dubluvyobs /ふたば工房 / nest

<12/6出展者のみなさまご紹介>

-

dubluvyobs

Img_4456

「simple but something Funny」をモットーに、

2013年、神戸で生まれた

平田夫妻による小さなカバンブランド

「dubluvyobs(ダブラヴヨブス)」さん。

-

長くバンド活動を共にしてきたお2人。

旦那さまが裁断し、

奥さまが縫製。と作業は分担し、

2人でひとつのカバンをつくり上げているんだそう。

Dub2(photo by 38)

ニュアンスのあるカラーの

組み合わせからなるカバンの種類は無限∞。

同じカバンでもガラリとイメージが変わる。

お客さまからのカラーオーダーに

自分たちでは思いつかないような、

新鮮な発見と歓びがあるんだそう。

-

ロウ引きの帆布をつかったカバンは、

はじめは硬く、ゴワゴワした手触り。

それが使い込むほどに、履き込んだデニムのように、

柔らかく、そしてシワが刻まれていき、

表情がぐっと良くなっていく。

-

つかう人の形になっていくカバンたち。

-

ものづくりを行う上で、

「自分らしさ」として大切にしてること。

-

1.何か壁にぶつかったとき、

 ものづくりを本格的に始める前に、

 大切に育ててきたアイデンティティやこだわりを

 覚悟を決めて破壊し、前に進むこと

2.自分だけが自分をつくりだしている訳ではないので、

 いつも周りに感謝し、それを表現するよう努めること。

3.反骨精神を忘れないこと。

Dub1

(photo by 38)

これからもあれこれ冒険。

楽しいものづくりを颯爽と。

-

-

dubluvyobs

http://white96anddubluvyobs.blogspot.jp/

-

-

----------------------------------------------------------------------------

-

-

ふたば工房

Img_3838

前回9月の市では、

およそ200キロの道のりを経て、

出展しにやって来てくださった「ふたば工房」さん。

-

2人の娘さんのお父さん。でもある、

木地職人の井筒さん。

工房の前の道を車が通るより、

イノシシが通る方が多いほど。という

岐阜県の町にある奥さんの実家で、

お椀やお盆、皿やコップなどを挽いて

暮らしておられます。

-

つくるのは、生活道具。

普段何気なくつかっているものばかり。

そして、誰もが持っているもの。

-

誰かの生活の中に、

ほんの少しでも入りたい。

その思いの中に生きるヒントを見つけ、

デザイン、木地成形、塗りなどの完成までの工程を

一貫して制作しておられます。

-

前回の出展を踏まえ、

場所も雰囲気も少し理解した上で、

もう一度やってみたい。

もっと、うまい見せ方があったんじゃないか、と

反省と前進をしたい。との思いで、

再び、長旅を決意してくださったようです。

-

こんな小さな市に

可能性を見つけてくださること、

ほんとうにありがたいなぁ。

Img_4169

1枚のお皿の上に

遠く離れた場所を思い描く。

-

-

ふたば工房

http://futabacraft.blogspot.jp/

-

-

---------------------------------------------------------------------------

-

-

nest

藤井寺市のお隣、八尾市にある工房で、

木と鉄をつかった家具や小物、

スツールに貼った残りの革で小物をつくったり。

の「nest」さん。

-

なくてもいいけど・・あったらいいな。

お客さまからのオーダーをいっしょに形に。の

受注による制作を基本に活動しておられますので、

完成したものがずらりと並ぶ市は

とても貴重な機会。

Img_1613

nestさん。今年最後の市で、

何かを掴んで締めくくりたい一心で出展。とのこと。

訪れたお客さまにも、何か掴めますように。

-

-

木×鉄×シゲオ

nest

https://www.facebook.com/nest.jp

-

-

-------------------------------------------------------------------------------

<12/6 手のひらビスケット 特別販売>

IMG_9388.JPG


毎回好評の「TEDUKURI NO 手のひらクッキー」

今回は、5月の市にcobotobakeryさんとともに、

”粉日”として出展してくださった

「おやつ屋kiji-」さんに

つくっていただけることになりました!

(本当は、“粉日”さんとして出展していただく予定でしたが、

諸事情により出展できなくなってしまいました・・

ですが、手のひらクッキーで参加してくださいます。わぁーい!)

-

「おやつ屋kiji-」さんが、

定番でつくるビスケット。

-

小さな手のひらビスケットにして、

メープル、チョコ、紫芋の3種類。

12月6日開催にちなみ、

126えんでインフォメーションブースにて販売いたします。

-

「みんなで少しずつ、

微力かもしれないけれど、

日々行動していきたいです。」

そんな思いを込めて。

-

いつも市開始早々に売り切れてしまう、

幻の手のひらクッキー。

今回は、kiji-さんに

いつもより多めの手のひらビスケットを

ご準備いただく予定ですので、

ぜひぜひみなさんの手へ届きますように。

-

たべるひとのうれしさが、また誰かに届きますように。

売り上げの一部を東日本大震災義援金に充てさせて頂きます。

2015126dm

12/6の市のこと

http://tedukurinoichi.com/pg162.html



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック