saredo-されど-

<2016.5.29出展者のみなさまご案内>

12959590_1003289436428257_816697973

saredo - されど-

”落ちわた”が紡ぐサスティナブルな暮らしを標榜し、

暮らしの中に”落ちわた”を取り入れることで、

平和、貧困、格差などの社会が抱える問題の一員ともなり得る

資源問題について、立ち止まって考えてみませんか?

-

注)糸をつくる工程で綿を梳いたときに落ちる短い繊維のこと

-

という価値観を糸・商品を通じて表現し、伝えるために。と

活動されている「saredo - されど-」の萱澤夫妻。

-

捨てられるはずの"落ちわた"100%で紡いだ糸を

2種類の染め方で染め、36色の色をつくり、

靴下や帽子などの商品を製作しておられます。

-

ざっくりとした風合いは”落ちわた”だからこそ、の佇まいで、

カラーバリエーションも絶妙な色合いのものが、

ずらり。と並ぶその隣りで、

去年5月の市のときに開いてくださった

「靴下を染めるワークショップ」も1年ぶりに開いてくださることとなりました。

Saredo

saredo - されど- WORKSHOP

「帰って来たベンガラさん〜藍(愛)とベンガラ染めのワークショップ〜」

-

◎時間:10:30AMからと12:00PMからの二回開催

◎募集人数:それぞれ5組

(原則お1人1組、お子さまとご一緒のかたは複数人でも1組)

-

◎料金:3,000円

(税込、ワークショップ代金と染色用の大人用くつ下代込み)

メンズorレディスの saredo -されど-セミクルー丈くつした= Radish

or ヘンプとコットンのアンクレット(スニーカー丈)くつした = Barnacle

からお選びいただき、絞り柄を自由に組み合わせて、

あなただけのくつしたをデザイン、染めます。

Img_0982_2

<事前予約もできます>

参加ご希望の方は、予約用メールアドレス

saredo.watanowa@gmail.com まで

-

◎お名前、人数

(原則お一人、お子さま連れのかたはお子さま含めた人数明記下さい)

◎ご希望時間(10:30AM or 12:00PM)

-

を記載頂き、メールにてお申し込みください。

ご希望の時間帯等はメールの先着順となります。

-

当日キャンセルが出た場合や空きがある場合、

市当日の参加受付もします。とのことですので、

saredoさんのブースで直接尋ねてみてくださいね。

Img_1076

saredo-されど-ご主人が、

たのしく、やさしく、レクチャーしてくれますよー。

Img_1037_2

染める時はゆっくりと揉み込むようにすれば

染液が飛び跳ねることはない。とのことですが、

お子様とご一緒の方は特に、汚れても良い服装でお越し頂いた方が

無難かも知れません。

-

ご自分で染めたい白のハンカチ、お子さんのTシャツなどがあれば、

持ち込みして頂き染めて頂いてもOK!とのこと。

(お一人様(一組)一点までとのこと)

Saredo2

(2015.5)

自分だけのオリジナル靴下を染めたい方には、

染色用の靴下とベンガラ染めの染料のミニボトルセットの

販売もあるようですので、ご興味ある方はぜひぜひ!

-

-

saredo - されど-

http://saredo-watanowa.hatenablog.com

https://www.facebook.com/wata.no.war.in.cottonproject

https://instagram.com/ariatsukayazawa

https://instagram.com/kashikokeshi

-

-

-

Img_10161

"出会うものが日々の一部になる"

2016.5.29 sun

10:00 open 2:00 close

(大変申し訳ありませんが・・

10:00前に来場いただきましても、ブースを見ていただくことが出来ません。

市は10:00 スタート!いたします。開催を長くつづけていくためにも、

ぜひ電車をご利用のご協力よろしくお願いいたします。)

<2016.5.29の市のこと>

http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html

-

-

-

Readyfor2

<TEDUKURI NO BOOK project>

https://readyfor.jp/projects/tedukurinoichi

目標達成まであと少し!?

237a4416

これは以前にコピー機でつくったSNAP-BOOK。

今、クラウドファンディングで製作費支援を募集している

[TEDUKURI NO BOOK]に、

ぜひぜひお客さまのスナップページをつくりたい!ので、

今度の市では、旦那(38/W PHOTO./口下手カメラマン)と

私(お声かけ/しゃべり担当)が、タッグを組んで会場を回り、

お客さまのスナップ撮影をしたいと思っています。

-

みなさまの素敵な姿、撮らせてくださいね♡