Re start.

Img_3347




先月のこと。
服づくりへの意欲がむくむくと沸き上がり、
さぁ!という矢先、
どうもミシンの糸調子が不安定。

近所のミシン修理やさんに見せに行き、
見てもらうと・・
酷使&使い方(大切に使っていたつもりだったんだけど・・)により、
相当ダメージがあるとのこと。

修理見積りをあげてもらうも、
買い替えか修理。
実にビミョーなところで、悩む・・

シンプルなウェディングドレスをつくりたくて
旦那(まだ結婚してなかったけれど)に
買ってもらった職業用ミシン。

手探りで服をつくりはじめて、
そのつたない服が、
わたしをたくさんのひととつないでくれた。
家族の服もたくさんつくった。


あぁ、私のミシン。


思いがけない故障と、
ちょっぴり自信がなくなっていたこともあって、
再び十何万ものミシンを購入することに
今さらながらためらってしまったのだけど、


旦那に打ち明けると、
「さっさと新しいミシンを買って、服を縫え」と
お尻をバシッと叩かれる。

「もしや・・ミシンを買わせるための作戦か!?」とまで
言われる。


きっと、うじうじしているのが、
私らしくないのだろう。


ネットでの激安販売の事情、
ミシンの構造や機能の比較、
いろんなことをぶっちゃけて教えてくれる、
ミシン修理職人のおばちゃんとあれこれ話すこと3時間。


「このおばちゃんが近くにいてくれるなら」と
新しいミシンの購入を決意。


生地の仕入れに充てるための予算が、
ミシン代と消えてしまい、
呆然としてしまったが、
旦那さまより追加融資を頂戴し、



Img_3357





素敵な生地とも巡り会えた。
冬は手が凍りそうなほどちめたい生地の水通しも、
この暑さの中なら、気持ちのよいこと。

もう、これは素敵な服をつくるしかありません。
コツコツがんばります。


自分のためだけでなく、
私にチカラをくれるひとたちのために。


Img_3379




つむぎ、マジでハイハイする5秒前。
生地の裁断していると、
目を輝かせてハサミを触りに来るように。(危なーい!)

Dsc00210_2




おさるのジョージで時間稼ぎ。を試みましたが、

Dsc00208_2





うーん。ダメみたい!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Photo




テヅクリノ ケイジバン new event up




Ichi





道明寺天満宮手づくりの市
2014.9/28
10:00 - 2:00
open

http://www.tedukurinoichi.com/