k-tools / アオキコーヒー / enn



<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>




unnamed.jpg


・・・・・・・・

k-tools

・・・・・・・・・



「暮らしの中に、心地よさを。」
古いものや心地よい素材でつくられた、
暮らしの日用品を扱う「k-tools」さん。

地元の三重県名張市で、
お店をひらいています。

unnamed-1.jpg

扱うのは、
つくった人、使ってきた人の”気配”が感じられるもの。

ゆらぎのあるガラスの入れものやカゴ、
日本の古い布、端切れを縫い合わせることによって、
意図されない美しさをもった韓国のポシャギなど、

unnamed-2.jpg

k-tools店主・山下さんの眼差しで見出した、
時代も国も超えた美しさを内包する古い生活道具を
セレクトし、お持ちくださる予定です。


時間と人の手の積み重ねからしか生まれない
静かで力強い存在感。

何を美しいと感じるのかは、
人それぞれだから、
その感性が共鳴し合った時のうれしさを。



k-tools

instagram





0-2.jpeg

・・・・・・・・

アオキコーヒー

・・・・・・・・


日々の中で、
穏やかな”ひとてまを”

そんな思いから生まれた自家焙煎のコーヒー豆屋さん。

0-1.jpeg

コーヒーが面白いな。と思うのは、
同じものでも、飲む人によって、全く感想が違うところ。

どこかアートの香りがして、
いろんな解釈ができるもの、正解がないもの。


そんなコーヒーの要素を、
アオキさんのコーヒーからはより一層濃く感じます。

0.jpeg

肌寒いけれど、あたたかな日差しが差し込む午後に。
ちょっと集中したり、気持ちを切り替えたい時に。


焙煎度合いが深めのものを中心に、
言葉を交わしながら、
あなたの身体と心にちょうどよく馴染むコーヒーを、
この絵通りのアオキさんが提供してくださいますよ。







アオキコーヒー



unnamed.jpg

・・・・・・・・

enn

・・・・・・・・


主にウールやリネンの生地を
植物で染め、ものづくりをしているennさん。

unnamed.jpg

同じ植物でも採取する時期や場所によっても、
染め上がる色が全然違うから、

unnamed-2.jpg

出会い、感動する
いつも、あたらしい色。


0〜100まで、
全てコントロール出来るものづくりの面白さとは対局の、
自然や季節に委ね、共鳴し合うものづくり。


分類しきれない色。名前のない色。
どれもほんとうに美しい色。

樹皮で染めることもあるんだそうですよ。


unnamed-1.jpg

「つくることに立ち止まることは多々。
 それでも、前職に比べると、
 今は自分のすることに対して叱ってくれる人がいないな。と感じます。

 どちらかといえば褒められることの方が多くて、
 自分を批評しつつ、まだまだ狭い世界の中で、
 立ち止まったり、進んだりしています。」


enn






19.12.8フライヤー裏.jpg



見えないものを感じるひとへ。




ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP

この記事へのコメント