Especially / fumigate フミノテ / kaon / shikafuco

<2016.5.29出展者のみなさまご紹介>

-

-

Especially / fuminote フミノテ

Img_8760

古いものや作家の方の作品を扱うお店を営みながら、

アクセサリーやブローチ、布や革小物を

製作しておられる「Especially」さん。

Img_9276

”自分が好きなものをつくる”という気持ちしかない。から、

つくるものは、ほとんどが一点もの。

Img_8759

海外で買い付けて来た什器とともに、つくりあげられる

「Especially」さんの世界観をぜひ味わいたい。

Img_8770

焼菓子で活動しておられる

「fuminote フミノテ」さんといっしょに

私たちの市には初めてご出展してくださいます。

Img_1052

Img_1369

-

-

-

Img_2384

kaon

生活の中で、糸を紡ぎ、大地の草木から色をいただく。

Img_2395

”ものづくりをしている”というよりは、

私の方が、大地や水、光など流れゆくものから

いろんなものをいただいているんです。というkaonさん。

Img_2388

つくることも、

たべることも、

大地も笑顔も、

同じ、生きることの一部で繋がっているもの。

-

大切にしたいことが、静かにそっと形になると

こういうふうになるのかなぁ。

-

綿の手紡ぎ糸と布、

アクセサリーと小さなものたち。が並びます。

-

-

Fullsizerender

shikafuco

微生物や石、植物など、

さまざまな「生命」の形に思いを馳せ、

イメージを膨らませて、成形焼成した陶器のパーツをつかって

アクセサリーなどを製作している「shikafuco」さん。

Fullsizerender_1

作品を見ると、

目に見えるもの、見えないもの。に

眼差しを向け、内包するイメージを形にする、

その彼女の頭の中の風景を知りたくて、ソワソワしてしまう。

Img_2358

アクセサリーというより、

「装身具」

-

その装身具の先にある風景は、手に取るひとに託されている。

Fullsizerender_2

新しいインスピレーションや形にしたいものが

ふつふつと沸いてくるうちは、

必死に表現し続けたい。という彼女。

5月の市には、

「夏の木漏れ日」や「川の波紋が映る石」をイメージしたものを

製作。お持ちくださる予定です。

-

-

shikafuco

http://shikafuco.blogspot.jp/

-

-

-

Dscf3331

"出会うものが日々の一部になる"

2016.5.29 sun

10:00 open 2:00 close

(大変申し訳ありませんが・・

10:00前に来場いただきましても、ブースを見ていただくことが出来ません。

市は10:00 スタート!いたします。開催を長くつづけていくためですので、

どうぞご理解ご了承くださいませ。)

<2016.5.29の市のこと>

http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html

Readyfor2

<TEDUKURI NO BOOK project>

https://readyfor.jp/projects/tedukurinoichi

237a4424

以前に「photoback」でつくったTEDUKURI NO BOOK

(私の個人的な記録として)

もう何年前の開催のことになるだろうか!?

うちの旦那が高校時代の軽音楽部の友人と、

アコースティックギターを持って、

小さなライブをしたこともあったな。

-

いつまでも好きなことをしていたい。