skep / MMM MADE

<2016.5.29出展者のみなさまご紹介>

-

-

4

Skep

2015年にスタートした、

服や布カバン、バッジやブレスレットなどの雑貨小物など、

提案する「skep」さん。

2

約20年間、服の販売や、

ウェディングドレスや服のオーダー受注製作を行ってきたメンバーや、

グラフィックデザイナーを含めた3人で、

活動しておられます。

3

以前にこの市を見に来てくださり、

「ここでなら出展してみたい」とお話してくださり、

今回、初めてご出展していただけることとなりました。

1

「シンプル+α」なものを。

-

パラフィン加工を施したコットンをつかった

大きなショルダーバッグは、

身体にぴったり添わせて持ったり、

肩にかけたり。

-

持ち方で雰囲気がぐっと変わる。

5

天然石と編んだ糸をつかってつくるブレスレットは、

時を経て、擦り切れるまで。とシンプルでさらりと着けたいもの。

-

まるで昔、身につけていたミサンガのような。

(切れたら、願い事が叶う。と着けてませんでしたか?

中学生の頃くらいかなぁ。)

-

-

スタートしたばかりで、まだまだ少ないアイテム数ながらも、

ぎゅぎゅっと詰まったskepさんの世界観に

ぜひ触れてみてください。

-

-

Skep

BASE skep-online shop  http://skep.theshop.jp/

-

-

-

11954603_970994746297741_1857670692


MMM MADE

カバンや帽子、服など、オリジナルの布ものプロダクトを

企画製作している「MMM MADEエムエムエムメイド」さん。

-

5月の出展は、これまでとは異なる内容での出展で。と

今回は全てフィンランドで買い付けた古着・USED品をつかった

リメイク品をお持ちくださることに。

-

ずばり!

「セカンドサイクルヨカポイカ」in 手づくりの市

-

「セカンドサイクルヨカポイカ」

MMM MADEさんが昨年から行っている

リサイクルのプロジェクトのことで、

Cxhmewvaaaphgs

 

フィンランドで買い付けた

ストライプのプリントシャツ(↑これがヨカポイカシャツ)。

状態の良いものは、そのままUSEDのお洋服として。

で、あまりよくない状態のものは、

12038198_981760238554525_2000977258

こんなふうに、

ワンピースや襟を変えたシャツなどに、補修&リメイク。

新たな魅力と命を吹き込むというプロジェクトを、

「セカンドサイクルヨカポイカ」と呼ぶわけであります。

-

市には、<MENS><WOMENS><KIDS>と

揃えての登場!ながらも、

海を渡り、MMM MADEさんの手を経て届けられる、

すべて一点もの。

-

私も一応、洋服つくってます・・・で言わせて頂くと、

洋服って、リメイクより生地からつくる方が断然ラクチン!

だから、このプロジェクトからは、

MMM MADEさんの洋服・ヨカポイカシャツへの深い愛情が

ムンムン感じられて、うれしくなる。

-

しましま好き、洋服好きにはたまらないブースになりそうです。

(うっしっしー)

-

-

-

MMM MADE

twitter @mmmmadeinfo
Instagram @mmm_made_fabricproducts

-

-

-

2016529dm

"出会うものが日々の一部になる"

2016.5.29 sun

10:00 open 2:00 close

(申し訳ありませんが、10:00前に来場いただきましても、

 ブースを見ていただくことが出来ません。

 市は10:00 スタート!いたします。)

Readyfor2

【TEDUKURI NO BOOK project】に、

クラウドファンディング [READY FOR]を通じて、

チャレンジ中!

-

プロジェクトは30日間のチャレンジ(6/8まで)で、

[TDUKURI NO BOOK]制作費25万円の達成を目指します。

-

<詳細や支援方法は>

https://readyfor.jp/projects/tedukurinoichi

-

-

初日、2日目を終え、

たくさんの温かいお気持ちを本当にありがとうございます。

初日はソワソワしすぎて、眠れなかった・・という旦那。

(私は連日深夜に及ぶ、ページ作業により、公開初日はぐっすり・・)

-

応援してもらえるのはうれしいけれど、

押し付けがましく言うのは絶対イヤだー。と思い続けていますが、

自分のお金だけでBOOKをつくったら、

きっと自己満足な本になっていたかもしれない。

目に見えるもの、見えないもので、

温かく見守ってくださる方々の気持ちに応えられるような、

とにかく素敵なBOOKをつくりたい。と思えたことが、

このREADY FORを通じたプロジェクトの意義かもしれません。

-

素敵な市、そしてBOOKがつくりたいです。