うつわユニット・ボーメ / モニークカフェ / chancy

<2016.5.29出展者のみなさまご紹介>

Imgp6738

うつわユニット・ボーメ

baume_kyotoで作陶する

上阪(こうさか)道子さんと

baume_osakaで作陶する

出水(いずみ)みゆきさん。

-

自分たちの使いたいもの、

使ってみて使いやすいものを、

それぞれの工房で作陶し、持ち寄って発表する。という、

「うつわユニット・ボーメ」のお2人。

-

このような活動方法が成り立つのは、

きっとお2人の中ではっきりと描く「ボーメらしさ」に

お互い絶大な信頼を寄せ合っているから。かな。

Imgp6770

「ものづくりや作品、または活動方法などにおいて、

現在、ご自身の理想の何パーセントぐらいだとお考えですか?

自由にお聞かせ下さい。」と

今回の出展申し込みの受付では、みなさんにお尋ねしてみました。

(そのひとのアイデンティティが少しでも知りたいので、

 いつも質問をあれこれ考えます。丁寧に答えてくださるみなさんに感謝!)

-

その質問に対して、

今は理想の30%くらい・・

もっと思う形を成形したり、釉薬を調整したり、

技術力を磨いて、もっと精度の高い仕事がしたい。と、

baume_Osakaのイズミさん。

-

つくりたいものが頭の中にあるのに、

技術が足りなくて毎回悔しい思いをしているんだとか。

ただ、今の技術レベルだからこそつくれるうつわもあるかもしれないから、と

ひたすらに愉しみながらつくります。

Imgp6794

「白」にもいろんな豊かさがあるんだと

知ることの出来るボーメさんのうつわ。

-

先日、遊びに行ったおうちで、

ボーメさんのうつわと思いがけず遭遇。

-

不均一な丸の、白とグレーの小さなお皿が全部で4つ。

おやつがちょこんと乗せられていたうつわたちが、

テーブルの上で心地よいリズムを奏でるように置かれ、

その風景がほんとうに素敵で、胸がときめきました。

-

とっても気さくなお2人です。

つくったうつわの話をするのが大好き。とおっしゃるので、

ぜひぜひ時間の許す限り、うつわを手に、

言葉を交わしてみてくださいね。

-

-

-

うつわユニット・ボーメ

https://www.facebook.com/utsuwabaume/

-

-

-

001

MONIQUE CAFÉ (モニークカフェ)

大阪・堺市にある「モニークカフェ」さん。

厳選した国産の有機野菜やオーガニックの食材を中心に、

天然酵母パンや料理、デザートまで、

全てお店のキッチンでつくり、提供しておられます。

-

スパイスや調味料も、出来る限りオーガニックのものを選び、

白いお砂糖や動物性原料を含むものは不使用。

-

「アレルギーあるなし。に関係のない”おいしい”を届けたい」

「こんなカフェがあったらいいな」という

店主・岡田さんの思いがいっぱい詰まったお店は、

4月で6周年を迎えられました。

-

”当たり前”のことを”丁寧”に。

と、どんなことにも手を抜かず、

食べてくださる方のことを想ってつくる。

-

5月の市では、

卵・乳製品つかわず焼き上げたモニークカフェ定番の焼き菓子と

たくさんはお持ち出来ないけれど、のパン。

暑かったら、冷たいドリンクもご用意してくださるとのことですよー。

-

-

MONIQUE CAFÉ (モニークカフェ)

http://www.monique-café.com

-

-

-

Image_11

chancy

天然石をつかった耳飾りを製作しておられる

「chancy」さん。

-

イギリスの高校で陶芸をし、

日本では大学に通いながら、彫金専門学校に通い、

社会人になってからは、服飾専門学校へ。

-

身につけるもののほかにも

音楽や映画、車の運転などなど、

好きなものがたくさんあって、一体どんな方なんだろうか??と

どうしてもお会いしてみたくなったchancyさん。

-

東日本大震災の発生を受け、

埼玉県から和歌山県へと移住されてこられたというchancyさんが

石をつかって耳飾りをつくるのは、

ただ「きれいだから」とシンプルな理由。

石の意味や効果にとらわれず、

染色、放射処理されていない天然石を選びつくっているんだそう。

-

いつか、石を探しに外国の土地にも赴きたいし、

機会があれば、日本でもいろんな土地に行って、

ものを見て、ひとと話したい。

-

その思いを1つ叶えるため、

初めてこの市に出展しにいらしてくださいます。

-

-

-

Dscf3331

いよいよ来週ですね。ドキドキ。。

明日、ブースMAPを掲載しますー。

-

"出会うものが日々の一部になる"

2016.5.29 sun

10:00 open 2:00 close

(大変申し訳ありませんが・・

10:00前に来場いただきましても、ブースを見ていただくことが出来ません。

市は10:00 スタート!いたします。開催を長くつづけていくためにも、

ぜひ電車をご利用のご協力よろしくお願いいたします。)

<2016.5.29の市のこと>

http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html

-

雨の場合、開催場所/時間が変更となる場合があります。

開催につきましては、こちらのblogを通じて

お知らせいたしますので、ご確認いただけますと幸いです。

-

-

Readyfor2

<TEDUKURI NO BOOK project>

https://readyfor.jp/projects/tedukurinoichi

-

-

ぼんやり浮かんでいるBOOKの内容を改めて紙に書き出し、

具体的な構成を考え始める。

Img_4507

目標額達成!してもしなくても、

もうここまで来たら、つくります。

-

素敵なBOOK・・つくれるかな・・?というより、

素敵なBOOK、つくるためにはどうしたらいいかな?

の気持ちだけで。