ハミングドーナツ / 手作り絵本工房 さんきち / aco.


<2018.12.2出展者のみなさまご紹介>


unnamed-6.jpg


ーーー

ハミングドーナツ

ーーー

ひと口かじると、音符が弾ける♪



「ハミバじゃないよ、ハミドだよ。」を合言葉に(!?)
八尾市でクッキー屋を営む「ハミングバード」さんが、
今回は揚げたてのドーナツを提供する「ハミングドーナツ」として登場。


unnamed-3.jpg

クッキー屋を始める前は、
パン屋さん、そしてドーナツ屋さんに勤めていた「ハミド」さん。

その中で、「もっとこうしたらいいのに」ということが、
色んなことの重なり合いの中では難しいことを感じていたことから、
自分の責任の持てる範囲で、納得できるものをつくり、販売したい。と
立ち上げたのが、クッキー屋の「ハミングバード」なんだそう。


去年の12月の市に遊びに来てくれていたハミドさん。
「あたたかいおやつがあれば喜ばれるだろうなぁ。」と思いを巡らせ、
ドーナツのフライヤーを貸してもらえるというご縁もあって、

「ハミングドーナツ」を企画。

unnamed-5.jpg

夏の間、ドーナツをずっと試作していたというハミドさん。


「クッキーの製造販売もある中で、大変だったでしょう?」と訊ねると、
「それよりも楽しくて仕方なかったですよー」と
言ってのけるハミド(ハミバ)さん。


イメージするのは、
ふわふわ〜っと軽い食感のドーナツではなく、
外はサクッと、中はホワッと生地の美味しさが
シンプルに味わえる、どこか懐かしいドーナツ。

手軽にかぶりついてほしいから、材料にこだわっていたとしても、
手頃な価格で提供したいという思いを持ちつつ、
悩んだ末、、、ドーナツをより美味しく揚げることのできる
「太白ごま油」を用いることに。

「食べ比べないと油の違いは分からないと思うけれど、、」
というレベルのことでも、
つくるからには、「やっぱり自分が納得したものを提供したい」
というシンプルで真っ直ぐな思い。

unnamed-4.jpg

生地の美味しさをシンプルに味わう、
プレーン、きび糖、セイロンシナモンの3種。

「冷めてからも美味しく召し上がる方法も
 きっちりお伝えします。」とのことですから、
どうぞご安心して、お買い求めくださいまし。



※この日はクッキーは並びませんので、あしからず。


ハミングドーナツ




1-18.jpeg

ーーー

手作り絵本工房 さんきち

ーーー

物語を小さな手へ


手のひらサイズの、
小さな絵本を製作している「さんきち」さん。

最初は我が子に、そして孫へ。
絵本をつくり始めて30年以上が経ち、
約30もの絵本が生まれました。

1-17.jpeg

赤ちゃんのための繰り返し絵本や、
ずっこけもの、ユーモアもの、シリアスもの。など、

クスっと笑ったり、心が和んだり、愉しくなったり。
ささやかな物語が詰まった絵本は、
子どもたちの成長を見守る温かな眼差しそのもの。


1-16.jpeg

ページをめくる。
誰かが読んでくれる。
やわらかいお母さんの声。
お父さんはふざけて、ちゃんと読んでくれない。

文字がまだ読めなくても、そのときの月齢なりに、
小さな経験を持って、絵を追う。


小さな物語がぎゅっと詰まっている絵本を
小さなその手へ。

3.jpg

カレンダーの制作も、
今年で20年目となるんだそう。

さんきちさんの愛犬ミニダックス「クッキーちゃん」が、
カレンダーのあちらこちらに姿を覗かせる、
ユーモアいっぱいの、オリジナルカレンダー。

237A5946-thumbnail2.jpg

うちのつむぎはカレンダーを紙芝居みたいにして、
自分で物語をつくり、語ってくれたりします。
(写真は別の絵本ですが、、)

子どもにとっては、想像力をうんと掻き立ててくれる
さんきちさんの絵なんでしょうね。





1-79.jpeg

ーーー

aco.

ーーー

じわじわ、自分のモノになってゆく


ひとつひとつ、表情の違う
使っていて楽しくなるような革モノを
制作しているaco.さん。

1-78.jpeg

1つ1つの表情や発想がシュール過ぎて、
自分には生み出せない世界観。尊敬の眼差し。

楽しいモノをつくり出すaco.さんは、
やっぱりとんでもなく楽しいひと。

そして、aco.さんがつくり出すモノを持つ人、使う人も、
どんでもなく楽しい気持ちにさせてしまうひと。


aco.




18.12.2フライヤー.jpg

道明寺天満宮手づくりの市
2018.12.2(日)開催
10:00〜2:00

12/2の市のこと