://match-japan.com/JP/about.html

(HP、とてもステキです)

-

-

みなさんにいろんな「ヒラメキのタネ」が見つかりますように。

-

-

ブログ https://hiramekinotane.theblog.me/

インスタグラム: hiramekinotane

https://www.instagram.com/hiramekinotane/

-

-

(余談)

先日、とあるものづくり工場でのイベントで

「ヒラメキノタネ」さんにばったり遭遇!

Img_4486

はるとも、

Img_4492

つむぎも(私も)

Img_4495

お面づくりに夢中。

Img_4499

すんごい楽しかったです。

-

-

2016529dm

"出会うものが日々の一部になる"

2016.5.29 sun

10:00 open 2:00 close

(大変申し訳ありませんが・・

10:00前に来場いただきましても、ブースを見ていただくことが出来ません。

市は10:00 スタート!いたします。開催を長くつづけていくためにも、

ぜひ電車をご利用のご協力よろしくお願いいたします。)

<2016.5.29の市のこと>

http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html

Readyfor2

<TEDUKURI NO BOOK project>

https://readyfor.jp/projects/tedukurinoichi

チラリ。と見るだけよ。。でもぜひ!

-

237a4428

これも以前、自分の記録用に制作した

市のPHOTO BOOK。

-

市の空気を丁寧に切り取って、

言葉を紡ぎ、伝えたい。