串揚+燻製/TE kara TE / オリーブオイルの専門店 油屋マルキチ / 十十十十十十(サササ)


<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>



unnamed.jpg

・・・・・・・・

串揚+燻製/TE kara TE

・・・・・・・・


大阪府泉南郡熊取町(ざっくり言えば大阪の下の方)にある
串揚+燻製/TE kara TE


燻製した食材を主に使ったメニューで、
昼はカフェ、時折限定ランチ。
夜は創作串揚げのコースを提供しているお店です。

unnamed-1.jpg

店主・高森政文さんが、
会社に勤めていた頃から、好きだったという料理。

市に遊びに来てくださっていた数年前は、
「いつか料理を提供するお店がひらけたら。」という頃でしたが、

趣味だった料理は、その領域を超えて、
試行錯誤の末に、1つ1つのレシピを生み出した「燻製モノ」と
その燻製モノを使った創作串揚げという形で、
お店を開くことを決意。そしてオープン。

その過程を、この市を通じて、
見守り、応援しつづけている人も多いのではないでしょうか?
(私たちもそのうちの1人です。)

unnamed-2.jpg

カフェでも提供している「燻製チーズケーキ」は、
濃厚なチーズの香りの後に、
ふわっと追いかけてくる燻製の香り。


素材に応じて、燻製チップも使い分け、
定番でつくりつづけているものも、
より美味しくなるよう、進化つづけているようです。



燻製オリーブや燻製のお醤油など
定番のものから、新メニューまで。


奥深き燻製の美味しさに
たくさんの方が出会えますように。





串揚+燻製/TE kara TE

instagram

オリーブオイルの専門店 油屋マルキチ

・・・・・・・・

東大阪にある老舗の油屋が展開する
「オリーブオイルの専門店 油屋マルキチ」

オリーブオイルソムリエでもある松本さんが、
産地へ足を運び、品質を見極めながら、
自信を持っておすすめできるものだけを厳選して、
日本で紹介しています。

1-1.jpeg

扱うのは6種類のオリーブオイル。

10月に収穫がスタートする、
オリーブの実から搾るオリーブオイル「ノヴェロ」は
この時期を逃すと手に入りにくくなるという、
貴重な一品。

フレッシュで香り高く、
生命力あふれる味わいをぜひみなさまへ。


1-2.jpeg


オリーブと一緒に搾ったり、
香りをまとわせて(香料ではなく)つくる
フレーバードオイルは、

・燻製
・ゆず
・レモン
・ライム
・オレンジ
・バジル
・ローズマリー
・ガーリック


の8種類。
ひとかけするだけで「素材」を「お料理」に変えてくれる
ご馳走オイル。


信頼する生産者さんから託されたオリーブオイルと、
そのオイルと相性の良いワインビネガーや、
イタリア・シチリア島の瓶詰め食品をご紹介くださいます。


気のおけない友人や仲間と
集まる機会も増えてくる年末年始の食卓を
ちょっと特別なものに変えてくれるものばかりですよ。




オリーブオイルの専門店 油屋マルキチ



unnamed-2.jpg

・・・・・・・・

十十十十十十(サササ)

・・・・・・・・

「自然のちからをかりて 軽やかに健やかに」

10月に大阪・阿倍野での店舗営業を終え、
兵庫県宍粟市に拠点を移した
十十十十十十(サササ)山口ご夫妻。


全てがある場所=”ないもの”がない場所
だと確信した土地へ移り、

もっと自然に寄り添い、
本質的なことを見つめながら、表現する活動へ。


拠点となる幼稚園跡地は
来春には始動させたいと現在、修繕・改装中なんだとか。


unnamed-1.jpg

原石に手を加えることなく、
そのままの力強さをシンプルに、
身につけるためのリングや、

unnamed-3.jpg

精麻や籐などの素材をつかった装身具、

unnamed.jpg

身体や季節に合わせて、
生薬をブレンドしたオリジナルの漢方茶のほか、

unnamed.png

12月の市では、しめ飾りがお目見え。



領域を決めず、自分たちの軸を見つめて、
自然に、軽やかに。



移転後、しばらくお会いできない、、と思っていたら、
割とすぐにお会いできることになりました(笑)


距離も軽やかに超えて。



十十十十十十(サササ)




19.12.8フライヤーA3.jpg



ーーー

道明寺天満宮手づくりの市
2019.12.8(日)開催
10:00〜2:00

ーーー


大阪府藤井寺市道明寺1−16−4
近鉄南大阪線「道明寺駅」より徒歩3分



道明寺天満宮手づくりの市 HP


0-1.jpeg


<2019.12.8 出展者のみなさまご紹介>
いつもお読みくださり、ありがとうございます!


play back  click! →

この記事へのコメント