<2016.9.19 雨天時の開催について>

継続的に雨の降る恐れのある予報、

または雨足の強まる予報が出た場合は、

やむなく道明寺天満宮での開催を見送り、

以前に2度開催を行ったことのある屋内施設

「クリーンピア21」(大阪府羽曳野市)へ

開催場所を移したいと思います。

-

「道明寺天満宮」という場所は私たちにとって

特別で、何より大切ではありますが、

以前に一度、天満宮にて雨の降る中で開催を行った際に

伴った困難や危険などを踏まえ、

代替できる屋内施設があるのであれば、

心を込めてつくっていただいたものが、

雨に濡れて台無しになることなく、

たくさんの方の手へ届けられるように、

開催出来ることを最優先にしたいと考えています。

-

開催については、9/19当日の朝6:00に判断を行い、

ブログにてお知らせをいたします。

ご来場予定の方は、必ずご確認ください。

-

道明寺天満宮での開催が困難だと判断した場合、

「余熱利用施設 クリーンピア21」(大阪府羽曳野市)にて、

「出張・手づくりの市」の開催に変更させていただきます。

-

<「出張・手づくりの市」の開催案内>

会場・柏羽藤環境事業組合 余熱利用施設 クリーンピア21

    2F 多目的室1・2・工作室・大広間  

    583-0848 大阪府羽曳野市川向27番地 

   (道明寺天満宮より車で10分ほど)

     072-975-2580

-   

開催時間  / 11:00-15 : 00

↑通常開催とは異なりますので、ご注意ください。

-

無料の駐車場(190台分)完備。

車100台/駐輪90台の間違いです。大変ご迷惑をお掛け致しました。

訂正いたします。

最寄り駅 / 近鉄南大阪線「駒ケ谷駅」より徒歩10分 

(道明寺駅より2駅) 

-

●会場が混雑した場合には、入場を順番にご案内させていただきます。

●ご自由にお使いいただける和室スペースをご用意し、

  こちらで予定していたワークショップを行いたいと思っています。

 飲食可 / 絵本なども用意しまーす。

●スペースの都合上、出展を断念/12月の市へ振替される方が

おられる場合があります。また出展内容が変更となる場合もあります。

何卒ご理解、ご了承くださいませ。 

-

-

どんな天候でもあっても最善を尽くして開催出来るよう、

準備を進めています。

道明寺天満宮での開催とは雰囲気も異なると思いますが、

たとえ雨が降った場合でも、

ぜひ出展者のみなさまに会いにいらしてくださーい。

-

「出張・手づくりの市」開催の様子

dubluvyobs / kaon

<2016.9/19出展者のみなさまご紹介>

 

Img_6251

-----

dubluvyobs

-----

「simple but something Funny」をモットーに、

2013年、神戸で生まれた

平田夫妻による小さなカバンブランド

「dubluvyobs(ダブラヴヨブス)」さん。

-

主にパラフィン(ロウ引き)加工の帆布をつかったカバンは、

はじめは硬く、ゴワゴワした手触り。

使い込むほどに、履き込んだデニムのように柔らかくなっていき、

シワが刻まれ、表情がぐっと良くなっていく。

Img_1619

つかっていくうちに自分のものになっていく感覚がうれしいカバン。

-

最近はエプロンやブックカバーなどをつくる機会もあったとかで、

カバン以外のアイテムも充実の予感。

カラーオーダーも出来るとのこと。

-

[想像から想像していくものづくり]

何事も楽しみ、しなやかに吸収。

コツコツと積み上げ、道を切り開き、突き進む。

そんなお2人がつくるカバンです。

-

-

-

ブログ: http://white96anddubluvyobs.blogspot.jp

FB: https://www.facebook.com/White96andDubluvyobs/

instagram: https://www.instagram.com/dubluvyobs/

Img_2384_2

-----

kaon

-----

綿を手紡ぎした糸と布や

アクセサリーや小さなものたちをつくっているkaonさん。

-

瑞々しい感性で、自然を感じ、

まるで日記に言葉を記すように、

日々、紡ぎ出されるkaonさんの糸。

-

「自然」「生きること」

言葉で書くと、どうも大袈裟で

なんだか本当に大切なことがこぼれ落ちているような気になる。

-

kaonさんのものが生まれる場所を

自分の五感で感じてみたくて、

[TEDUKURI NO BOOK]にそのものづくりの日常を

掲載させていただきたいとお願いしました。

-

「私の取材というより、

日々、感じている鳥の声や、草や土の匂い、太陽の移ろいなど、

空気を感じにいらしてください。」

という言葉に、心を空っぽにして訪れたkaonさんのご実家。

-

電子機器は使い方がよくわからなくって・・と

HPやSNSなどでご自身の発信を行っていないkaonさん。

-

だからこそ、どんな場所でどんなふうに

kaonさんのものが生まれるのか、見てみたいひと。

きっと私たちだけじゃ、ないですよね!?

Img_2718_2

Img_2606

兵庫県加古川市にあるkaonさんのご実家、工房、お庭の風景を

10Pに渡り、[TEDUKURI NO BOOK vol.1]に、

掲載させていただきました。

-

想像していた以上の自然のスケールが感じられる場所で、

私たち夫婦はしばらく時間を忘れて、

ただただ、その風景を眺める。暑い夏の午後。

この場所の心地よさをめいっぱい吸い込んだものが、

あの市に並んでいるものなんだ。と、

宝物を見せてもらったように、うれしくなった私たちの気持ちを

少しでも伝えられることができればよいなぁ。

と思いを込めて。

-

-

-

2016919dm

台風の進み具合がゆっくりになってきているようで、

直撃は免れそうな、19日。

でも雨の心配はまだまだつづいていますね・・

-

開催については、

きっと当日の難しい判断になるかもしれませんが、

出展者のみなさまがこの市のために製作/準備くださったものを

遊びに来てくださるみなさまにちゃんと届けられるよう、

屋内開催の準備にも明日動き、19日に備えます。

(現時点では施設の空きは確認済み/確保はまだ)

-

詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

ギリギリの判断となり、恐れ入りますが・・

今日までご紹介させていただいた出展者のみなさまとの出会いを

どうぞ楽しみにお待ちいただけますように。

-

-

<2016.9/19の市のこと>

http://www.tedukurinoichi.com/pg162.html

うつわ うたたね / M&D share stying

<2016.9/19出展者のみなさまご紹介>

Twin

-----

うつわ うたたね

-----

奈良で作陶活動を行う「うつわ うたたね」さん。

237a5156

目の覚めるような鮮やかな碧や粉引のうつわ。

(青、よりこちらの字が似合う気がする。)

237a5152

中でもしのぎのあるお皿は、

「うたたね」さんの代名詞のような作品になりつつあるような。

-

大きさもさまざまで、

しのぎも真っ直ぐ入ったものや、斜めに入ったものなど、表情豊か。

1枚あるだけで、ぐっと雰囲気が出て、絵になるアイテム。

-

「すごい人気ですねー」と

声を掛けてもらうことも増えてきたけれど、

きっとこんなことは続かない。と冷静に今の状況を見つめる。

-

こんなうつわで大丈夫なのか。

-

長く作陶を続けてきても、そんなふうに思う。

-

現状に不安を感じたり、満足していないからこと、

よりよいものを。と努力を重ね続けてこれるのではないだろうか。

237a5142_3

ただ、つくりつづけたい。

その気持ちがあれば。

237a5133_2

(上記4枚、BOOK撮影につかううつわを

うたたねさんに持って来ていただいた時に撮影した写真です。

お皿を持っているのは、うたたねさん本人。

うたたねさんのうつわ、TEkaraTEさんのお料理が載るとまた違った表情。

BOOKにてぜひ!)

-

-

-

ブログ http://claycraft.exblog.jp/

facebook https://www.facebook.com/utsuwa.utatane

instagram http://instagram.com/utsuwa.utatane/

-

-

-

Image3_2

-----

M&D share stying

-----

シンプルで心地よい”大人のLife style”を提案している

羽曳野にあるお店「shoot up」さん。

-

平日完全予約制の贅沢なおもてなしのランチを提供している一方、

『M&D share stying』というオリジナルのウェアブランドを

展開しています。

Mother&Daughter 。

母と娘でシェアできるシンプルな大人のウェア。

-

体型や年齢、積み重ねてきた経験。

シンプルだからこそ、着る人によって、

いろんな表情を見せてくれる。

Image1

シンプル、な中にも、ちらりと見え隠れする、

『M&D share stying』らしさ。こだわり。

-

服を自分らしく纏いたいひとへ。

-

-

http://shootup321.jp

-

-

--------------------------------------------------------------------------------

Sign

台風接近が心配されております。

警報が発令されるなど、危険が伴うと判断した場合は、

やむなく開催を中止することもありますこと、

あらかじめご了承ください。

-

雨が降る中、道明寺天満宮での開催は、

危険や不便が伴うので、その場合は、

屋内施設での開催に切り替える可能性があります。

-

ただ、過去の経験から、

天気予報が前日に変わることも多々あり、

(何なら、当日の予報と違うことも!)

判断をギリギリまで待ちたいと思います。

-

そのつど、こちらのブログにてお知らせいたしますので、

どうぞご確認よろしくお願いいたします。

-

-

現時点では、「くもり時々雨」

1番、判断が難しいパターン・・・

-

-