十十十十十十 / irocomono



<2018.12.2出展者のみなさまご紹介>




unnamed-2.png

ーーー

初登場
十十十十十十

ーーー


軽やかに、健やかに。

生薬をブレンドしたオリジナルの漢方茶、
原石を使ったアクセサリー、
ドライフラワーのアレンジや植物。

「自然の力をかりて、軽やかに健やかに」
をコンセプトに、大阪・阿倍野にて
お店を営む「十十十十十十(サササ)」ご夫妻。

目紛しい日々の中、
「もっと毎日をすこやかに過ごせないものか」と
自然を求めて、出掛けていくうちに、
野草茶や漢方茶と出会い、今の活動を始められたんだそう。


不思議な屋号の「十十十十十十」は、
部首の草冠からもイメージしているんだとか。


初めてのご出展となる私たちの市には、
漢方の考えに基づき、体質や体調に合わせて
生薬や薬草をブレンドしたお茶と、


unnamed-1.jpg

装身具をお持ちくださる予定。

原石を使った装身具は、
自然のエネルギーの塊を身につけてもらい、
パワーを感じてもらえるよう、
磨かれていないそのままの姿を生かして
制作することをモットーに。

unnamed-1.png

先日、福知山の農家さんまで、
注連縄の材料の調達に出向いてきたというサササさん。


いろんな形で、
自然や植物の力を
軽やかに、健やかに。







十十十十十十(サササ)






1-28.jpeg

ーーー

irocomono

ーーー

糸と色が織りなす世界



針と糸で作品を生み出す「irocomono」さん。


長女を出産してすぐの頃、
刺繍作家atsumiさんの本をふと手にした時に、
糸と色の世界にすっかり魅了されたのが、
製作のきっかけなんだとか。



1-29.jpeg

「どうしても描きたい!」という気持ちに突き動かされて、
始めたアクリル絵具での色の表現も、

「刺繍とはまた違うスピード感で、
 浮かんできた色を解放するという、
 その躍動感が楽しい。」

と今、夢中になっていることの1つなんだとか。


刺繍アクセサリーと
アクリル画。


布、色の声を聴きながら、
つくりあげるirocomonoさんの世界。




それにしても、
自然の色や力を感じる心は、
ほんとうに人それぞれで。

その人らしく、
表現されている姿を見ると、
心がゆっくりと満たされるような気持ちになりますね。



irocomono






18.12.2フライヤー.jpg


晴れますように!

ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2018.12.2(日)開催
10:00〜2:00

ーーー

大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分


12/2の市のこと



.「12.2 フライヤーのお話」.今日は「出展者のみなさまご紹介」をお休みして、フライヤーデザインのことを綴りました。.〈38_works.HP〉→ blog 〈a day 〉http://miyai-works.seesaa.net..伝える、ということと、格闘する日々は、まだまだつづきそうです。..#38_works#酵素シロップ#フライヤーデザイン#ブログも見てね


季節と、大切なひとと