ハナ菓子店 / FURNITURE STUDIO COM / 靴屋orike



<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>


unnamed-2.jpg

・・・・・・・・

ハナ菓子店

・・・・・・・・


ケーキ屋さんで長年経験を積んだ後、
京都中央卸売市場内にお菓子の工房を構え、
イベントでの販売を中心に活動を始めた
ハナ菓子店・平谷英恵(ハナエ)さん。


unnamed.jpg

ご出身地でもある広島県・瀬戸田のレモンを
たっぷり使ったケーキや、

ふわふわとしたミルク感が味わえる、昔ながらのマドレーヌと
フランスのバターの香りにほんのりレモンの香りをまとわせたマドレーヌなど、

同じ素材から、こんなにもゆたかな食感や香り。
1つ1つじっくり味わいたいお菓子。


unnamed-1.jpg
(濃厚な風味が口いっぱいに広がるテリーヌショコラ)

「お菓子は飾りではなく、食べていただいて成立するもの」だから、

どんな人?
どんな場所?
どんな時期?

食べてくださる方の姿をいつも心の真ん中に置いて、
「つくる」ということと向き合っています。とハナさん。

-


お1人で製造されているため、数に限りがありますが、
ひとりでも多く、この美味しさが届いてゆきますように。


ハナ菓子店


0-1.jpeg

・・・・・・・・

FURNITURE STUDIO COM

・・・・・・・・


奈良市内に工房を構え、家具や器を製作している
FURNITURE STUDIO COM近藤雄士さん。

0.jpeg

鉄媒染した楢に、
真鍮のかすがいを施した木の器は、

そこにあるだけで、周りの空気も変えてしまうような、
凛とした佇まい。

0-2.jpeg

人気のコンポート皿は、お皿の部分と脚の部分の造形が
1点1点異なり、それぞれにムードが違うので、
じっくり選びたいもの。

-

家具づくりに立ち止まったことで、
木の器をつくり始めたというCOMさん。

家具と器。同じ木工でも
「ギターとバイオリンくらい全然違います」とのことで、
どちらも弾くことはできないらしい・笑
何故、この例えにしたんでしょう?・笑


2つのものづくりを行ったり来たりしながら、
”木”という素材と向き合い、つくり続けてこられた。


これからも、暮らしの中で
生きる木の道具を。



FURNITURE STUDIO COM

instagram

HP




0-1.jpeg

・・・・・・・・

靴屋orike

・・・・・・・・

岡山県にある工房で、
靴を受注製作している靴屋orike / 堀家さん。

各地を飛び回り、旅する靴屋として、
たくさんの方に靴を届けておられます。

0-2.jpeg

市では、革靴や革スリッパ(外履きと内履き)の
自由に試着が出来て、

履くひとにぴったり添うよう、入念に採寸し
製作を受注。

0-3.jpeg

デザインやカラーの異なるサンプルを
21.5〜28cmまで豊富なサイズでご用意してくださるので、

市販品で合うものがなかなか見つけられない方も、
きっと大丈夫。


0.jpeg

「オーダーいただいた靴を納期までにつくることが日課」だという
orikeさん。

立ち止まることはなくても、
ものづくりはクリエイティブな時だけでなく、
同じ作業の繰り返しが延々と感じられる時も。

午前午後で切り替え、
休憩はどのタイミングでどれくらい取るのか。

音楽を聴いてする作業と、
無音で集中して行う作業と。

どれもささやかなことかもしれないけれど、
1つの靴が出来上がるまでの道のりを、
少しでも楽しいものにできるよう、日々工夫されているんだとか。


-

おしゃべりすると、
お茶目でユニークなorikeさんですが、
つくること、つくる靴は誠実で正直な方なんだな。とお見受けしました。


足元を軽やかに。
しっかり働き者。


こんなに頼もしい靴はないかもしれませんね。



靴屋orike





19.12.8フライヤーA3.jpg




インスタグラムとブログ。
言葉と写真で綴る行間。
異なるリズム。


ギターとバイオリンくらい違うかな!?
(私、ギターは弾けます!)


行ったり来たり。
いつも読んでくださっているみなさま、ありがとうございます。


ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP

この記事へのコメント